ボルボ V70ノルディック・T6 Rデザイン 試乗レポート(1/3)

  • 筆者: 松下 宏
  • カメラマン:原田淳
ボルボ V70ノルディック・T6 Rデザイン 試乗レポート
V70 T6 Rデザイン V70 T6 Rデザイン V70 T6 Rデザイン V70 T6 Rデザイン 画像ギャラリーはこちら

コンセプト&背景

ボルボの2010年モデルのラインナップが出そろった。全体を通じた特徴は、各車種ともバリュー感を強調した設定としてきたことだ。ボルボは先にC30、S40、V50系のラインナップで300万円を切るスタート価格を設定するなどの価格訴求を強めてきたが、今回はそれをラインナップ全体に広げた形だ。

V70 ノルディック
V70 T6 RデザインV70 T6 Rデザイン

中でも注目されるのがV70で、「ノルディック」と呼ぶ買い得感いっぱいのモデルを用意してきた。

100万円近い価格変更を行ったT6と、合わせて紹介したい。現行V70はデビューした当初、ボディが大きくなって3.2リッターエンジン搭載車だけになったこともあって、価格帯が大きく上昇した。

ひとクラス上のクルマになったことで、500万円台中盤からの設定になったわけだが、そのために従来からのユーザーが離れた面があったのも否めない。

その後、2.5リッターのライトプレッシャーターボ装着車を追加したが、一気に販売を回復することはできなかった。そこで、2010年モデルでは買い得感がいっぱいのV70ノルディックが設定されることになった。

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
松下 宏
筆者松下 宏

自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ボルボ V70の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V70のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V70の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V70の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V70のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる