autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/2/22 17:20

フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

関連: フォルクスワーゲン シャラン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion 試乗レポート/渡辺陽一郎

今のクルマ選びでは奥さんが主役!

フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion

「クルマを買うならミニバンよ!」

奥さんからこう言われて、渋々うなずくダンナさんも多いのではなかろうか。

1970年の免許保有者数に占める女性の割合は約19%。それが今は約44%だ。男女比は同等になった。もちろん好ましいことで、クルマは日常的な買い物からファミリードライブまで、さまざまな用途に使われる。となれば奥さんは毎日活用、ダンナさんが使うのは週末だけだ。昔のクルマは男性中心に選ばれたが、今のクルマ選びでは奥さんが主役。

その結果、日常的に使いやすいミニバン、加えてコンパクトカーと軽自動車が売れ筋のジャンルになった。

仕方ない話なワケだが、クルマ好きの男性には辛いところ。スポーティカーといわなくても、運転感覚の上質なクルマには乗りたい。そこでオデッセイなどを提案するが、背が低く、スライドドアも付かず、なかなか奥さんのOKをもらえない。

このようなクルマ好きに朗報なのが、2011年2月から、フォルクスワーゲンにミニバンのシャランが加わって本格販売を開始したことだ。スライドドアを装着した背の高いミニバンながら、運転感覚はフォルクスワーゲンそのもの。クルマにこだわりを持つユーザーでも、納得のできる仕上がりを見せる。

シャランの2012年モデルに試乗したので、レポートしておきたい。

フォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotion

フォルクスワーゲンが重視する実用性には、日本車も見習うべき!?

フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion
フォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotion

フォルクスワーゲングループジャパンによれば、「設計の新しい車種とあって、2012年モデルでは基本的に変更はない」とのこと。それでもサングラスホルダーの形状が変わったり、ベーシックなコンフォートラインにもレザーシートパッケージが加わっている。細かなところでは、ハイラインに装着されるエンジンを始動するためのプッシュボタンが、ブラックからシルバーに変更されて質感を高めた。

シャランを試乗して改めて関心させられるのは、ミニバンとしての空間効率が高いこと。日本車の場合、3列目に快適に座れるのは、フラットフロア構造を採用する全高が1800mm以上の車種になる。1800mmを下まわると、3列目の床が燃料タンクのために持ち上がり、座面との間隔が不足して膝の持ち上がる座り方になりやすい。いわゆる「体育座り」のようになってしまう。

ところがシャランは、パサートのプラットフォームをベースとしながら燃料タンクを薄型化。全高を1750mmに抑えながら、床と座面の間隔を十分に確保した。膝先の空間は、身長170cmの同乗者が座って握りコブシ1つ半程度。足元が広いとはいえないが、着座姿勢を最適化したから窮屈には感じない。座面のボリューム感も相応に確保され、座り心地を快適に仕上げた。

フォルクスワーゲン シャラン BlueMotion
フォルクスワーゲン シャラン BlueMotionフォルクスワーゲン シャラン BlueMotion

この3列目の快適性は国産ミニバンと比べても上位に入り、シートアレンジを単純化して座面を柔軟に仕上げたエリシオンに次ぐ2番手だ。ヴェルファイア&アルファードに比べれば腰の落ち着きが良く、エルグランドとの比較では膝の持ち上がり方が少ない。日本は「ミニバン王国」だから、3列目の座り心地が輸入車に負けては困るのだが・・・。

もちろん1/2列目も快適。体重の加わる腰の近辺を硬めに仕上げ、長距離ドライブでも疲労を感じにくい。ミニバンになってもドイツ車、フォルクスワーゲンの良さを味わえる。

逆に国産ミニバンが優れている機能を挙げるなら、シートアレンジだろう。複数のシートを連結させて車内をベッドのように展開させたり、2列目を左右方向にスライドさせる機能は、シャランには備わらない。

それでも2/3列目を畳むとフラットで広い荷室になり、「車中泊」も可能。フォルクスワーゲンが重視する実用性には、日本車も見習うべき点があると思う。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン シャラン の関連編集記事

フォルクスワーゲン シャランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シャラン の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シャラン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR