MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 クルマ×自転車で旅が加速する。ボルボ V60で駆け抜けた「弾丸・南アルプスツアー」【PR】

特別企画 2019/5/31 13:55

クルマ×自転車で旅が加速する。ボルボ V60で駆け抜けた「弾丸・南アルプスツアー」【PR】(1/4)

関連: ボルボ V60 Text: 大城 実結 Photo: 佐藤 正巳/小林 岳夫 協力:ボルボ・カー・ジャパン
ボルボ V60
ボルボ V60ボルボ V60ボルボ V60ボルボ V60画像ギャラリーはこちら

自転車好き女子がクルマに愛車を積んで出発!

クルマ×自転車で旅に新たな可能性を。普段はロードバイクや小径車でツーリングを楽しむ筆者が、クルマにロードバイクを積んで旅へ出てみた。今回の相棒はボルボ V60。快走路や絶景、温泉、おいしいもの……。向かったのは長野県・蓼科高原だ。

と、今回の旅を始める前に、軽く自己紹介。みなさんはじめまして。ひとり旅と自転車、温泉、お酒を溺愛するフリーランスライター・大城実結です。某誌ではミユミユさんという名前で呼ばれています。どうしましょう?(笑)今回は自転車好き女子の私が、走りたいけれども公共交通機関ではアクセスし辛い自転車コースまで、ボルボに愛車を積んで行ってしまおうという企画です。

余裕で愛車を積めるラゲッジスペースに感動

かくいう筆者は緊張していた。なんてったってボルボだ。数年前にサビかかったMTの中古軽自動車を唸らせ、近所のスーパーに通っていた一般庶民代表の筆者の手も、そりゃあ震える。

ボルボ V60

今回お借りしたボルボ V60はステーションワゴンで、大きな荷物もたっぷり積載できるという心強い相棒。さっそく我がロードバイクを輪行袋に入れた状態で積んでみる。さてトランクを開けてみようとテールゲートの裏側をまさぐっていると、何らかのボタンに手が触れる。すると「ピピッ」という軽快な音を立ててトランクが開くではないか。何気ないことだが、これはかなり便利だ。

重量物を抱えた状態でのトランクの開閉はなかなか骨が折れるもの。それがボタン一つ押すだけで楽々開閉できるのだ(ちなみに足をバンパーの下に突っ込んでもトランクが開けられるのは後で教わった)。

そして後部座席を起こした状態で自転車をイン。前後輪を外した状態ならばすっぽりとトランクに収まる。これであれば、あと2台は積み込めそうだ。

>>自転車積んで旅に出た今回の模様を写真でチェック!

「自動追尾って怖くない?」という意識を蹴飛ばす、安心感

ボルボ V60

自転車の固定と養生を行い出発進行、目指すは長野県の蓼科高原にある白樺湖だ。標準装備のカーナビは、他に類を見ない縦型のディスプレイが特徴的で、タッチの感度も抜群だ。目的地を設定し、「さて」と意気揚々と進行方向を見据える。……あれ、何か目の前に数字が見えるぞ? 緊張のあまりとうとう幻覚まで現れてしまったか、やれやれ。

ボルボ V60

「あのゥ、目の前に数字らしきものが見えるんですよねえ……」と、ぼそぼそ告げる筆者に、編集氏は「それは見えても大丈夫なものです」と説明してくれる。これはヘッドアップディスプレイという装備で、速度やカーナビ情報などドライビング時に必要な情報を表示してくれる機能だ。実際に走行すれば一目瞭然で、現在の走行速度や分岐点などが次々と目の前に現れる。走行中にカーナビやメーターに視線を動かす必要もないため、緊張していた筆者にとっても心強かった。

ボルボ V60

さらにこれだけではない。高速道路に入り、穏やかに流れる走行車線を走っている時だった。編集氏が「では、そろそろですかね」とハンドルの左側に付いているとあるボタンを押す。「はい、もうアクセルとブレーキから足を離して大丈夫ですよ」とのこと。……これはもしかすると?

「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付ACC)ですね」

前方車両との車間距離を調整する機能で、加速、巡航、原則、停止を全て自動で行ってくれるのだ。つまり運転手はハンドル操作をしているだけでいい。それでも筆者は古い人間、「いやいやいや、さすがにブレーキから足を離すのは怖いっす。大丈夫なの?」と内心震え上がっていた。が、その不安感も一網打尽にするのがV60。前方を走行するクルマの減速に合わせて、スルスルと穏やかに加減速を繰り返してくれる。さらに「パイロット・アシスト」をオンにすれば、左右の白線を検知しハンドリングを自動で手助けしてくれる。運転手はクルマが誘うままに、どっしりと構えていればいいのだ。ここで筆者は気付いた。

「あ、これは私が運転するより上手だぞ」

こうなれば最初の半信半疑はどこへやら。いつしか「わはは、あっぱれ」と、ふてぶてしく腰掛けたのであった。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60 の関連編集記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR