autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート オーテック湘南里帰りミーティング2018|オーナーたちが語るオーテック車の魅力を聞いた! 5ページ目

イベントレポート 2018/12/6 18:27

オーテック湘南里帰りミーティング2018|オーナーたちが語るオーテック車の魅力を聞いた!(5/6)

AOG湘南里帰りミーティング2018
AOG湘南里帰りミーティング2018AOG湘南里帰りミーティング2018AOG湘南里帰りミーティング2018AOG湘南里帰りミーティング2018画像ギャラリーはこちら

里帰りといえばこの方々!コータローさん&つとみんさんのセレナライダー

AOG湘南里帰りミーティングといえばすっかりおなじみのお二人。オーナーで参加者でありながら、毎回イベントをステージで盛り上げてくれています。最近は天候の関係で変速的なイベント進行になったりと、久しくご無沙汰だったお二人のイベント進行。今回は3年ぶりの復活となりました。

オーテックジャパン「AOG湘南里帰りミーティング2018」[2018年11月17日(土)/会場:大磯ロングビーチ 第一駐車場(神奈川県大磯町)]

当日開場時間の8時半には、入り口にはすでに数十台のオーテック車の列ができていましたが、その一番前で「お!中込氏!おはようございます!「#健康太郎」早速撮りましょう!」と記念撮影を撮らせていただきました。

筆者は下の名前が健太郎でコータローさんは康太郎さん。ということで太郎の上が並ぶと「健康」になるということで、お会いするといつも写真を撮りSNSなどでもいつも「#健康太郎」をつけて載せてくださっています。読者がいてなんぼのわたくし、こうやって気にかけてくださる方がいるのはありがたいことです。で、つとみんさんと並んで開場を待っていたこともあり、つとみんさんがシャッターを押してくださいました。

通勤からファミリーユーズまでセレナは大活躍

AOG湘南里帰りミーティング2018

車種ごとに集合エリアが分かれている里帰りミーティング。そんなお二人はセレナのコーナーの最前列。

コータローさんのセレナはC25、現行型から2世代前のモデルの後期に設定された、ハイパフォーマンススペックです。エンジンも通常のセレナとは異なり専用のチューニングを施されています。「7000キロで購入して現在57000キロ走行しています。最近では通勤に使うこともないので距離はそれほど伸びていませんね。」と言います。

お隣のつとみんさんのセレナは、前期のライダーS。ライダーの外観に加え、アシが硬められています。「前に(コータローさんの)ハイパフォーマンススペックに乗せてもらったのですが、アクセルを踏み込んだ時のシャープな加速感は別物、良いなと思ってしまいますね。」と羨む。3000キロほど走った個体を購入して現在の走行距離は113000キロ。「最近では近場の移動は軽自動車を使うことも多いですが、子供と一緒のお出かけにはやはり相変わらずセレナは大活躍ですね。」と話すつとみんさんでした。

セレナ ライダーと走った総工程1664kmの旅路

とそんな話のあたりでコータローさんが「ちょっと、このクルマで旅行記にまとめた話、中込氏にも見せた方がいいんじゃないの?」と言い出します。是非是非!とお願いすると、車内からパソコンを取り出して来て、見せてくださいました。ご自宅のある群馬県から四国香川まで愛車のセレナで旅行をしたというのです。その時の記録がたっぷりと記されていました。

「実はいろいろなことがあってクルマで一人ふらっと出かけてみたんです。もしよかったら読んでみてください」と私のところにその旅行記を送って下さいました。

AOG湘南里帰りミーティング2018AOG湘南里帰りミーティング2018AOG湘南里帰りミーティング2018

イベントでいつも明るく陽気なつとみんさん。そこにはどうして旅だったかの前段から記されていました。会社でのこと。セレナとも10年の付き合いになるそうですが、その中でお仕事でも責任ある立場になり、無理をしたり、円滑に物事を進めなければというストレスがつとみんさんを襲っていたということが書かれていました。

そこで医者に行きお休みを取ったつとみんさん。そんなつとみんさんに旅行を薦めたのは奥様だったそうです。自分もストレスには弱い方、確実に体調に現れます。しかし、そういう時に「クルマで好きなところにでも出かけてみたら?」ともう一つ大きな器で背中を押してくれる奥様、そして走る大きな器であるセレナライダーがあってよかったんだなあ。読み進める中で思ったものでした。

道中立ち寄った場所についても細かく書かれていました。しかもどこに寄った、だけではなくどうして寄ったかも書いてあるのです。こうしたところからつとみんさんのきっちりした性格を垣間見ることができます。大阪から四国へ渡り、徳島ラーメンやら讃岐うどんを堪能。最終目的はあまり大掛かりではない方がいいものです。

素敵な旅だなぁ……。で、さっくり帰路について「寄り鉄」も満喫されています。鉄道を満喫する旅は案外大変なのもですが、クルマでの旅なら簡単にできるものです。ふらりと鉄道関連施設に寄る、それが「寄り鉄」です。寄ったらあとは撮り鉄でも乗り鉄でも好きなように楽しめばよいのです。

梅小路機関区跡のある京都鉄道博物館に立ち寄られ、そこから名古屋リニア鉄道館ですか。ここまで4日間でこの後その足で群馬に帰られています。最後には1664kmの旅で127.64リットルのガソリンを使用、平均13.01km/リットルの燃費報告で締めくくられていました。

セレナライダーでの旅は勇気と癒しをくれた

かく言う筆者も、大学の卒業旅行で四国にうどんを食べる旅に行き、会社を辞めてライターになる直前には、セレナライダーで鹿児島指宿まで出かけ、日本最南端のJR駅である西大山駅前でコーヒーを沸かして帰ってくるという旅をしました。

AOG湘南里帰りミーティング2018

いろんなものも食べたし、いろんな人に会いました。彦山駅や一畑電鉄の運転体験に立ち寄ったのもその時が初めてです。あの時とても不安でした。けれども、勇気をくれました。癒してくれました。

そもそも、今まで見聞きした各地の風景を自分の目で見ることができたこと。それがとても大きな価値として後々のライターとしても活きていると思っています。そんな経験があるもので、まるで自分の旅のように読むことができました。

当のつとみんさん、「行ってよかったです」とおっしゃっていましたが、いろいろな壁に当たっていた中で出かけた旅、里帰りでの元気そうな様子からしても、有意義で充実したものであることは間違いないでしょう。

「車中泊もしましたが、本当に楽ですね。」とつとみんさん。GTカーメーカー、オーテックジャパンの仕上げたセレナは「もはやミニバンではない」という実感を新たにされていたようでした。

[筆者:中込 健太郎/撮影:オートックワン編集部・中込 健太郎]

>>次ページ:つとみんさんとセレナ ライダーの旅行記

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連編集記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR