autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ ジュリエッタ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/7/12 13:32

アルファロメオ ジュリエッタ 海外試乗レポート(2/3)

関連: アルファ ロメオ Text: 西川 淳 Photo: フィアット グループ オートモービルズ ジャパン
アルファロメオ ジュリエッタ 海外試乗レポート

まさにイタリアンベルリネッタの造形美

アルファロメオ ジュリエッタ
アルファロメオ ジュリエッタアルファロメオ ジュリエッタ

いかにもイタリア車らしい、華のあるスタイリングだ。

日本のコーションプレート取り付けなどまるで眼中にないフロントマスク、エッジを利かせた膨らみが象徴的なエンジンフードや前後のフェンダー、あえて厚みと丸みをもたせたルーフ、リアにむかって絞り込まれたサイドウィンドウ、2ドアに見える後ドアの細工、立体的な造形のリアセクションなどなど、見どころいっぱい。イタリアンベルリネッタの伝統的な手法とモダンなキャラクターが美しく融合している。

LEDなど、流行りのアイテムもしっかり使いこなす。 1.4TB(170hp)と1750tb(235hp)の、標準仕様に置ける違いは、前者が16インチアルミなのに対して、後者には17インチアルミ(+スポーツシャシー)が装備されていること。

もっとも、前者にもスポーツシャシーとセットで17インチや18インチがオプションで用意されているし、グレードを示すエンブレムも特に貼られていないので、エンジンルームを開けるか、テールパイプの出し方(左右に出しが1750TBだ)で見分けるほかない。

ちなみに、1750TBはクワドロフォリオ・ベルデと呼ばれる専用トリムを装備したモデルになる。

インテリアはクラシカルな装い

アルファロメオ ジュリエッタ
アルファロメオ ジュリエッタアルファロメオ ジュリエッタ

ボディサイズはアウディA3とほぼ同じだが、ホイールベースが2.63mと比較的長い。そのため後席の足下やラゲッジルーム容量といった、従来の147がライバルと比べて劣っていた部分において、ようやくヒケを取らないレベルになった。

実用と趣味の両立が期待される輸入コンパクトカーとしては、ひとつの成長である。

エクステリアと同様に、インテリアのデザインや雰囲気も、華やかでスポーティさに充ちている。これまでのアルファロメオのインテリアといえば、どちらかといえばシンプルにスポーティさを演出することが多かったが、このジュリエッタは違う。

クラシカルな装いながら、ディテールには8C由来のモチーフ(センターのスイッチ群など)を生かし、大胆なウィング状のダッシュボードで見る者を引きつける、といった塩梅だ。

そのぶん、ドアトリムなどにはいささか安普請が見受けられるが、ダッシュボード周りがきらびやかなためか、あまり視線がドア側に向かわず、チープな黒いプラスチックも気にならない。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ の関連記事

アルファ ロメオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    446万円1,132万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円