「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄(1/3)

「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄
「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄 「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄 「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄 「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄 画像ギャラリーはこちら

オンロード主体のYOKOHAMA 4x4クロカン専用タイヤが9年ぶりのフルモデルチェンジ

「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄

4輪駆動のヘビーデューティクロカンは、天候、環境を選ばないタフな性能に根強いファンを持っている。数は少ないとはいえ「ランクル」(トヨタ ランドクルーザー200/ランドクルーザープラド/ランドクルーザー70)、「三菱 パジェロ」と言ったフレーム付のクロカンの魅力は今も衰えないのはそのためだ。クロカン用タイヤにもクロカン同様のタフな性能が要求され、スポーツタイヤとは違った技術が求められる。

横浜ゴムの4x4クロカン専用タイヤは「GEOLANDAR(ジオランダー)」ブランド。各路面向けにM/T(マッド・テレーン)、A/T(オール・テレーン)などが揃っているが、メイン商品のH/Tは「ハイウェイ・テレーン」の略。クロカンと言えどもほとんどを過ごすオンロードを主体としたタイヤになる。

これまでの「YOKOHAMA GEOLANDAR HT-S G051」は2006年に登場したモデルなので、9年に渡るロングライフ商品。信頼度も高かったが、進化する4x4クロカンに合わせて性能アップが図られて登場したのが、新製品の「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」だ。

H/Tとはいえど、力強いパターンはジオランダーの血筋

「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄「YOKOHAMA GEOLANDAR(ヨコハマ ジオランダー) H/T G056」(4x4/SUV用ハイウェイテレーンタイヤ) タイヤテスト・試乗レポート/日下部保雄

ジオランダー H/Tのモデルチェンジにあたっての開発目標は静粛性、力強さ、耐摩耗性、ウェットを含めたオンロードでの性能だ。それに向けて新しいジオランダー H/T G056ではパターン、コンパウンド、構造、プロファイルが決められた。

タイヤの顔、パターンは4本の縦溝を中心としてそこにジグザグを入れることでエッジ数を増やし、深溝化することで耐摩耗性、排水性を上げている。またサイプと呼ばれる細かい溝は、中で互いに支えあうような構造、3Dサイプとしており重量級の4x4に対応させている。

オンロードにおいても違和感のないパターンだが、力強さがあるのはジオランダーの血筋だ。

タイヤの断面形状、つまりプロファイルは路面に均一に接地圧がかかるような形状として、レーンチェンジやコーナリング時での各ブロックの接地圧変化を最小限として、安定性向上を図っている。

[従来型GEOLANDARに比べ、どこが進化したのか・・・次ページへ続く]

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
日下部 保雄
筆者日下部 保雄

大学卒業後、モータージャーナリズムの世界へ入り、自動車専門誌をはじめ各媒体に新車の試乗レポートやコラムを寄稿。最近では、雑誌媒体のほかにFMラジオやインターネット自動車情報サイトでも活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる