スバル 新型フォレスターがマイナーチェンジ! 上質、タフギア、スポーツ、スタンダード…明確に分けられた個性強めな4グレードを写真で一気に紹介

画像ギャラリーはこちら

スバルの主力SUVモデル「フォレスター」が2021年秋にマイナーチェンジを実施する。正式発表に先立ち、2021年6月に内外装などが先行公開されている。大型化したヘキサゴングリルやLED化され小型になったヘッドライトなど、デザインも大きく変わった。今回は新型フォレスター全4グレードの内外装を写真と共にそれぞれご紹介しよう。

>>4つのタイプはどれがお好み!? スバル 新型フォレスターを写真で見比べてみる[画像73枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 上質さと先進性を誇るトップモデル「Advance(アドバンス)」
  2. レッドオレンジのアクセントが映えるタフギア「X-BREAK(エックスブレイク)」
  3. 唯一の1.8リッターDOHC直噴ターボ“DIT”搭載車「SPORT(スポーツ)」
  4. 充実した装備と基本性能を誇るベーシックグレード「Turing(ツーリング)」

上質さと先進性を誇るトップモデル「Advance(アドバンス)」

2.0リッター DOHC直噴ガソリンエンジン+モーター(e-BOXER)を搭載する最上級グレード「Advance(アドバンス)」。内外装には随所にシルバーの加飾が加わり、質感の高いナッパレザーシートも選択できるなど、高級車を想わせる仕立てが自慢だ。また最新世代の先進運転支援機能「アイサイトセイフティプラス」も標準装備する。

レッドオレンジのアクセントが映えるタフギア「X-BREAK(エックスブレイク)」

新型フォレスターシリーズの中でも、もっともタフなオフロードシーンが似合うのが「X-BREAK(エックスブレイク)」だ。エクステリアでひときわ目立つレッドオレンジの加飾もアウトドアで良く映えるが、単なるドレスアップ仕様という訳ではない。走破性を高めるX-MODEはもちろん、タイヤはシリーズ唯一17インチの専用オールシーズンタイヤを履き、オフロードに備える。

室内も防水シートや撥水カーゴフロアボードなど汚れに強い仕様。運転席・助手席に加え、後席にもシートヒーターが備わるなど、既設を問わずアクティブに過ごすユーザーの使い方を反映したタフな仕立てとなっている。

唯一の1.8リッターDOHC直噴ターボ“DIT”搭載車「SPORT(スポーツ)」

新開発の1.8リッターDOHC直噴ターボ“DIT”を搭載する唯一のグレードが新型フォレスター「SPORT(スポーツ)」だ。

e-BOXERとは異なる力強い加速感はターボモデルならでは。ダークメタリック塗装の18インチアルミや角型3灯式LEDフォグランプなど、スポーティなディテールの違いも印象的だ。

充実した装備と基本性能を誇るベーシックグレード「Turing(ツーリング)」

最後はスタンダードグレードの「Turing(ツーリング)」。とはいえ、X-MODE(2モード・ヒルディセント付き)や撥水シートなど、オフロード走行やアウトドア用途への備えもバッチリ。確かな基本性能を誇るモデルだ。

以上、4つのフォレスターをご紹介した。お気に入りのグレードは見つかっただろうか。

2021年7月現在、新型フォレスターの価格や詳しいスペックなどはまだ公開されていないが、8月には明らかにされる予定。追加情報が明らかになり次第、改めて新型フォレスターの詳細についてはご紹介しよう。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・SUBARU]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
306.9万円374万円
中古価格:
37.8万円415.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる