autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ プリウス(2018年MCモデル) 試乗│幅広い性能向上で価値を高めたハイブリッドの代名詞 2ページ目

試乗レポート 2019/2/7 13:37

トヨタ プリウス(2018年MCモデル) 試乗│幅広い性能向上で価値を高めたハイブリッドの代名詞(2/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 小林 岳夫
トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)
トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)画像ギャラリーはこちら

発表はないものの、マイチェンモデルは直進時を含めて安定性が高まった

トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)

プリウスのマイナーチェンジに関する報道発表資料には、走行性能の改良は記載されていないが、試乗すると違いを感じた。以前は車両の向きが比較的軽快に変わる半面、危険を避ける時などは、状況に応じて後輪の接地性が下がりやすかった。今のクルマでは珍しく、前後輪のグリップバランスが前寄りに感じたが、マイナーチェンジ後は改められている。以前に比べて機敏なスポーティ感覚は薄れたが、直進時を含めて安定性が高まった。下り坂のカーブでブレーキングを強いられた時も、車体の姿勢が不安定になりにくい。

ハンドルを回し始めた時の手応えもしっかりして、操舵角に対して車両が正確に向きを変える。安定性の向上と併せて走りの質を高めた。

乗り心地は時速40km以下で走ると少し硬さを感じるが、それ以上であれば、快適とまではいえないが特に不快な印象も受けない。

トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)

ただし試乗した17インチタイヤ装着車と15インチのグレードでは、硬さが違う場合があるから注意したい。試乗車のタイヤサイズは215/45R17で、銘柄はヨコハマ・ブルーアースGT。指定空気圧は前輪が220kPa、後輪は210kPaであった。購入する時は、両方のサイズを乗り比べると良い。

直列4気筒1.8リッターエンジンをベースにしたハイブリッドシステムの動力性能は、基本的に以前と同じだ。ノーマルエンジンに当てはめると2リッターに相当するが、モーターの駆動力に比較的余裕があるから運転しやすい。巡航中にアクセルペダルを踏み増した時など、素早く反応して速度を滑らかに高める。

アクセルペダルを深く踏み込むとノイズが拡大するが、耳障りではなく、通常の走行領域では音量、音質ともに気にならない。

フロントマスクはいまひとつながら、それ以外は幅広く向上し価値を高めた

トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)

価格は、試乗したAツーリングセレクションが前述の300万6720円だ。マイナーチェンジ前に比べて7万9920円値上げされたが、DCM(専用通信機)が3年間の使用料金を含めて追加装着され、運転席の電動調節機能も加わった。こういった装備の上級化を考えると割高ではない。

ベーシックなSは256万5000円で、8万5909円値上げされたが、トヨタセーフティセンス(以前のオプション価格は8万6400円)が標準装着されてDCMも加わった。つまり実質的に値下げされている。

この背景には、現行型にフルモデルチェンジした時の値上げもあるだろう。先代プリウスは、ほぼ同時期に先代ホンダ インサイトが低価格で発売され、急遽価格を抑えた。この反動もあって、現行型は先代型に比べると装備差を補正して9~10万円値上げして発売されたからだ。ここで生じた割高感を、マイナーチェンジで解消したとも受け取られる。

トヨタ プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)

現行プリウスは、先代型に比べるとプラットフォームを刷新して走行安定性と乗り心地を大幅に向上させたが、デザインや価格では失敗もあった。そこを修正したのが先ごろのマイナーチェンジだ。フロントマスクの変更はいまひとつだが、内装の質、操舵感、走行安定性、安全装備などが幅広く向上している。価格も少し割安になり、選ぶ価値を高めた。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:小林 岳夫]

トヨタ 新型プリウスの主要スペック

トヨタ 新型プリウスの主要スペック
全長×全幅×全高4575×1760×1470[E-Four:1475]mm
ホイールベース2700mm
乗車定員5人
エンジン1.8リッター直列4気筒
排気量1797cc
エンジン最高出力72kW(98ps)/5200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgm)/3600rpm
モーター最高出力前:53kW(72ps)
後:5.3kw(7.2ps)
モーター最大トルク前:163N・m(16.6kgm)
後:55N・m(5.5kgm)
トランスミッション電気式無段変速機
JC08モード燃費S・A・Aプレミアム(各ツーリングセレクション含):37.2km/L[E-Four:34.4km/L]
E:39.0km/L
グレード駆動方式価格(消費税込)
E2WD(FF)2,518,560円
S2WD
E-Four
2,565,000円
2,759,400円
S “ツーリングセレクション”2WD
E-Four
2,732,400円
2,926,800円
A2WD
E-Four
2,842,560円
3,036,960円
A “ツーリングセレクション”2WD
E-Four
3,006,720円
3,201,120円
Aプレミアム2WD
E-Four
3,175,200円
3,369,600円
Aプレミアム “ツーリングセレクション”2WD
E-Four
3,284,280円
3,478,680円

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR