ボルボの名車が勢揃い! クルマだけでなく戦闘機も!?|ボルボ ミュージアムへ行ってみた(1/4)

広大なスペースに様々なボルボを展示

ボルボが本社を置くスウェーデン第二の都市、イェーテボリ。ここに、ボルボの歴史が詰まった博物館「ボルボミュージアム」があります。

ボルボミュージアムでは、ボルボの創成期から現代に至るまでのクルマたちのほか、世界的に高いシェアを持つトラックやバス、ボルボ・グループを代表する部門の産業用エンジンまで様々な展示が行われており、ボルボというメーカーや製品の歴史、魅力を知ることができるようになっています。

ボルボ・ファンはもちろんのこと、クルマや乗り物が好きな人なら誰でも楽しめるので、スウェーデンに行った際には、ぜひ訪問をお勧めしたいスポットです。

今回のレポートでは、ボルボの歴史を簡単に紹介しながら、展示車に触れてみたいと思います。それではミュージアム内へいざ出発!

>>ボルボミュージアムに置かれていた名車たちの画像を見る

ある2人の出会いからスタートしたボルボ

ボルボには2人の創設者がいます。それが、アッサール・ガブリエルソン氏(写真:右)とグスタフ・ラーソン氏(写真:左)。

ガブエルソン氏は、スウェーデンを代表するベアリング製造会社「SKF」の重役。もう一方のラーソン氏は、ガブリエルソン氏と同じSKFでエンジニアを務めていました。

一見、接点のなさそうな二人ですが、自動車に魅せられていたガブリエルソン氏の熱い働きかけに、かつて自動車設計も手がけていたラーソン氏は感激し、スウェーデン独自の自動車製造会社の起業を決めました。

さっそく1924年から自動車の開発が始まり、2年後の1926年には最初の試作車を輩出。翌年には初の量産モデル「OV4」(オープンモデル 写真:左/ヤコブの愛称で親しまれる)と「PV4」(サルーン 写真:右)を送り出しました。

「高品質とユーザーファースト」は最初から始まっていた

特筆すべきは、ボルボは最初のモデルからすでに「高品質とユーザーファースト」という考え方を持ってクルマを設計していたことでした。

時代的に乗用車の売り上げはあまり伸びませんでしたが、1928年から開始したトラックやバスの生産は好調でした。1929年には6気筒を積んだ上級モデル「PV651」の発売を開始。さらにその後「PV51」(1951年)の登場により、量産車メーカーとしての足がかりを作りました。

エントランスに入ると、創設者のガブリエルソン氏とラーソン氏の銅像、「OV4」と「PV4」、最初期のバス「LV4」、LV651(1931年)、改良版のPV654(1933年)、PV51の高級版「PV52」(1935年)など、初期の名作を見ることができます。

戦後は小型車の生産から出発

第二次世界大戦の終結が予測され、中立を貫いたスウェーデンでも自動車には経済性が必要になることが予測されました。そこでボルボは終戦直前の1945年、モノコックボディを採用した斬新な小型車「PV444」を発表。

PV51以降の大型車では、1946年に戦後初のモデルとなる「PV60」の生産を開始しました。PV60には、そのシャーシを用いたオープンモデルの「PV61」も存在します。

一方、1947年から製造を開始したPV444は、瞬く間に人気モデルとなりました。

>>安全性の高いモデルを次々と発表[次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボの最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる