autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート ボルボの名車が勢揃い! クルマだけでなく戦闘機も!?|ボルボ ミュージアムへ行ってみた

イベントレポート 2019/4/10 18:05

ボルボの名車が勢揃い! クルマだけでなく戦闘機も!?|ボルボ ミュージアムへ行ってみた(1/4)

関連: ボルボ Text: 遠藤 イヅル Photo: 遠藤 イヅル
ボルボ 240シリーズ
ボルボ PV544ボルボ 144の模型ボルボ 140シリーズボルボ 1800ES画像ギャラリーはこちら

広大なスペースに様々なボルボを展示

ボルボ ミュージアム

ボルボが本社を置くスウェーデン第二の都市、イェーテボリ。ここに、ボルボの歴史が詰まった博物館「ボルボミュージアム」があります。

ボルボミュージアムでは、ボルボの創成期から現代に至るまでのクルマたちのほか、世界的に高いシェアを持つトラックやバス、ボルボ・グループを代表する部門の産業用エンジンまで様々な展示が行われており、ボルボというメーカーや製品の歴史、魅力を知ることができるようになっています。

ボルボ・ファンはもちろんのこと、クルマや乗り物が好きな人なら誰でも楽しめるので、スウェーデンに行った際には、ぜひ訪問をお勧めしたいスポットです。

今回のレポートでは、ボルボの歴史を簡単に紹介しながら、展示車に触れてみたいと思います。それではミュージアム内へいざ出発!

>>ボルボミュージアムに置かれていた名車たちの画像を見る

ある2人の出会いからスタートしたボルボ

ボルボ創設者のアッサール・ガブリエルソン氏とグスタフ・ラーソン氏の銅像

ボルボには2人の創設者がいます。それが、アッサール・ガブリエルソン氏(写真:右)とグスタフ・ラーソン氏(写真:左)。

ガブエルソン氏は、スウェーデンを代表するベアリング製造会社「SKF」の重役。もう一方のラーソン氏は、ガブリエルソン氏と同じSKFでエンジニアを務めていました。

一見、接点のなさそうな二人ですが、自動車に魅せられていたガブリエルソン氏の熱い働きかけに、かつて自動車設計も手がけていたラーソン氏は感激し、スウェーデン独自の自動車製造会社の起業を決めました。

さっそく1924年から自動車の開発が始まり、2年後の1926年には最初の試作車を輩出。翌年には初の量産モデル「OV4」(オープンモデル 写真:左/ヤコブの愛称で親しまれる)と「PV4」(サルーン 写真:右)を送り出しました。

ボルボ OV4ボルボ PV4

「高品質とユーザーファースト」は最初から始まっていた

ボルボ PV651

特筆すべきは、ボルボは最初のモデルからすでに「高品質とユーザーファースト」という考え方を持ってクルマを設計していたことでした。

時代的に乗用車の売り上げはあまり伸びませんでしたが、1928年から開始したトラックやバスの生産は好調でした。1929年には6気筒を積んだ上級モデル「PV651」の発売を開始。さらにその後「PV51」(1951年)の登場により、量産車メーカーとしての足がかりを作りました。

エントランスに入ると、創設者のガブリエルソン氏とラーソン氏の銅像、「OV4」と「PV4」、最初期のバス「LV4」、LV651(1931年)、改良版のPV654(1933年)、PV51の高級版「PV52」(1935年)など、初期の名作を見ることができます。

戦後は小型車の生産から出発

ボルボ PV444

第二次世界大戦の終結が予測され、中立を貫いたスウェーデンでも自動車には経済性が必要になることが予測されました。そこでボルボは終戦直前の1945年、モノコックボディを採用した斬新な小型車「PV444」を発表。

PV51以降の大型車では、1946年に戦後初のモデルとなる「PV60」の生産を開始しました。PV60には、そのシャーシを用いたオープンモデルの「PV61」も存在します。

一方、1947年から製造を開始したPV444は、瞬く間に人気モデルとなりました。

>>安全性の高いモデルを次々と発表[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ の関連編集記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR