MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 生産中止なんて許さない! 次期モデルの登場が待ち遠しいクルマ 3選

自動車評論家コラム 2019/8/7 10:06

生産中止なんて許さない! 次期モデルの登場が待ち遠しいクルマ 3選

スバル レヴォーグ(2017年7月 D型マイナーチェンジ後モデル)
トヨタ 86 GT"Limited" 6AT(2016年8月マイナーチェンジモデル)スバル BRZ STI Sport日産マーチnismoスバル レヴォーグ 1.6 STI Sport STI Performance パーツ装着車画像ギャラリーはこちら

東京モーターショー開催年に期待したい次期モデル

日本を代表するスポーツカートヨタ GRスープラや、メーカーとして初めて本格的に開発を行った日産 デイズなど、2019年も話題のニューモデルが続々とリリースされている。

そんな中、一定の支持を集めているにも関わらず、なかなかフルモデルチェンジの発表がないモデルも少なくない。今年2019年は、2年に1度の東京モーターショー開催の年でもある。「あのモデルの新型はまだ!?」というもどかしい思いをしている諸兄も少なくないだろう。

そこで、今回は、“生産中止なんて許さない! 次期モデルの登場が待ち遠しい3車種”を、一部筆者の妄想を踏まえてお話していきたいと思う。

>>次期モデルの登場が待ち遠しいクルマ3選【フォトギャラリー】

絶やしてはならない2ドアスポーツクーペ“トヨタ 86&スバル BRZ”

トヨタ 86 GT"Limited" 6AT(2016年8月マイナーチェンジモデル)スバル BRZ STI Sport

冒頭でも触れたトヨタ GRスープラの発売は、トヨタとBMWというビックネーム同士の共同開発という、間違いなく2019年を代表するトピックの1つだ。しかし、2019年から遡ること7年前の2012年、トヨタとスバル(当時は富士重工業)が共同開発したトヨタ 86とスバル BRZが発売された。

一般的に7年というのは、多くのモデルがフルモデルチェンジを受けるタイミングであり、否が応にも時期トヨタ 86とスバル BRZの登場への期待が高まるのは必然と言えるだろう。そんな中、ネット上にもさまざまな情報が飛び交い、“水平対向エンジンの廃止”“排気量アップ”ついには、“この一世代でモデル廃止”などという噂が出回っている。だが、これらの情報は極めて信ぴょう性がないと筆者は考える。

今のトヨタとスバルならという期待

トヨタ 86 GT"Limited" 6AT(2016年8月マイナーチェンジモデル)

なぜならば、BMWと協業という形で、スープラを見事復活させたことは、トヨタにとって大きな経験となったはず。決してスバルを軽視するわけではないが、86とBRZのときに比べ、BMW Z4とGR スープラの開発には、相当な苦労があったことは想像に難くない。

つまり、今のトヨタであれば、スバルを上手に巻き込みながら、現行モデルのコンセプトを崩さないカタチで、さらに魅力的な次期86やBRZを開発できるはずだ。

そして、クルマ文化発展のためにも、200万円台後半から購入できるMT設定のあるスポーツカーを決してなくしてはならないと思うのは、筆者だけではないだろう。

“日産 マーチ”の魅力は常に個性を忘れないこと

日産マーチnismo

軽自動車の陰に隠れているが、1リッター前後の排気量と、使い勝手と取り回し性能に優れたコンパクトカーは、日本が世界に誇れるジャンルの1つである。

トヨタ ヴィッツやホンダ フィット、そして、日産 ノートが奮闘する中、一時は国民車とまで言われることがあった日産 マーチをお忘れではないだろうか。

マーチはこれまでフルモデルチェンジを受けるたび、必ず明確なコンセプトを持って開発されてきた。お手頃な価格の国民車でありながら、ラリーで勝つために、スーパーチャージャーとターボチャージャーの2基がけというぶっ飛んだ仕様の初代マーチスーパーターボ。まだまだ無難なデザインのクルマが多かった時代に、カエルのようなフェイスで人気となった3代目(K12型)など、クルマ好きなら誰もが知るモデルばかりである。

今の日産に必要なのは個性だ

日産 初代マーチターボ

もちろん今の日産には、ドル箱モデルであるノートがある。そのため、同クラスでの食い合いはメーカーとして避けたいところだろうから、ココはぜひ、個性丸出しの1リッター以下ホットハッチとして生まれ変わって欲しい。

またデイズのヒットなどもあり、「マーチのフルモデルチェンジは期待できない」という声が多いのは重々承知している。だが、筆者としては、日産ブランド復活のためにも、今こそ本腰を入れて開発してもらいたいとも思うのである。

伝統を引き継いでもらいたい“スバル レヴォーグ”

スバル レヴォーグ(2017年7月 D型マイナーチェンジ後モデル)

スバルを語る上で忘れてはならないのが、ステーションワゴンブームの火付け役となったスバル レガシィだ。しかし、高性能なAWDシステムやパッケージングが、北米を中心とした海外から人気となり、その人気に後押しされる形で大型化。その結果、レガシィの国内人気は低迷してしまうが、そんな、レガシィの後継をして登場したのがスバル レヴォーグだ。

次期レヴォーグは、今年(2019年)の東京モーターショーで市販を前提としたコンセプトモデルがお披露目され、2020年中に発売されるというのが大方の見方。エンジンに関しては、現在開発中という、1.5リッター、1.8リッター、2.4リッターの3種類のダウンサイジングターボエンジン。プラットフォームは、スバルが採用を拡大しているSGP(スバル グローバル プラットフォーム)を採用される見通しだ。

現行型レヴォーグが今年で6年目に突入したことを考えると、これらの可能性はかなり濃厚で、MOTAの新車情報としても取り上げている。

【関連記事】

スバル 新型レヴォーグは2020年デビュー!?デザインや価格、燃費性能を大胆予想

走れるステーションワゴンの魅力を固持して欲しい

スバル レヴォーグ 1.6 STI Sport STI Performance パーツ装着車

筆者が次期レヴォーグに期待することは、ずばり、レガシィが固辞してきた、スポーツカー並みの動力性能を持ったステーションワゴンというキャラクターだ。

SUVほどの積載性はなく、ユーティリティという点では、最新のコンパクトカーや軽自動車も十分優秀であるのは間違いない。しかし、スバルの熱狂的エンスーであるいわゆるスバリストではなくとも、手ごろな大きさのステーションワゴンを求める声がなくなることはないだろう。だから、今まさに次期レヴォーグへの期待は、ほぼ飽和状態にあると言って良い。

[筆者:増田 真吾]

筆者: 増田 真吾

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル レヴォーグ の関連編集記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR