autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーチン ラピード 試乗レポート

試乗レポート 2010/11/24 16:48

アストンマーチン ラピード 試乗レポート(1/2)

関連: アストンマーティン Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
アストンマーチン ラピード 試乗レポート

世界で最もエレガントな4ドアスポーツカー

ラグジュアリーカーの世界で最近の動きといえば、4ドアスポーツカーの出現だ。

もともとこの世界はメルセデス・ベンツやBMW、アウディなどが最上級モデルのSクラス、7シリーズ、A8などをベースに、チューンドモデルをつくりあげていた。そして、そのカテゴリーは各社ともに一定の利益をあげていた。

ここに目をつけたのがもともとスポーツカーを手がけていたメーカーたちだった。

アストンマーチンが4ドアスポーツの開発に着手したのは2006年。2007年、フォードから経営権を得た新しい権主が、このプロトタイプスポーツカーの存在を高く評価し、生産化を決定したのだ。

アストンマーティン ラピードと石川真禧照氏

それから約2年で、アストンマーチンの開発チームは4ドアスポーツカーを完成させた。それが「ラピード」なのだ。

2009年のフランクフルトモーターショーで公開されたラピードは、たちまち世界中のスポーツカー好きのファミリーから熱い注目を得た。

2010年春、このスーパー4ドアセダンは世界に向けて出荷された。日本にもすでに60台以上のラピードが入ってきている。

アストンマーティン ラピード
アストンマーティン ラピードアストンマーティン ラピード

ラピードの基本骨格は、アストンマーチンのベストセラースポーツカー「DB9」を利用している。

しかし、専用に設けられた生産ラインは、最新テクノロジーと伝統のクラフトマンシップが融合したもので、接着アルミニウムボディフレームからステッチ縫製レザーまで、熟練した職人が担当している。

ラピードの心臓部は、6リッターV型12気筒のオールアルミ自社製ユニットが搭載されている。このエンジンは477馬力、61.2kgm(600Nm)の性能を発揮。

ミッションは、電子制御シフトバイワイヤー式6速AT「タッチトロニック2」。そのシフト操作は、センターパネルに並んでいるP、R、Dなどのプッシュボタンで選択する。マニュアルモードはパドルシフトを使用する方式だ。動力性能は0-100km/h加速が5.3秒、最高速度は303km/h(推定)とされている。

アストンマーティン ラピードアストンマーティン ラピードアストンマーティン ラピードアストンマーティン ラピードアストンマーティン ラピード
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン の関連記事

アストンマーティンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン の関連記事をもっと見る

アストンマーティン の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23