autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール試乗|FF最速の座は必ず”アイツ”から奪い返す!

試乗レポート 2018/8/30 00:00

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール試乗|FF最速の座は必ず”アイツ”から奪い返す!(1/2)

関連: ルノー メガーヌ Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正
ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール
ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポールルノー 新型メガーヌ ルノー・スポールルノー 新型メガーヌ ルノー・スポールルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール画像ギャラリーはこちら

ルノー・スポールのメインターゲットは日本だった!

ルノーは黎明期からモータースポーツ活動に熱心で、技術を研鑽と積み重ね、レースやラリーで数々の栄冠を獲得してきた。現在、そんなルノーのモータースポーツ活動の重要な役割を果たしているのが、1976年に発足した「ルノー・スポール」である。

ルノー・スポールはモータースポーツ活動を行なう「ルノー・スポールレーシング」と市販スポーツモデルの開発を行なう「ルノー・スポール カーズ」の2部門が密に連携しながら活動を行なっている。モータースポーツのために開発された技術を市販モデルにフィードバックはもちろん、市販車開発で得た知見をモータースポーツにフィードバックするなど、技術の好循環が行なわれている。

ちなみにルノー・スポールは日本がメインマーケット。実はルノー・ジャポンの年間販売台数の約1/4はルノー・スポールモデルで、その台数は世界のマーケットの中でも3~5本の指に入る。2013年に欧州外では初となる日本での開発テストも行なわれて以来、開発陣も頻繁に日本を訪れて、ニューモデルへフィードバックを行なっている。

>>ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポールの画像を見る

4代目メガーヌ ルノー・スポールは5ドア+2ペダルEDCで登場

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

そんなルノースポーツが開発した最新モデルが、4代目メガーヌをベースにした新型メガーヌR.S.(ルノー・スポール)である。

従来モデルはクルマ好きの中でもよりニッチなユーザーに向けた商品だったが、新型は「より多くの人にルノー・スポールの魅力を体感してほしい」と言う想いが随所に込められている。その一つが「5ドア」のボディの採用である。

ベースとなるメガーヌのラインアップに準じた形にはなるが、Cセグメントスポーツハッチ市場は91%が5ドア…と言う状況は、ハッチバックとしての使い勝手を考慮した結果でもある。

もう一つは「EDC(2ペダルMT)」の採用である。時代の流れもありCセグメントスポーツハッチ市場の82%が2ペダルモデルであることを考慮した設定だ。

エアロパーツ類はライバルに比べて控えめ

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

エクステリアはノーマルのメガーヌGTに対して、メガーヌ R.S.はワイドな開口部&レーシングカーの意匠を踏襲したF1タイプエアインテークブレードやチェッカーブラッグ型の補助ライト「R.S.ビジョン」を採用したフロントバンパー、ノーマル(メガーヌGT)よりもフロントが60mm、リアが45mm拡大された専用フェンダー(フロントはスリット付)、一体型デュフューザー&コーナーのバーチカルスリット&センターマフラーが特長のリアバンパー、小型化されたリアルーフスポイラー、19インチアルミホイールなどをプラス。

エアロパーツはライバルの“アイツ”より控えめだが、ルノー・スポールのフィリップ・メリメ氏は「床下のエアロダイナミクスが効果的なので、全く問題ないですね」と。

ブラック基調にレッドアクセントで落ち着いたインテリアデザイン

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

一方、インテリアはブラックを基調にレッドのワンポイントとカーボン調の素材の組み合わせというスポーツモデル定番のコーディネイトながら、子供っぽさがないのはさすがだ。ヘッドレスト一体型のスポーツシート(アルカンターラ)、フルグレインレザーステアリング、レザーシフトノブ、アルミペダル、パドルシフトが採用されている。メーターも専用で、デジタル部分は表示変更も可能だ。

アルピーヌ A110と同じ1.8リッターターボエンジンを専用チューニング

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

先代メガーヌ R.S.はある意味チューニングカー的な雰囲気が強かったが、新型は全体的にスタイリッシュになったのはもちろん、メガーヌシリーズのフラッグシップとしてのプレステージ性や質感もプラスされているように感じた。

パワートレインは先代の2リッターターボ(F4R)から1.8リッター直噴ターボ(M5P)に刷新。このエンジンはアライアンスパートナーである日産と共同開発したユニットで、アルピーヌ 新型A110にも搭載されるが、メガーヌR.S.はルノーF1チームと共同開発された専用ヘッドや吸排気系のチューニング、ツインスクロールターボの改良などにより、先代より排気量を200cc下げながらも、パフォーマンスは273ps/360Nmから279ps/390Nmにアップした。

トランスミッションはデュアルクラッチ式の6速EDCを搭載。弟分ともいえるノーマルのメガーヌGTは7速だが、メガーヌR.S.の6速EDCは高出力/高トルク対応ユニットで、ルノー・スポールとゲトラグで共同開発された物だ。

低速は逆位相、高速は同位相の4輪操舵「4コントロール」を採用

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

新型メガーヌ R.S.のプラットフォームはルノー・日産アライアンスで共同開発されたCMF(コモン・モジュール・ファミリー)のC/Dプラットフォームで、ホワイトボディ自体はノーマルと同じ(=つまり基本素性がいい)である。

サスペンションはフロントがストラットに専用のアクスルを追加したDASS(ダブル・アクシス・ストラット)、リアがトーションビームと形式は先代を踏襲するが、フロントはジオメトリーの変更、リアはメガーヌGTにも採用される「4コントロール」と呼ばれる4輪操舵を採用している。

ちなみに本国ではオールラウンダーな「シャシースポール」と、走りに特化した「シャシーカップ」と2種類のセットが用意されるが、日本向けはルノー開発陣が日本の路面でテスト走行を行なった結果、「ベストはシャシースポール」だそうだ。

このシステムは10年以上前に3代目ラグナGTで初採用されて以来、継続して開発を続けてきたシステムで、低速走行時は逆位相で俊敏性や小回り性能を高め、高速走行時は同位相で安定性を高めると言う二律双生を実現するルノー・スポールの解答である。

ルノー 新型メガーヌ ルノー・スポール

4コントロールによってロールスピードを上手に制御できるようになった結果、より柔らかいサスペンションを使えるようになったと言うが、それに加えてショックアブソーバーはKYB製のHCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)を4輪に採用(従来は前輪のみ)。HCCはラリーからフィードバックされた技術で、ダンパー・イン・ダンパーがバンプラバーと同じ機能を持つ。

バンプラバーのように反力や振動をホイールに伝えることなくリバウンドや振動を抑制。また、バンプラバーよりも細かい調整が可能なので、サスの動きをよりリニアにできる。

ブレーキはフロントにブレンボ製4ピストン・モノブロックキャリパーを採用し、先代比で15mm拡大した335mmのディスクを組み合わせた。リアはTWR製のモノピストンキャリパーを採用。タイヤは245/35R19サイズのブリヂストン ポテンザS001を履く。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ルノー メガーヌ の関連編集記事

ルノー メガーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー メガーヌ の関連編集記事をもっと見る

ルノー メガーヌ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR