車によって明るさが違うけど「ヘッドライト」ってどんな種類があるの?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
専門用語が多く分かりづらい自動車用語。ここでは少しでも皆さんのストレスを軽減すべく、毎回テーマを決めて解説していきます。「分かっているようで、きちんと説明できない!」「今さら聞けない!」と言う方もおすすめのコーナー。今回は、夜間の走行には絶対に欠かせない「ヘッドライト」について解説していきます。

暗い道を照らしてくれる重要なアイテム

夜間や暗いところをクルマで走行する上で絶対に欠かせないアイテム「ヘッドライト」。クルマを運転する方なら誰しも必ず使用したことがあると思います。また、ヘッドライトは暗い前方を照らす役割だけでなく、周囲の人や対向車線の車に、こちらの存在を相手に認識させるという役割も果たしています。

前照灯とも呼ばれるこのアイテム、街中などでよく見るとクルマによって明るさの度合いが違うのを感じたことはありませんか? はたまた旅先や出張先でレンタカーを借りたとき、ヘッドライトの照らす明るさが普段自分が運転しているクルマと違う? なんてシーンに遭遇したことも。

ヘッドライトの種類は3つ

この違いはヘッドライトに使用されている光源の違いによるものです。その種類は「ハロゲンランプ」「HID(エイチアイディー)」「LED(エルイーディー)」の、主に3つが挙げられます。

車のヘッドライトに使用される最も一般的な光源なのが「ハロゲンランプ」。特徴としては色は淡い暖色系で、発熱量が高く、降雪地域などではヘッドライト上に雪が積もった場合でも、ランプの熱で溶かしてくれるというメリットがあります。反面、その発熱量と消費電力の多さにより寿命が短いのがデメリット。寿命はおよそ800時間(約3年)とされています。

その後、1990年代より登場したのが「HID」です。HIDは「High Intensity Discharge」の略であり、日本語では高輝度放電ランプといいます。

少し青みがかった発光色が特徴で、少ない消費電力で明るい光量を実現しています。寿命もおよそ2000時間(約5年)。デメリットとしては、点灯から最大光量を発揮するまで十数秒ほどかかることが挙げられます。

そして、現在定番になりつつあるのが「LED」です。ここ数十年で普及してきたLEDは、明るさは勿論のこと圧倒的な寿命の長さと、消費電力の少なさが特徴で、寿命はおよそ30,000時間(約15年)とハロゲンランプやHIDに比べると、圧倒的なポテンシャルの高さがうかがえます。

ただ明るければ良いというものでもない

ヘッドライトの明るさは夜間や暗い場所での視認性に直結しているので、とても重要な問題です。総合力の高いLEDが圧倒的におすすめでしょう。

ただし、一番暗くて寿命も短いハロゲンランプが駄目というわけでもなく、旧車などではハロゲンランプの色味が似合っていたりもします。それぞれクルマの雰囲気や、ドライバーの求めている性能に合わせてライトを選択するのが良いでしょう。

[筆者:MOTA編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる