autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型プロボックス/サクシード ハイブリッド 試乗|毎日使う商用車にこそ“エコ”を!

試乗レポート 2019/2/12 19:59

トヨタ 新型プロボックス/サクシード ハイブリッド 試乗|毎日使う商用車にこそ“エコ”を!(1/4)

関連: トヨタ プロボックスバン , トヨタ サクシードバン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村 栄二・トヨタ自動車
トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]
トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]いざ!営業へGo!?(協力:カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎さん)/トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]画像ギャラリーはこちら

都市部でも扱いやすいボディサイズと水平基調で見切りの良いデザイン

すっかり数を減らした“ライトバン”の中でも根強い人気を誇るプロボックス/サクシード

ふた昔前くらいまで、商用バンといえばボンネットを備えた「ライトバン」が中心だった。セダンをベースに開発されることが多く、上級車種のトヨタ クラウン、日産 セドリック&グロリアにも、4ナンバー車として登録される商用バンが用意されていた。

ここ10数年はトヨタ ハイエースや日産 NV350キャラバンなどのワンボックスバン、スズキ エブリイバンやダイハツ ハイゼットカーゴといった背の高い軽1BOXバンが売れ筋で、ボンネットを備えたステーションワゴン風のライトバンは車種数が減った。

そんな状況だが、トヨタ プロボックス/サクシードの人気は根強い。両車は基本部分を共通化した姉妹車で、全長は4245mm、全幅は1690mmだ。コンパクトな4ナンバー車で、最小回転半径も4.9mだから小回り性能も優れている。

トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD/TXのリアシートはシートバック一体可倒クッション引き起こし式でフラットな荷室形状が生み出される。さらにシートクッションの取り外しも可能。この状態で荷室長は1810mmにも拡がる。車中泊すら可能な広さだ。(2名乗車時)[2018年12月追加モデル]

プロボックス/サクシードの外観は、サイドウィンドウの下端を低めに抑えた水平基調のデザインだから、前後左右ともに視界が良く、ボンネットも見えるために車幅やボディの先端位置が分かりやすい。視線の高さはコンパクトカーやセダンと同程度だから、着座位置の高い1BOXバンに比べ馴染みやすく感じる。全高も1525mmに収まるため、カーブを曲がる時も左右に振られにくいし、都市部に多くある高さ制限のある立体駐車場でも利用しやすいなど、利点も多い。

荷室長は後席を使った状態で1040mm、後席を畳めば1810mmまで拡大される。荷室幅も1420mmあるから、直線基調のボディと相まって、小型ながら荷室の床面積は十分に確保している。

>>営業マンのためのアイデアがいっぱい! 新型プロボックス/サクシードの内外装を画像で見る[フォトギャラリー]

【概要】プロボックス/サクシードの成り立ち

プロボックスはカローラバン、サクシードはカルディナバンの後継

トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD[2018年12月追加モデル]

プロボックスはカローラバンの後継に位置付けられ、取り扱いディーラーはトヨタカローラ店だ。

サクシードはコロナバン・カリーナバン⇒カルディナバンの後継で、トヨタ店とトヨペット店が扱う。

両車を合計した2018年の登録台数は5万1106台だから、1か月平均なら4259台だ。乗用車ならトヨタ クラウン、日産 エクストレイル、スバル インプレッサ(XVを含む)などと同等になる。人気車とまではいえないが、中堅水準に相当する。

プロボックス/サクシード ハイブリッドの燃費は27.8km/L

トヨタ 新型サクシード TX(ハイブリッド車) 2WD/1.5リッター 1NZ-FXE VVT-iエンジン+ハイブリッドシステム[2018年12月追加モデル]

2018年12月に行われた一部改良に合わせ、トヨタはプロボックス&サクシードにハイブリッドモデルを加えた。

ハイブリッドシステムは、直列4気筒1.5リッターエンジンをベースにしたタイプで、アクア、ヴィッツ、カローラアクシオ&フィールダーが搭載するものと同じだ。エンジンとモーターの動力性能を合計したシステム最高出力は100馬力で等しく、駆動用電池はニッケル水素バッテリーを搭載する。

JC08モード燃費は27.8km/L、WLTCモード燃費は22.6km/Lだ。シエンタの28.8km/L・22.8km/Lと同程度となる。最終減速比の数値もシエンタと同じだ。車両重量はプロボックス&サクシードハイブリッドが1160kg、シエンタハイブリッドは2/3列シートモデルともに1380kgだから、ボディが軽い割に燃費数値は良くないが、商用車は燃費計測時の車両重量の増加量も異なる。直接比較しにくい面があることをお伝えしておきたい。

>>新型プロボックス/サクシード ハイブリッドに試乗した印象は[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ プロボックスバン の関連編集記事

トヨタ プロボックスバンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プロボックスバン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR