歴代フェアレディZが勢揃い! 新型フェアレディZのデザインは懐かしさの塊だった!?

画像ギャラリーはこちら
2020年9月16日、世界初公開された7代目フェアレディZのデザインは、新しいのにどこか懐かしいデザインだ。それもそのはず、1969年デビューの初代S30型を始めとする歴代Zのイメージを強く継承したものだという。ここで改めて歴代フェアレディZと新型を写真でじっくり比較してみよう。

初代Zが激シブ! 歴代フェアレディZを写真でじっくり見比べてみる!

新旧フェアレディZのデザインを改めて見比べてみた!

2020年9月16日、横浜で世界初公開され話題を呼んだ日産 新型フェアレディZ プロトタイプ。7代目となる黄色いNEW Zのプロトは現時点で世界に1台のみの貴重なもので、まず日本で公開されたあとは全世界で順次公開される予定となっている。

先日10月11日、歴代フェアレディZオーナーに向け、日本では当面の間ラストとなるサプライズ公開が東京・代官山T-SITEのイベント「モーニングクルーズ」で行われた。

当日会場に集まった初代から現行型まで6世代のフェアレディZの姿を見比べながら、歴代Zのイメージを継承したという新型Zのデザインについて改めてチェックしてみよう。

テールゲートのカッコいいエンブレム、角度は直前に貼り換えて直した!?

代官山のイベントでは、特別ゲストとして日産自動車でフェアレディZのプロジェクトをまとめる田村 宏志 チーフプロダクトスペシャリストと、Z32型フェアレディZ(4代目:1989年~2000年)のデザインにも携わった田井 悟 エグゼクティブデザインダイレクターが登場しトークセッションを開催した。

田井氏は、新型フェアレディZのデザインテーマについて、初代のS30型Z(1969年~1978年)から続く“Zらしさ”の伝統を、新たに解釈したものだと説明する。

そこで田村氏がポロっと話していたのが「当初、リアのエンブレムは横向きだった。でもこれは斜めでしょと主張して今の角度に貼り換えてもらった」という仰天エピソード。

なるほど初代S30型フェアレディZのテールゲートにあるエンブレムは、筆記体のグラフィックが映える角度に入っていて印象的だ。

ちなみにリアスポイラー付きのモデルだと、スペースの都合でエンブレムも横向き。実際にスケッチを描いたデザイナーは、スポイラー付きのほうをイメージしていたのかもしれない!?

フロントデザインのイメージは240ZGの“Gノーズ”から

初代フェアレディZは、当初ノーズの先端にスクエアのフロントグリルが備わるデザインだった。これが1971年に追加された240ZGでは、空気抵抗を軽減させるエアロダイナノーズ、通称“Gノーズ”を鼻先に加え、ライトまわりも透明なカバーで覆った。よりスムーズなデザインとなった240ZGは、リベットで留められたオーバーフェンダーの迫力や、2.4リッターに拡大され性能を向上させたエンジンと相まって、初代S30型Zのイメージリーダーとなっている。新型はそうしたGノーズや、ヘッドライト回りのイメージを継承しているという。

エンジンの鼓動を感じる! ボンネット上のパワーバルジにも注目

ちなみにS30Zのボンネット上の起伏は、縦置きエンジンの存在を感じさせるデザインだが、新型Zでもその意匠を継承している点にも注目したい。車幅や直6とV6の違いもあって、バルジの横幅は随分と違うが、エンブレムの位置も含めて揃えてある。新型のノーズにあるNISSANマークは、出来ればZのエンブレムに換えたいところだが。

また残念ながら新型フェアレディZ プロトタイプの綺麗なパールイエローのカラーは、写真で撮るとベタっと写ってしまいがち。この部分を含め、ボディサイドのキャラクターラインなどのエッジ部が少々わかりづらい。機会があればぜひ、そうしたラインが明確にクッキリ出そうなダーク系やシルバーに塗った新型フェアレディZも早く見てみたいものだ。

テールランプはZ32型フェアレディZのデザインをモダンに昇華

日産の田井エグゼクティブデザインダイレクターは、新型フェアレディZのテールランプ形状について、綺麗なグラフィックを持つZ32型のデザインを現代風にアレンジしたものだと説明する。当時出来なかった表現も、LEDの採用により繊細な形状とすることが出来た。また田村チーフプロダクトスペシャリストも、リアのデザインにはこだわりをもっており、何度もやり直しを命じたという。

結果として新型フェアレディZは、なるほどスタイリッシュなリアビューに仕上がった。しかも単なるレトロデザインではなく、モダンな印象も強い。これは写真よりも、実車を見たほうが実感出来るだろう。田井氏も「“映像と実車は違うね”と言われ嬉しい」と語っていた。

あとは1日も早く、市販版モデルを路上で見てみたい! 正式デビューの日は公式には発表されていないが、早くとも2021年の半ば以降になりそうだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
28.6万円2,520万円
日産/フェアレディZロードスター
日産 フェアレディZロードスターカタログを見る
新車価格:
465.1万円529万円
中古価格:
53万円370.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる