スバル 新型フォレスターで車中泊はイケる!? 身長180cmの男が寝れるか、マイチェンで荷室の使い勝手が向上した新型フォレスターでチェックしてみた

画像ギャラリーはこちら
スバルは、SUVモデル「フォレスター」をマイナーチェンジし、2021年秋に発売する。外観が大きく変わり最新のレヴォーグと共通のデザインテイストになったほか、アイサイトの進化など話題豊富だ。発売に先駆け、新型フォレスターをひと足お先にチェックすることが出来た。

本記事では、今回の改良で改善された新型フォレスターの荷室の使い勝手を中心に見てみよう。アウトドアでの使い勝手はさらに向上したようだ。

>>2021年秋発売の新型フォレスターをひとあしお先に写真でチェック![画像50枚]

目次[開く][閉じる]
  1. スバル最量販モデルのフォレスターが2021年秋に大規模なマイナーチェンジを実施
  2. アウトドア派も注目! フォレスターの荷室の使い勝手が向上する“フック”が付いた!
  3. 新型フォレスターの荷室で車中泊は可能!? 身長180cmの男が実際に寝てみた

スバル最量販モデルのフォレスターが2021年秋に大規模なマイナーチェンジを実施

フォレスターは、スバル車の中でも世界で最も量販される主力モデルである。現行型のスバル フォレスター(5代目)は2018年6月にデビュー。新開発プラットフォーム“SGP(スバルグローバルプラットフォーム)”や初のハイブリッドモデル“e-BOXER(イーボクサー)”が採用されるなど大きな変革が行われた。

そしてデビューから3年が経過した2021年秋、大規模なマイナーチェンジを実施する。

新型レヴォーグに採用されたスバルの最新デザインコンセプト“BOLDER”のテイストを取り入れ、外装デザインをリニューアルしたほか、新世代アイサイトの採用、走行性能の改良など多岐に渡る変更を実施する。

アウトドア派も注目! フォレスターの荷室の使い勝手が向上する“フック”が付いた!

世界に先駆け乗用車タイプの4WDを量販化したスバルは、アウトドアレジャーを愛するヘビーユーザーからも支持され続けてきたが、近年は特にSUVモデル「フォレスター」の人気は高い。今回のマイナーチェンジでは、そんなユーザーに向け、荷室の使い勝手を向上させた点に注目したい。

もともと現行型フォレスターの荷室には左右2か所ずつのカーゴフックが備わり、荷物の固定などに役立っていたが、今回のマイナーチェンジでは新たにカーゴアッパーフックがスバル車で初採用されている。

カーゴアッパーフックは、ラゲッジドア開口上部に設置された。旧型オーナーや、他のSUV・ワゴンユーザーなどから「ああ、そんなフックが欲しかった!」と思わず声を上げてしまいたくなるような実に絶妙で実用的な位置である。

例えば、アウトドアレジャーで濡れた上着を乾かしたりするのにハンガーを掛けたり、キャンプの際にLEDランタンをぶら下げたりと、旅先で様々な活用方法がありそうだ。

新型フォレスターの荷室で車中泊は可能!? 身長180cmの男が実際に寝てみた

さて新型フォレスターで車中泊はイケるのだろうか。2021年秋のデビューに先駆け、ひと足お先に実車をチェックした身長180cmの筆者が、実際に荷室で寝ころんでみて確かめてみることにした。

スバル 新型フォレスターで実際に寝ころんでみた[モデル:身長180cm男性]

テールゲートから前席シート背もたれまでの長さは180cm強あるフォレスター。床面もほぼフラットで、車中泊向きの荷室である。ただし床面(前倒しした後席の背もたれ)自体はそこまでの長さはなく、写真の状態でまっすぐに寝ころぶと頭が床面からはみ出てしまう。

新型フォレスターで車中泊をするなら、空気で膨らむキャンプ用の厚手なインフレーターマットなどを敷き、枕も用意し補正したうえ、写真の状態よりも少し斜めに寝ることで、快適な車中泊が出来るだろう。

もちろん小柄な方なら十分に縦で寝ることも可能。その場合は、大人2名でも就寝可能なスペースがあることが、この写真からもわかるはずだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・SUBARU]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
27.9万円367.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる