autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 俳優の哀川翔氏が参戦するAXCR2018の模様を現地カンボジアからお届け! 【Day.6】

イベントレポート 2018/8/18 14:07

俳優の哀川翔氏が参戦するAXCR2018の模様を現地カンボジアからお届け! 【Day.6】

FLEX AXCR2018 8.17
FLEX AXCR2018 8.17FLEX AXCR2018 8.17FLEX AXCR2018 8.17FLEX AXCR2018 8.17画像ギャラリーはこちら

LEG5 コンポントム → コンポンチャム間197キロを走破

FLEX AXCR2018 8.17

昨日の水没地獄のSSから脱出したFLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMのランドクルーザープラドは、その夜ホテルにてメカニックたちの手によって入念な整備を受けた。

実は18日土曜の最終LEG6に組み込まれているSSの距離が23.2kmと短く、順位の変動が少ないことが予想されるため、実質的にプッシュできる最後のSSとして翌17日のLEG5に万全の体制で備えねばならなかったからだ。

学校教育の一環でメカニックとして派遣されていた中央自動車大学校の学生達もこの夜はいつも以上に活躍した。このチームは大黒柱である哀川翔選手が彼らと身近に接し、よく激励に来たりするのでチームが明るく、士気が高いのも特徴だ。

哀川翔選手も次から次へと襲いくる「経験したことがない」状況に何度も遭遇しながら、ここまでマシンを大きく壊すことなく順調に走らせてきている。実はFLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMのランドクルーザープラドはトップチームほど大きな改造を受けているわけではない。

>>この日は大きなトラブルもなく順位を上げた!LEG.5の画像ギャラリー【写真42枚】

“ユーザーのクルマとかけ離れないカスタム”がコンセプトのFLEXプラド

FLEX AXCR2018 8.17
FLEX AXCR2018 8.17

トップチームはサスペンションアームそのものを改造してトレッドを広げたりストロークを増したり、レーシングスペックの長いダンパーを装着したりして、極悪路でもハイスピードのまま駆け抜けられるようにしているのだが、このプラドは基本的にノーマルの脚まわりをベースにアッパーマウントやロアマウントに補強を施し、ダンパーにはユーザーでも購入可能なJAOSの高性能製品を使い、ノーマルプラスαのコンセプトでセットアップしてあるクルマなのだ。

もちろん、過去の経験から壊れやすいところ、トラブルの原因になりそうなところには追加対策が施されてある。そのあたりの工夫にFLEXならではの技術が活かされているのだが、基本は「ユーザーの車からあまりかけ離れた仕様にならないよう、バランスよく仕立てた車で過酷なラリーに挑戦すること」をプロジェクトの柱に据えてきたのだ。

完走を目標として、攻めながらもクルマをいたわるドライビングスタイル

FLEX AXCR2018 8.17
FLEX AXCR2018 8.17

したがって、哀川翔選手もフラットダートなどノーマル仕様の強度でも十二分に活躍できるエリアでは果敢に攻めつつ、凹凸の激しい路面などトップチームと同じ速度域で走るのが厳しいエリアでは、クルマをいたわるドライビングへ切り替えている。

それもこれも全て「完走」の二文字を手に入れ、その喜びをチーム全員で分かち合うための作戦だ。基本的にクルマの扱いが丁寧な哀川翔選手だが「壊さない」という想いがメカニックに伝わって信頼関係が醸成されているのだろう。この過酷なラリーをリタイアせずに戦い続けられているのも、ドライバーの哀川翔選手の優しい人間性に因るところも大きい。

そして迎えたLEG5、哀川翔選手とナビの保井隆宏選手は万全を期し、ゴールを目指してスタートしていった。結局、この日前後半に分けて設定されていたSSは、後半セクションに地元のトラックが侵入し、ぬかるみでスタックした上に故障して立ち往生してしまったので四輪の車幅では通過できなくなりキャンセルとなってしまったが、前半セクションだけで競技が成立。SSの様子は哀川翔選手とナビゲーターの保井隆宏選手に語っていただこう。

【Day.6】哀川翔選手と保井隆宏選手へのインタビュー

FLEX AXCR2018 8.17FLEX AXCR2018 8.17

今回のSSはどうでしたか?

保井:今日もナビゲーションが難しかったですね。全日本ラリー選手権などパッセンジャーカーのラリーでも同じようにコマ地図を使って助手席でナビゲーションするんですけど、基本的に事前に試走してコースを全て確認してペースノートを作り、レース本番ではマシンやドライバーに合わせてタイミングよく指示を出していくようなスタイルなんですよね。

でもこういったクロスカントリーラリーでは、コマ地図が示す競技区間を事前に走ることができません。初めて走るコースをコマ地図を順に追いながらクリアしていくんです。

ある種アドベンチャー的な要素が組み合わされているんですよ。ぶっつけ本番だからミスコースなんてこともあるし、ミスコースしたら現場でどうすべきかすぐに判断していかないと、時間がどんどん過ぎていってしまいます。

このコマ地図は競技前に現地を確認しながら距離を測って制作していくものなのですが、作る人によって癖があったりして、実際のナビゲーションもその癖を加味しながら読み取っていくものなんです。その癖がちょっとわかりづらかったですね。なので、今日も少しミスコースしてしまいました。

哀川:しょうがないよ。だって70メートルとか、信じられないような短い距離でバンバンコマ地図が打ってあるんだもん。それよりね、もう凸凹がすごいのさ。走ってるとハンドルにキックバックがきて、それを抑えようと必死で握ってるもんだから、もう両手がパンパン!いやあタフなラリーだよね。ホント。

総合順位もジャンプアップしましたが、手応えはありましたか?

哀川:うん、行けたね。イケてたよ今日は。キッチリ走りきったね。この調子で明日もしっかり走ってプノンペンにゴールしたいね。あと少し、みんなあと少しだよ!もう1日頑張って行こう!!

総合順位を18位から15位までジャンプアップさせたFLEX

FLEX AXCR2018 8.17
FLEX AXCR2018 8.17

この日果敢に攻めた結果、18番スタートだった哀川翔選手は14番手のタイムを刻むことに成功し、総合順位では18位から15位にまでジャンプアップすることができた。

ここまで大きなトラブルなくきているFLEX SHOW AIKAWA RACING TEAMのランドクルーザープラドではあるが、いつ何があるか分からないのがアジアクロスカントリーラリーの難しさであり楽しみでもある。

さぁ、明日はいよいよLEG6だ。どんなドラマが待ち受けているのか、今の時点では誰もわからない。AXCR2018最終日、哀川翔選手と保井隆宏選手の活躍に期待したい!

■Day.1のレポートはコチラ

■Day.2のレポートはコチラ

■Day.3のレポートはコチラ

■Day.4のレポートはコチラ

■Day.5のレポートはコチラ

[Text:オートックワン編集部 Photo:古閑 章郎]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ ランドクルーザープラド の関連編集記事

トヨタ ランドクルーザープラドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ランドクルーザープラド の関連編集記事をもっと見る

トヨタ ランドクルーザープラド の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR