[試乗]スバルの深い愛情で育まれ、より魅力も高まったマイナーチェンジモデル/スバル 新型 フォレスター[D型] 試乗レポート(1/6)

[試乗]スバルの深い愛情で育まれ、より魅力も高まったマイナーチェンジモデル/スバル 新型 フォレスター[D型] 試乗レポート
スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:セピアブロンズ・メタリック/新色) 試乗レポート スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:セピアブロンズ・メタリック/新色) 試乗レポート スバル 新型 フォレスター[D型]「X-BREAK(エックス・ブレイク) アドバンスドセイフティパッケージ装着車」(AWD/X-BREAK専用ボディカラー:クオーツブルー・パール) 試乗レポート スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:セピアブロンズ・メタリック/新色) 試乗レポート 画像ギャラリーはこちら

商品の改良を頻繁に行うことで、長く魅力を維持し続けるスバル車

スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:アイスシルバー・メタリック) 試乗レポート

スバルは技術指向の強いメーカーで、商品の改良を頻繁に行う。背景には車種の数を限定していることもあるだろう。そのために登場してから時間を経ても魅力が下がりにくい。販売面でも有利になり、ユーザーには購入後の下取査定額が高めに維持されるメリットもある。

直近では「フォレスター」が2015年10月に大幅なマイナーチェンジを実施しD型へ進化した。

現行型の登場は2012年11月。ほぼ3年を経過して、商品力を改めて向上させた。

4年目のマイナーチェンジでさらに安全性能を高めた新型フォレスター

スバル 新型 フォレスター[D型]「X-BREAK(エックス・ブレイク) アドバンスドセイフティパッケージ装着車」(AWD/X-BREAK専用ボディカラー:タンジェリンオレンジ・パール) 試乗レポートスバル 新型 フォレスター[D型]「X-BREAK(エックス・ブレイク) アドバンスドセイフティパッケージ装着車」(AWD/X-BREAK専用ボディカラー:クオーツブルー・パール) 試乗レポート

新型フォレスターで最も注目されるのは、安全装備の充実だ。緊急自動ブレーキを作動できる運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」が、「スバル レヴォーグ」や「インプレッサ」シリーズのノーマルエンジン車と同様のバージョン3に進化した。

センサーとして使われるステレオカメラの視野を拡大して望遠性能も向上。カメラ映像のカラー化も行われ、歩行者や車両の検知性能を高めた。

「アドバンスドセイフティパッケージ」も新採用している。これもレヴォーグや「レガシィ B4」等に続く装着で、レーダーによって後方を走る車両を検知する。側後方からの急接近も含めてドアミラーのインジケーターを点灯。ドライバーに注意をうながし、気付かずに車線変更を開始すると点滅に変更して衝突の危険を知らせる。

新機能「アダプティブドライビングビーム」の優れワザとは

スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:アイスシルバー・メタリック) 試乗レポート

まったく新しい装備として、「アダプティブドライビングビーム」もスバル車として初採用された。

アイサイトのステレオカメラが前方の対向車、先行車を検知すると、ヘッドランプ内部のシェードを作動させて相手車両の部分だけハイビームの照射を抑える。ロービームに切り替えるわけではないから、ハイビームの優れた視界を確保しつつ、対向車や先行車の眩惑を抑えることが可能だ。この装備はアドバンスドセイフティパッケージに含まれる。

ヘッドランプの改良で夜間のアイサイト性能も向上するメリットも

スバル 新型 フォレスター[D型]「2.0XT EyeSight(アイサイト)」(AWD/ボディカラー:アイスシルバー・メタリック) 試乗レポートスバル 新型 フォレスター[D型]「X-BREAK(エックス・ブレイク) アドバンスドセイフティパッケージ装着車」(AWD/X-BREAK専用ボディカラー:クオーツブルー・パール) 試乗レポート

ヘッドランプも進化して、従来はディスチャージだったが変更後は1灯でハイ&ローを切り替えるLEDになった。ステアリングに連動して照射角度を変える機能も備える。

こういったヘッドランプの改良で、夜間走行におけるアイサイトの性能も向上した。

アイサイトはカメラで対象物を認識するから、ミリ波レーダー方式と違って視界の確保が性能を左右するわけだ。

このほかサイド&カーテンエアバッグを全車に標準装着するなど、安全性を幅広く向上させた。

[フォレスターのスタイリングには、スバルらしいマジメさがつまってる!・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 5 6 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる