スバル フォレスター e-BOXER雪上試乗|過酷な道で見えたスバル車の“凄さ”と“弱点”(4/4)

  • 筆者: 山本 シンヤ
  • カメラマン:オートックワン編集部・スバル
画像ギャラリーはこちら

ガソリンモデルとe-BOXER、オススメはどっち?

フォレスターのe-BOXERとガソリン、どちらが良かったか?

筆者は断然e-BOXERだ。ガソリン車は水平対向エンジン特有の発進時の応答性の悪さをスロットル特性でごまかしている(=早開き)部分があるが、e-BOXERはモーターの力を借りることでスッと自然に動く。

SIドライブ「I」は縁の下の力持ち的なアシストで2.2~2.3LのNAエンジンのような感覚だが、「S」にするとモーターを意識させるアシストに代わり、アクセルを踏んだ瞬間からグーッと立ち上がる。その力強さは「電動ターボ」のようなフィーリングだ。限定的に言えば従来のターボ車の役目をカバーしているが、絶対的なモーター出力やバッテリー容量の関係で、モーターアシストは高回転域まで続かない。個人的には「もうターボはいらないよ!!」と言えるくらいまで極めて欲しいところだ。

>>スバルで往く雪国・山形の世界を画像でも見る[フォトギャラリー]

過酷な道で実感したスバルの“凄さ”と“弱点”

現状でe-BOXERとガソリン、どちらのパワートレインも実用上は必要十分以上の性能を備えるが、どこか事務的で眠たいフィーリングでワクワクする感じがしないのが気になる。

スバルは「安心と愉しさ」の提供を追及しているが、「安心」は納得できることばかりなのに対して、「愉しさ」に関してはちょっと疑問が残る。最新のスバルはスバル入門者に対して敷居を下げる役目となっているのは間違いないが、コア層には「さすがスバル!!」と思ってもらえるプラスαは少なくなっている。

さらに言えば、スバルは「安心と愉しさ」と言う“目的”のために水平対向エンジン&シンメトリカルAWDと言う“手段”を用いるが、最近は目的と手段が逆になってしまっている気がしてならないのだ。今回、過酷な環境を走ることでスバルの“凄さ”を感じると同時に、スバルに“欠けているもの”も感じてしまった。

“普通”のクルマはもういらない! スバルに必要な大きな改革とは

シャシー側に関しては新型インプレッサへのSGP(スバルグローバルプラットフォーム)採用を皮切りに刷新が行なわれ高い評価を得ているが、それ以外の部分……エンジンやトランスミッション、AWDシステムに関してはまだそこには至らず、従来の延長戦なのも事実である。

北米の業績が好調な今だからこそ、大きな改革が必要だと思っている。トヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)、マツダのスカイアクティブのように……。

スバルは「モノを作る会社から、笑顔を作る会社に」をスローガンにしているが、個人的にはその実現のために「技術オリエンテッド」になるべきだと思っている。普通のクルマなら世界中にたくさんあるわけだし(笑)。

[筆者:山本シンヤ/撮影:オートックワン編集部・スバル]

新型フォレスターの関連記事はこちらもチェック!

スバル フォレスター Advance e-BOXER スペック

スバル フォレスター Advance e-BOXER スペック
エンジン水平対向4気筒
駆動方式AWD
価格(消費税込)3,099,600円
JC08モード燃費18.6km/L
全長4625mm
全幅(車幅)1815mm
全高(車高)1730mm
ホイールベース2676mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1640kg
排気量1995cc
エンジン最高出力107kW(145ps)/6000rpm
エンジン最大トルク188N・m(19.2kgf・m)/4000rpm
モーター最高出力10kW(13.6ps)
モーター最大トルク65N・m(6.6kgf・m)/4400rpm
トランスミッションCVT(リニアトロニック)
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
286万円317.9万円
中古価格:
24.8万円385.6万円
スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円292.6万円
中古価格:
135.3万円328万円
前へ 1 2 3 4
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる