音声ナビ、ドライブレコーダー、車載Wi-Fiなどが一体に! 新感覚カーガジェット パイオニア『NP1』を試してみた

画像ギャラリーはこちら
パイオニアの新商品『NP1(エヌピーワン)』。音声ナビやドライブレコーダーだけでなく、車載Wi-Fiなど様々な機能が盛り込まれた最新カーガジェットだ。どれほど便利なものかを確かめたくなった私は、NP1の持つ魅力を知るために、実際に使用しテストドライブに出かけてみました。
目次[開く][閉じる]
  1. 何ができるの『NP1』?
  2. 画面なしでも快適!? NP1のナビゲーション機能をチェック
  3. 離れている人と映像が共有ができるドライブレコーダー機能
  4. 車内Wi-Fiスポットとしても使える!
  5. これからの時代のスタイルになりそう

何ができるの『NP1』?

2022年3月2日にパイオニアから発売された新商品『NP1』。フロントウインドウに設置された本体を一目見たところ、前背面にカメラが備わっていることもあり、ドライブレコーダーのようにも思えるスタイリングをしている。

確かにドライブレコーダー機能も備わっているが、その中身はスマート音声ナビや第三者とスマートフォンを通じて運転状況を共有できるドライブコール、周辺スポットを紹介してくれるドライブトピック、さらには車内Wi-Fi機能の追加などなど、盛りだくさんの内容が1つにまとめられた新感覚のガジェットだった。

とはいえ時代の一歩先の行くような斬新な内容となっているため、どれだけ便利で楽しいモノなのかを想像することも難しい。そこで身を持って確かめたくなった私は、NP1の持つ魅力を知るために、実際に使用しテストドライブに出ることにした。

画面なしでも快適!? NP1のナビゲーション機能をチェック

まずはナビゲーション機能からテストを行ってみた。

運転席に座り本体に向かって「エヌピーワン」と言うと本体が起動、続けて目的地スポットを伝えると自動認識し、ベストなルートの案内を始める。本体にはモニターなどがないため、基本的には音声案内のみでナビゲーションされる。

当初、音声のみの指示でナビが成立するのかという疑問を持っていた。しかし、実際にNP1を使ってみると、違和感もなくナビゲーション通りにドライブすることができた。オススメの走行車線も教えてくれるので、それに習って運転していれば直進や曲がる際にも慌てることがない。

さらにスマートフォンの専用アプリと連動することで、地図案内や文字案内もできる。購入時はアプリの地図も立ち上げることはあるだろうが、音声案内だけでのナビにすぐ慣れてしまうことだろう。

それと声の認識性能が高いこともポイントだ。任意で指向性を調整することができ、ドライバーからの声だけをしっかりと聞き取ってくれる。また、話したことは誤認せずに一発で音声検索をしてくれる点は、さすがは長年ナビゲーションシステムを開発してきたパイオニアだと感じさせる。

もはや手入力には戻れないなと思わずにはいられなかった。

AIがドライバーに最適なスポット情報も教えてくれる

NP1は学習機能を持つAIを搭載しており、使っていくうちにドライバーの好みや傾向などの思考を分析、それによって時間や距離優先での道案内をドライバーに合わせてくれる。

さらに、パイオニア自社データベースを活用した周辺オススメスポットをドライブ中に教えてくれるほか、グルメ情報サイト『Retty』とも連携しているため、詳しいお店検索を行うこともできる。

試しに「エヌピーワン! 近くのラーメン屋を教えて!」と音声検索したところ、目的地までの道すがらにあるラーメン屋を3件を挙げてくれた。観光スポット情報は随時エリアやスポットが増やされていく予定とのこと。

離れている人と映像が共有ができるドライブレコーダー機能

ドライブレコーダーの機能もNP1の大きなポイント。ドライブレコーダーの録画データは、本体に差し込んだmicroSDカードに随時保存されるだけでなく、衝撃などの異常検知時にはクラウドストレージへ自動保存も行われる。駐車時のいたずらや事故など他車とのトラブル時にも助けられることだろう。

と、ここまでは一般的なドライブレコーダーと同様なのだが、『ドライブコール』という機能が面白い。

これは、離れている人がスマートフォンを介してNP1で撮影された映像が観られたり、音声通話を行えるというもの。遠隔での道案内などを目的としたものだが、助手席に座っていなくとも同じドライブシーンを共有でき、同じ時間を楽しむことができるのだ。

映像は前方・室内どちらも映し出せる。帰宅時に家族とコミュニケーションを取ることや、友人らの家に向かう際など便利に使えるだろう。

車内Wi-Fiスポットとしても使える!

別途の通信契約を結ぶことで、NP1を通信制限なしLTEデータのWi-Fiスポットとしても使うことができる。1日550円からのプランが用意されており、スマートフォンから簡単に申し込みをすることができる。

家族旅行で子どもたちに動画サイトをみせたり、仕事で容量の大きいデータの送受信を行う際など色々と活用できそうだ。

これからの時代のスタイルになりそう

NP1を使ってみて、ナビやドライブレコーダーなどこれまで日常的に使用していたシステムのさらに先を進んでいる装備だということが分かった。

3ヶ月に1度のインターバルで自動アップデートが行われることや、搭載しているAIが学習するため、走行を重ねるほど成長していくということも楽しい。

スマートホーム家電の操作などが可能なAmazon Alexa(アマゾン アレクサ)との連動もスタートする。すでにアレクサと繋がっている家庭内の電子機器を遠隔操作ができるようになるなど、ますます便利になる。

共にカーライフを歩み、10年、20年先に、成長したNP1が離れられない存在となっていることも想像することができる。これは車内で楽しむ新しいスタイルのエンタテインメントシステムだと感じた。

最近のクルマは、インパネにオーディオやナビゲーションシステムが後付けできないモデルも増えている。だからこそ、様々なことに使うことができるオールインワンガジェット、NP1を導入することはこれからの時代のスタイルなのかもしれない。

・希望小売価格6万5780円(税込)

・通信+サービス利用料1年分付/SIM同梱。別途出張取り付けサービスも行っている

>>パイオニア『NP1』のオフィシャルページはこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小松 男
筆者小松 男

中古車屋を廃業した後、出版社へ勤務。乗り物系を中心に数誌の雑誌編集長を務めた後、フリーランスへ転身。国内外ブランド、大小、モデルタイプを問わず、乗り物ならば何でも乗りたがる性分の元祖雑食系。好きなものは、車、バイク、自転車、飛行機、船、列車、美味しいもの、お酒、ジョギング、水泳、DIY、買い物など。反面嫌いなものはないというデラックスポジティブ派。出不精かつ出たがりという二面性を持つ昭和52年式。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる