【振り返り】ジャパンキャンピングカーショー2022 in 幕張メッセ! 注目の最新モデルを厳選してご紹介

画像ギャラリーはこちら
2022年2月10日から4日間に渡り、幕張メッセで「ジャパンキャンピングカーショー2022」が開催され、幕張メッセの1〜4ホールには、300台を超えるキャンピングカーが集結。キャンプシーズンの到来にあわせ、MOTAが注目したキャンピングカーを一挙に振り返ってご紹介!
目次[開く][閉じる]
  1. 真夏でも快適な車中泊を実現できるエアコン搭載モデル「acシリーズ」/ANNEX
  2. 「マスターズライン」はビジネスユースにもよく似合う/ADDSET
  3. 老舗キャンピングカービルダーが新しい切り口でアウトドアカーライフを提案/AtoZ
  4. 超軽量なトラベルトレーラー「Happier Camper」/西尾張三菱自動車販売
  5. ありそうでなかったキャンピングカーを新提案/KWORKS
  6. ボンゴL8エンジンの走行性能が向上するターボキットをリリース! /ロータスRV
  7. 人気オプションベスト10をパッケージにした「スーパープラス」/かーいんてりあ高橋
  8. スロベニアの老舗キャンピングカーメーカーが新型デュカトをコンバージョン/アドリア
  9. とことん使いやすさを追求した「ハピリーレジェンド」/キャンピングカープラザ東京
  10. 新型アトレーを早くも軽キャンパー化/岡モータース
  11. さまざまな使い方ができるマルチルームを備えた「ラミータ」/ネクストツールズ
  12. バンコンとキャブコンのフラッグシップモデルを新リリース/ダイレクトカーズ

真夏でも快適な車中泊を実現できるエアコン搭載モデル「acシリーズ」/ANNEX

2人旅指向のツインベッドレイアウトを採用した「リコルソac」

ハイエース・ワゴンGLをベースにした「リコルソac」は、2名が快適に就寝できるレイアウトを採用。乗車定員を8名としながら、就寝定員を3名としたゆとりのある居住空間が一番の特徴だ。

キッチンスペースはL字形にコンパクトにまとめ、広々としたリアスペースを確保。エアコン本体は運転席の背面に設置。センターコンソールの背面に取り付けたカウンターの下部には、ペットが通り抜けできるシェードを備えている。

長距離長期間の2人旅がコンセプトの「ウィズac」

リコルソacよりも快適性を追求した2名就寝仕様のバンコンが「ウィズac」だ。ベース車はハイエース・バンGLのハイルーフ。居住性はもちろんキャビネットの収納力も高い。

エアコン本体はシンク横のキャビネットに設置。ソーラーパネルや1500Wインバーターなどを標準装備する。標準が75Ah×2のサブバッテリーは、100Ahのリチウムイオンバッテリーを2台とすることもできる。

「マスターズライン」はビジネスユースにもよく似合う/ADDSET

上質な車中泊を約束する「マスターズライン・シーズネクス」

仕事終わりのビジネスマンがふらりと車中泊に行きたくなる。黒を基調にしたシックな室内のADDSET「マスターズライン・C’sNEX(シーズネクス)」は、そんなシーンをイメージさせる。

ベース車はハイエース・スーパーGL。脱着式シャワーセットやミニギャレー(キッチン)などを装備したキャンピングカー登録となる。他にも、2段ベッドシステムやダウンライト、USB充電ポート付きスイッチパネルなども完備。快適な車中泊を約束してくれる。

デキる大人にぴったりの「マスターズライン・シーバス」

テレワークに活用するビジネスマンからのオーダーも増えているという「マスターズライン・CEEBUS(シーバス)」。それは、断熱遮音材で快適性を向上させるなど、広々としたハイエース・バンDXの室内には落ち着いて過ごせる数々の装備が充実しているため。

しかも、荷室にはベッドを常設。仕事に疲れたらすぐに休憩することができる。展示車両のように、2列目シートとの対面対座が可能になるフロントシートの回転台座をオプションで追加することもできる。

老舗キャンピングカービルダーが新しい切り口でアウトドアカーライフを提案/AtoZ

ちょい上げして外見もアウトドア感が増した「アンナE」

これまでは白系のボディカラーが多かったAtoZのキャンピングカーだけど、今回出展した「アンナE」はダークグリーン系のツートン。オーバーフェンダーを装着し、エクストリームJラギッドのホイールをマッチさせたチョイ上げ仕様だ。

エクステリアに合わせ、内装もカジュアルなネイビーを基調にコーディネイト。AtoZでは、こうしたキャンピングカーのコンプリート販売にも力を入れていくとのこと。

フラッグシップモデルの「アンソニー」にショートボディの「ライト」が追加!

AtoZのフラッグシップモデルである「アンソニー」に新たに追加されたショートボディの「ライト」は、着替え等のスペースとして使うマルチルームをなくすことで、リア常設2段ベッドに800×1850mmの広さを確保。

フロントシート上のバンクベッドも1500×1800mmを誇る。乗車定員は7名で就寝定員は大人4名+小人3名。ベース車にWタイヤのトヨタ カムロードを採用しているので、操縦安定性も高い。

超軽量なトラベルトレーラー「Happier Camper」/西尾張三菱自動車販売

カリフォルニア生まれの「Happier Camper HC1(ハピアーキャンパー)」は、けん引免許不要の超軽量キャンピングトレーラー。ベンチやテーブルなどの他、キッチンやトイレ等、さまざまなキューブが用意されており、それらを自由にセレクトして組み合わせることができる。

長さ約2110mmのベッドスペースを確保できる室内は、最大5名が就寝可能。柔軟にカスタマイズできるので、フードトレーラーとしての需要も高まっているという。

ありそうでなかったキャンピングカーを新提案/KWORKS

テレワークにも商談室にも使える「ハイエース・オフィスカー」

その名の通り、オフィスワークに最適な「ハイエース・オフィスカー」。27インチモニタやエアコン、冷蔵庫、100Ahリチウムイオンバッテリー×3など、オフィスに必要不可欠な設備を標準装備する。

後ろ向きに展開できるセカンドシートとL字形にデスクのシートをレイアウトしているので、商談室としても使える。展示車両のようにオプションのポップアップルーフを追加すれば、車内での直立することもできる。

480Ahまで拡張可能な「オーロラエクスクルーシブ・セブンスター」

ケイワークスが展開するバンコンのフラッグシップシリーズ「オーロラエクスクルーシブ」に、新たに追加された新型モデルの「セブンスター」がコチラ。

7名乗車を実現した快適な車内空間にまず目が行くが、見逃せないのが新開発のサブバッテリーシステム「メビウスシステム2」を搭載している点だ。

容量は標準で320Ah。オプションで最大480Ahに強化できる。防災ツールとしても頼もしい限りだ。

ボンゴL8エンジンの走行性能が向上するターボキットをリリース! /ロータスRV

4代目ボンゴの生産終了に伴い、取材時点(2022年2月10日)残り3台となったロータスRVの「マンボウ」。

ボンゴベースのキャンピングカーを所有する人は、少しでも長く楽しく乗り続けていきたいと思うことだろう。そんな願望を叶えてくれるのが、ロータスRVからリリースされたL8エンジン用のターボキットだ。

取り付ければ、大排気量NAエンジン並みの出力とトルクが実現する。L8エンジンのボンゴがベースであれば、他社製のキャンピングカーにも取り付け可能だ。

人気オプションベスト10をパッケージにした「スーパープラス」/かーいんてりあ高橋

ハイエース・ワイドハイルーフスーパーロングの広々とした車内に、給排水設備やサブバッテリー、調理設備などを標準装備する「グランドリラックスワゴン インフィニティ・プラス1」。

そこに追加されているのが、フルセグのナビ、バックカメラ、ETCセットアップ、FFヒーター、サブツインバッテリーシステムをはじめとする人気オプションベスト10だ。

かーいんてりあ高橋では、これらのオプションを「スーパープラス」として用意している。価格は60万円(税別)。通常は総額およそ85万円になるので、スーパープラスで追加する方が断然お得だ。

スロベニアの老舗キャンピングカーメーカーが新型デュカトをコンバージョン/アドリア

スロベニアの「アドリア」がコンバージョンした「ツインスポーツ600SPB」は、フィアットの新型デュカトをベースにしながら、乗車定員と就寝定員を4名とした贅沢仕様の本格派キャンピングカーだ。

給排水設備や調理設備はもちろん、トイレやシャワーなども標準装備する。デルタリンクでは、こうしたアドリア製キャンピングカーのオーダーも可能。購入後のサポート体制もしっかり整えている。

とことん使いやすさを追求した「ハピリーレジェンド」/キャンピングカープラザ東京

ミリ単位でドアを開け閉めする際のクリアランスを計算するなど、無駄なく設計されている「ハピリーレジェンド」。2段ベッドのどちらにも照明とUSBポートが備え付けられている。

テレワークにも使えるよう、テーブルからもパソコンの電源がとれる位置にACコンセントをレイアウト。細部に至るまで使いやすさが追求されている。

新型アトレーを早くも軽キャンパー化/岡モータース

2021年12月20日に17年ぶりとなるモデルチェンジを果たしたアトレー。それから2ヶ月も経たない間に、岡モータースが新型アトレーの軽キャンパーを実現。

その元になっているのが、エブリイバンをベースにした人気の軽キャンパーの「ミニチュアクルーズ」だ。乗車定員は4名で就寝定員が2名。

伸縮式シャワーヘッド付きシンクや跳ね上げ式テーブル、大型収納庫、リクライニング機能付きベッドなどを標準装備する。

さまざまな使い方ができるマルチルームを備えた「ラミータ」/ネクストツールズ

リビングスペースの奥には、さまざまな用途に対応するマルチルームを標準装備。

プライバシーを確保するドアを備えているので、トイレ、更衣室、トランクルームなどにも安心して使うことができる。

乗車定員は8名で就寝定員は4名。2段ベッドは走行時に乗車可能なソファにも展開できる。スペースを有効活用し、全7ヶ所に収納を用意しているのも嬉しい。

バンコンとキャブコンのフラッグシップモデルを新リリース/ダイレクトカーズ

リアルウッドで覆われたインテリアはまるで「山小屋」

「リトリート」が人気を集めているリアルウッドでインテリアを覆ったバンコンシリーズに、またもや魅力的なモデルが加わった。ハイエース・スーパーロングをベースにした新作のバンコンは、モデル名の通り「山小屋」がコンセプト。

ウッディな寛ぎ空間に、家族で旅に出られる充実した設備を完備している。ボディにしっかり断熱加工を施しているので、快適性も申し分ない。

キャブコンのフラッグシップモデル「トリップ・ログベース」はログハウスがコンセプト

今回のTCCSでお披露目されたキャブコンのフラッグシップモデルがコチラ。ダブルタイヤのカムロードをベースにした「トリップ・ログベース」だ。乗車定員は7名で6名が室内で就寝可能。

インテリアは天井までリアルウッドパネルで覆われている。オプションを追加する必要がないほど設備が充実しているので、ログハウスの中にいるような感覚で快適に過ごすことができる。

[筆者:井口 豪]

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
290.4万円540.2万円
中古価格:
35万円850万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州だが、出身は埼玉県。タウン誌編集部や自動車雑誌編集部勤務を経て、2004年にフリーライターに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境アセスメント、各界インタビューなど、幅広い分野で執筆活動を展開する。2022年には令和3年度行政書士試験に合格し、東京都行政書士会に登録。「行政書士いのくち法務事務所」で行政書士業務もこなすマルチ法務ライター。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト軽井沢

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる