オーテック湘南里帰りミーティング2018|オーナーたちが語るオーテック車の魅力を聞いた!(2/6)

今回の「過走大将」にも選ばれたP10プリメーラは30万キロを超えてまだ現役!!

見た目のプレーンさは同時代の欧州製同クラスのモデルに通じるものを感じますが、登場からの時間を考えると、そこそこクラシックの領域に入りつつあるのが初代日産 プリメーラ。

直前で日産はフォルクスワーゲン サンタナのノックダウン生産を行い、クルマ作りの本質を再度メーカーとして修業し直したような時期、そのサンタナの生産と入れ替わるように世に出たクルマ実用車として珠玉の一台。今後ヘリテージとして注目されても全く不思議ではない一台だと思っております。

そんなこのクルマにもオーテックバージョンがあります。1994年全日本ツーリングカー選手権(JTCC)へのエントリーを記念して仕立てられたこのクルマは、外観こそ最低限の専用装備ですが、専用にチューニングされたエンジン、サスペンションなど、ベース車にさらに磨きをかけた特別なプリメーラです。今年、そんなプリメーラオーテックバージョンが一台「里帰り」していました。

唯一の悩みは「替わりがないこと」

ハンドルネームサンプラスさんのこのプリメーラは、走行距離30万キロを超えています。

「最近はそれほどでもないのですが、ひところ片道50キロ通勤に使っていました。峠を二つ超えて毎日ドライブです。この、今でもきれいに7500回転まで回るエンジンはたまりませんね。今でもとても気に入っています。」と話して下さいました。

仕事の関係で立ち寄った中古車屋さんで23000キロほど走った二年落ちの個体と出会ったのが最初。前のオーナーは日産のメカニックだったそうで、メンテナンスも行き届いており、かなりコンディションもよかったため購入を決意したそうです。

「トランクを開けてみてもそうですが、バブルの名残というか、この時代のクルマ作りは、今では考えられない贅沢さがありますね。今でも通勤のアシから、週末はつくばスカイラインなどに走りに行ったりもしています。そんなところにはクルマが好きな人が集まっていて楽しいですね。ただ、経年変化、走行距離はボディにも多少影響していますね。後ろはそんなに使わないこともありそれほどでもないですが、運転席のドアがちょっと垂れてしまってるのです。これ、本当はヒンジを交換したいところですね。」とのこと。

唯一の悩みは「替わりがないこと」だそう。「お金があればR34のGT-Rなどはあこがれはありますが。何しろこのサイズがいいですね。4400ミリの全長、1700ミリ以下の幅のボディだからこその振り回した時の小気味よさは、このサイズでないとだめです。こんな大きさのクルマがまた出たらいいだろうなあと思いますね。」とサンプラスさん。

ちなみに予め申し上げておきますと、今回話を聞いたオーテックの名車オーナーの皆様方は、全員示し合わせたように「替わりがないことが最大の問題」と言っておられました。オーテックジャパンの関係者、さらにはベース車を作られる日産自動車の関係者の皆様には是非ともこの事実だけはお伝えしたいところです。

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
12.8万円1,593.7万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
26.9万円750万円
日産/シルビアヴァリエッタ
日産 シルビアヴァリエッタカタログを見る
新車価格:
307.8万円318.5万円
中古価格:
100万円291.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
中込 健太郎
筆者中込 健太郎

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業。自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情に明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる