遭遇したら興奮必至! 捕まりたくないけど乗ってみたい「R34」や「フェアレディZ」、「NSX」などスポーツカーをベースとしたパトカーたち

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日々、交通安全や犯罪を取り締まり、市民の安全を守るパトカー。そんなパトカーといえば、主にクラウンやスカイラインなどのセダンが一般的ですが、中にはなかなかお目にかかることの出来ないレアなスポーツモデルのパトカーも存在します。ここでは、そんな捕まりたくないけど乗ってみたいレアなパトカーを紹介します!

「とりあえずサクッと写真をパラパラ見たい」という方は是非チェックしてみてくださいね。

目次[開く][閉じる]
  1. 日産 スカイラインGT-R(R34型)
  2. 日産 GT-R(R35)
  3. 日産 フェアレディZ NISMO

日産 スカイラインGT-R(R34型)

こちらのパトカーは、2001年度に埼玉県警高速隊に配備された日産 スカイラインGT-R(R34)後期型VスペックIIです。

R34のパトカーは当時、埼玉県警高速隊でのみ生息が確認された希少種で、この個体の他、導入時期の異なる前期Vスペック、後期型などが白黒パトカーとして5台存在していました(さらに覆面パトカーも1台)。

このR34のパトカーの画像は、2020年8月に埼玉県警察 運転免許センターにて撮影したもの。筆者が免許の更新を終え帰ろうとしていたところ、隣のハイエースの警察車両とともに颯爽と登場し、正面玄関前の目立つ位置に駐車。

筆者が目を輝かせて写真を撮りだすと、中から降りてきた警察関係者の方に「警察官になりませんか?」と声をかけられました(笑)。自身の年齢(今年36歳)を伝えると、「熱中症に気をつけてゆっくり見ていって(笑)」とお声がけいただき、更に後ろで感嘆の叫びをあげていた若者たちに同じく警察官の勧誘をしていました。この日、R34のパトカーは、まさにボディカラー同様「客寄せパンダ」として職務を遂行していました。

日産 GT-R(R35)

2018年6月に栃木県警に正式配備されたのは、日産 GT-R(R35)をベースにしたパトカー。R35のGT-Rがパトカーになったのは日本初です。

当時、ネットではGT-R nismoが配備されるというウワサが出回っていましたが、このGT-Rはnismoではないとのこと。ではグレードは何なのかと県警の担当者さんに尋ねてみましたが、詳細は答えられないそうです。

日産 GT-Rは栃木県河内郡上三川町にある日産栃木工場の中で組み立てられていて、日産のメカニックの中でも選ばれた匠達の手によって仕上げられるスペシャルなクルマ。2018年は日産栃木工場の操業50周年に当たるので、記念の意味合いもあるのかもしれません。

日産 フェアレディZ NISMO

2016年4月に警視庁に配備されたのは、日産 フェアレディZ NISMOをベースとしたパトカー。都費で、品川、足立、八王子のナンバープレートを装着した3台が配備されています。

通常モデルではなく、高性能グレードの「NISMO」バージョンというところが、ポイントです。

これらのモデルの他にも、1992年に栃木県警へ導入された「ホンダ NSX」をベースとしたパトカーや、1996年頃に愛知県警に配備された「三菱 GTO」ベースのパトカー、全国の機動捜査隊に配備されていた「スバル インプレッサWRX STi」ベースのパトカーなど、様々なスポーツカーベースのパトカーが存在しました。

どれも今や貴重なモデルばかり! 遭遇したら興奮すること間違いなし! 捕まりたくはないですが乗ってみたいものです。

[筆者:MOTA編集部]

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
445.3万円1,859万円
日産/スカイラインGT-R
日産 スカイラインGT-Rカタログを見る
新車価格:
555.3万円693万円
中古価格:
306.8万円2,650万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
35.9万円1,601.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる