新型フェアレディZは生まれ変わったのか? それとも過去をトレースしただけなのか?【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年9月16日、日産は50年以上の歴史を持つスポーツカー「フェアレディZ」の次期プロトタイプモデルをオンライン上で世界初公開しました。そのスタイリングは、世界中で大ヒットを飛ばした往年のモデルを彷彿とさせる物となっています。そこで、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者の方などはどう感じているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます!
目次[開く][閉じる]
  1. 7代目フェアレディZが世界初公開
  2. SNS上でのみんなの声は?
  3. 新型フェアレディZの発売時期や価格など詳細なデータが待ち遠しい!

7代目フェアレディZが世界初公開

久しぶりにワクワクさせられるニューモデルが登場しました。日産から次期フェアレディZのプロトタイプモデルが世界初公開されました。

フェアレディZは1969年に初代S30型が登場。ロングノーズショートデッキのスタイリッシュなデザインと十分な性能を持ちながら、求めやすい価格設定としたことで、世界中で大ヒットを記録。以来、日産の代表するスポーツカーとして歴史を重ねてきました。

今回発表されたのは、その7代目となる次期型フェアレディZのプロトタイプ。

フェアレディZ プロトタイプは、V6ツインターボとマニュアルトランスミッションを搭載。初代のS30Zを彷彿とさせるヘッドライトの形状、ルーフからテールにかけてのラインのほか、Z32の象徴的なイエローやテールランプの形状など歴代モデルを想起させるデザインが印象的です。

SNS上でのみんなの声は?

そんな注目の7代目フェアレディZ(プロトタイプ)ですが、SNS上では様々な意見が多数飛び交っています。

「原点回帰、日産に必要な事。」

「初心に戻って現代的になったようで中々良い感じですね。」

「素直にカッコいい! 直感的に欲しいって思いました。」

「V6ツインターボに6MTを組み合わせるなんてスペックを聞いただけでワクワクしますよ! 市販が楽しみですね!」

「アメ車とかヨーロッパ車で結構ある旧車のオマージュみたいでいいと思う。」

「全然良い! Vモーションが強烈な奴が来るかと思ったら、おとなしいくらい。仕上げはお好みでって残してある感じ。Z33、34の筋肉が、良い意味で落ちた感じがします。過去と上手く融合が出来た印象を受けますね。」

そんな中、7代目フェアレディZ(プロトタイプ)の気になる点を指摘する声も…。

「ライトが斬新すぎて変な感じがする。」

「リアはまだしも、フロントはいただけない。やはりS30には敵いませんね。」

「フロントデザインが口を大きく開けた鯉みたい…。」

「S30とZ32のニコイチ感半端ない。あと、2by2も出して欲しかった。」

「初代のデザインがいかに優れていたか分かりますね。当時は予算もなく造形上デザインの自由度も限られていた中でだったので。それに較べると50年間分の進歩が感じられないのは残念です。」

「スカイラインの例もあるように 日産は伝統とか歴史に囚われすぎて失敗しています。『こうでなきゃいけない』みたいなのを捨てると R32のように成功すると思います。」

このご時世、パワートレインにV6ツインターボ+6MTを搭載する点では好意的な意見が多数占めるものの、やはり争点はそのデザイン。原点回帰や過去のオマージュと好意的な意見がある一方で、過去モデルの焼き直しという厳しい声も数多く見受けられました。

新型フェアレディZの発売時期や価格など詳細なデータが待ち遠しい!

今回の発表はあくまでもプロトタイプで、正式な発売時期や価格などは一切発表されていません。これから徐々にその詳細が明らかにされていくであろう新型フェアレディZ。現状では賛否が分かれるところですが、果たして正式な市販モデルはどんなものになるのか? 今後の動向に目が離せません!

[筆者:MOTA編集部]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
39万円1,601.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる