MOTAトップ 記事・レポート 特集 フォトギャラリー トヨタ 新型ハイエースがフィリピンで発表! 内外装を詳しくチェック

フォトギャラリー 2019/2/19 11:32

トヨタ 新型ハイエースがフィリピンで発表! 内外装を詳しくチェック

トヨタ 海外向け新型ハイエース
トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース画像ギャラリーはこちら

新型ハイエースがフィリピンで発表! デザインはどう変わった!?

2019年2月18日に発表された新型ハイエース。写真を見て分かる通り、シリーズ初となるセミボンネットがついたボディ形状が目新しさを感じさせる。

このモデルはフィリピンで発表され、今後も主に新興国・地域において販売される予定だという。トヨタは今のところ、市場環境の異なる日本においては現行型のハイエースを継続販売するとしているが、この新型ハイエースが日本に投入する可能性ももちろんゼロではない。

そこで今回は、この新型ハイエースの詳細に迫りたい。

>>インテリアも公開! 新型ハイエースの詳細をチェック

新型プラットフォームとセミボンネット化で衝突安全性を強化

▼左:新型ハイエース(海外仕様) / 右:現行型ハイエース スーパーロング

トヨタ 海外向け新型ハイエース5代目新型ハイエース スーパーロンググランドキャビン

今回発表された新型ハイエースの一番の特徴は、シリーズ初となるセミボンネット化。

これまでハイエースレジアスやタウンエースノア等、ハイエースから派生したミニバンモデルにはセミボンネットを持つモデルはあったが、ハイエース直系のモデルにそれが適応されるのは初となる。ワンボックスのボディ形状に見慣れた方からすると、これは大きな変化に映るだろう。

これは前方衝突安全性を高めるためで、新型ハイエースはこれと新型専用プラットフォームの採用により衝突安全性を強化、Euro NCAP5★に相当する高い安全性を備える。

もちろんシリーズ譲りの高い耐久性や整備性も健在だ。

背景には乗用需要の増加

この変革の背景には、自動車需要の拡大する新興国・地域において、バンの用途が変化しつつあるという事情がある。これまでは主に荷物を運んでいたのが、それに加えて観光業や日常における乗合バスとしての役割を担うようになってきたのだ。

そんな背景から新型ハイエースは衝突安全性の強化に踏み切った他、ラインナップにも「バン」のほか「コミューター」と「ツーリズム」を設定した。無論後者2つは、乗合バスとしての役割に特化した仕様だ。

新型ハイエースのボディは2種類

トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース

新型ハイエースにラインナップされるボディは2種類。まず写真上のショート・標準ルーフ。そして写真下のロング・ハイルーフ仕様だ。

トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース

新型ハイエースのボディサイズ

新型ハイエースのボディサイズは下記の通り。

※()内は現行モデルとの差。

■ショート・標準ルーフ仕様

・全長:5265mm(+570mm)

・全幅:1950mm(255mm)

・全高:1990mm(+10mm)

・ホイールベース:3210mm(+640mm)

■ロング・ハイルーフ仕様

・全長:5915mm(+535mm)

・全幅:1950mm(+70mm)

・全高:2280mm(-5mm)

・ホイールベース:3860mm(+750mm)

新型ハイエースのインテリア

トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース

新型ハイエースにも現行モデル同様、乗車人数や用途に応じて様々な仕様がラインナップされる。最も乗車人数の多い乗合バス仕様の「コミューター」(写真左)では、クラス最大となる乗車定員17人を達成。

また「ツーリズム」(写真右)では、快適装備と専用インテリアが採用される。いずれも商用車然としすぎない、安心感を感じる配色やデザインが特徴だ。

トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース

一方のバン仕様は荷室の広さを目一杯拡張され、世界各国で使用されるパレットがそのまま搭載可能な容量を確保している。

新型ハイエース フォトギャラリー

トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース
トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース
トヨタ 海外向け新型ハイエーストヨタ 海外向け新型ハイエース

>>画像をもっと見る

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ ハイエース の関連編集記事

トヨタ ハイエースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイエース の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR