オーテック湘南里帰りミーティング2018|オーナーたちが語るオーテック車の魅力を聞いた!(4/6)

画像ギャラリーはこちら

5ナンバーのR32スカイラインのオーテックバージョンは「看過できない!!」

「もう24年乗っているのでこれからも乗り続けるでしょうね。仕事も退職したので買い替えとかもなかなかできませんから。」とかオーナーのハンドルネームスーさんはおっしゃいますが、そういう問題ではありません!!これは貴重なクルマです。

R32スカイラインのオーテックバージョンと言えば、GT-RのRB26でありながらターボの付いていないエンジンを積んだクルマは知られていますが、5ナンバーです!しかもだいぶ年季の入った懐かしい2桁分類番号。確かに、ボディサイズはスリムな5ナンバーサイズですので、2000cc以下であれば5ナンバーになります。

「現在70000キロ走っています。かつて日産プリンス店の中古車販売店にあったのを見つけて購入しました。オーテックバージョンのボディを持ったGTS4と思えばよいでしょう。周りは珍しいとかいうのですが。ふつうに乗っております。当時2600ccのオーテックバージョンはかなり金額的にも高かったですから。その廉価版としてこんなのが考えられても不思議ではないですね。ほんの数台だけ作られたものが市場に出て、それを運よく購入したというわけです。」

カタログにもないカラーのクルマが船に勝手に積まれて、日本に到着したクルマを見てインポーターが絶句。そういうカタログにないクルマを定価で不特定多数に紹介することもできず、親しいお得意様に内内に売った。とかいうたぐいの話は、自動車黎明期のフランス車代理店のエピソードなどではしばしば聞いたことがあります。

しかし、日産のマークの付いた日産ディーラーが販売していたクルマです。こんなユルイことがあっていいものでしょうか。確かにリアのエンブレムはありません。しかしサイドの懐かしいオーテックバッジはついています。24年で7万キロほどとは大切に乗っていますね、と伺うと「はい、普段は別に乗るクルマがあって、Be-1に乗っています。」とのこと。

Be-1をアシって!それはそれで特筆に値!貴重な一台ではありませんか!メーカーもメーカーならオーナーもオーナー。オーテックオーナーの里帰りにふさわしいお話をぶっこまれて、今年も大満足の筆者なのでした。スーさんお帰りのところお引止めしまして、お話を聞かせてくださりありがとうございます。

オーテックにしか作れない“いいクルマ”に期待

表向き日産車のマークを付けた、普通のクルマを装うある種のステルス性、そして、それをベースにクルマ好きを唸らせるこだわりの数々を盛り込んでくるオーテック車。その看過できない魅力は褪せることはなさそうです。

「期待に応えられるよう、いいクルマを世に送り出していきますのでよろしくお願いいたします。」片桐社長の開会のあいさつ、普通に考えたらずいぶん大雑把に聞こえるのですが、その「いいクルマ」が問題なのです!

でも、オーテックジャパンがつくる「いいクルマ」楽しみになります。これからも多くのファン、ユーザーを唸らせてほしい、そんな期待を禁じ得ません。来年の秋も「#大磯でお会いしましょう」。

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
16.5万円428万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
26.9万円750万円
日産/シルビアヴァリエッタ
日産 シルビアヴァリエッタカタログを見る
新車価格:
307.8万円318.5万円
中古価格:
100万円291.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
中込 健太郎
筆者中込 健太郎

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業。自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情に明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる