新型フェアレディZの実力を検証! ライバルGRスープラとの最大の違いはコスパの高さだ

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:小林岳夫/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
筆者であるモータージャーナリストの工藤貴宏さんがいまもっとも気になっている新型車は日産 フェアレディZだという。東京オートサロン2022で日本仕様が公開される予定となっている新型モデルだ。

東京オートサロン2022で日本仕様が公開される予定となっている新型である。今回はそんな新型フェアレディZの強力なライバルとなりそうな同じスポーツカーのカテゴリーに位置するトヨタ GRスープラと比較しながら、新型フェアレディZのコストパフォーマンスの高さを紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型フェアレディZのライバルとなりそうなGRスープラの最上位グレード「RZ」
  2. 価格面では新型フェアレディZに軍配が上がりそうだ
  3. ピュアスポーツカーを買える機会はこれで最後になるだろう

新型フェアレディZのライバルとなりそうなGRスープラの最上位グレード「RZ」

ところで新型フェアレディZといえば、あのライバルも気になるところ。トヨタ GRスープラである。

その概要を説明しておくと、エンジンは排気量3.0リッターのV型6気筒ターボと排気量2.0リッターの直列4気筒ターボがあり、「RZ」と呼ぶ前者の最高出力はデビュー時には340馬力だったがその後の改良でパワーアップを果たして現在は384馬力となっている。後者は197馬力のベーシック版「SZ」と258馬力の高出力版「SZ-R」が用意されている。

新型フェアレディZのライバルとなるのは6気筒版だが、レイアウトが直列かV型かという違いだけでなく、パワートレインには根本的な差がある。それは、GRスープラにはトランスミッションにMTの設定がないことだ(追加されるという噂もあるが……)。

「モータースポーツの世界を見るとF1はもちろんスーパーGT、そしてWRC(世界ラリー選手権)だって2ペダルだというのに何を時代錯誤なことを言っているのか?」と思う人もいるかもしれないし、確かに速さを求めるなら2ペダルだ。

でも、運転はなにも速さだけを求めるわけではない。クルマとの対話を楽しむなら、やっぱりスポーツカーはMTに限る。あくまで個人的には…だが、GRスープラにMTがないのはなんとも惜しい。

新型フェアレディZとGRスープラのボディサイズはほぼ同等と言える

ちなみにボディサイズは、GRスープラが全長4380mm×全幅1865mmでホイールベースは2470mm。6気筒モデルの車両重量は1530kg。

新型フェアレディZ(北米仕様)は全長4379mm×全幅1844mmでホイールベースは2550mm。6気筒モデルの車両重量は明らかにされていないが、GRスープラと同じく1500kg程度だろう。

先代に相当するZ33型に比べて全長を縮めたZ34のプロポーションは、ホイールベースを除けば意外なほどにGRスープラに近いのだった。

価格面では新型フェアレディZに軍配が上がりそうだ

いっぽうで、GRスープラの6気筒モデルと新型フェアレディZには大きな違いも存在する。ズバリそれは、価格だ。

GRスープラの価格は、ベーシックモデルの「SZ」で499万5000円。「SZ-R」が601万3000円。そして6気筒エンジンを積む「RZ」が713万円となっている。

対して新型フェアレディZは、日本での価格は明らかになっていないが、北米ではベーシックグレードの「スポーツ」で4万ドル(日本円で約440万円)のタグがつけられた。国内ではベーシックグレードで500万円前後になると思われる。

もちろん、新型フェアレディZのこの価格は400馬力オーバーのV6エンジンを搭載してのものだ。すなわち、GRスープラの197馬力仕様4気筒エンジン搭載グレードとほぼ同じ価格で、新型フェアレディZなら倍付けとなる400馬力超えのV6エンジン搭載車が手に入ることとなる。そう考えると、新型フェアレディZはなんともリーズナブルな価格設定。

周囲を見回しても、500万円台で買える400馬力オーバーのクルマは新型フェアレディZのほかはスカイライン400Rくらいしかない。

BMWと共同開発とか、マグナで少量生産されているとか、GRスープラが高額となった事情はいろいろある。そして明確にしておきたいのは、それでもGRスープラを市販へと導いてくれたトヨタには感謝しかないことだ。

「高くて買えない」とはいっても、“ない”よりはずっといい。

ただ、新型フェアレディZはそれよりもコスパに優れているというだけである。

ピュアスポーツカーを買える機会はこれで最後になるだろう

そして今、新型フェアレディZが欲しい大きな理由がある。それはGRスープラにも当てはまるのだが、おそらくピュアガソリンの高出力エンジン搭載スポーツカーとして最後の世代だとういうことだ。端的に言ってしまえば、GRスープラも新型フェアレディZも、次(フェアレディZは新型の次)の世代はガソリンエンジンだけに頼るのは非現実的で、モーターを組み合わせたハイブリッドとなるのが必須となるだろう(次の型が存在すれば……だが)。

ヒステリックなまでに二酸化炭素削減が叫ばれる昨今、ガソリンを消費する、というよりは二酸化炭素をバラまくガソリン高出力エンジンのクルマはそう遠くない将来に幕を閉じることは既定路線だ。

もちろん、それでもハイパワー車は生き延びるだろう。でも、ピュアな内燃機関ではなく高出力モーターとの組み合わせになるのは間違いない。その切り替わりのタイミングは、すぐそこまで来ている。

ハイパワーが刺激的なターボエンジンで、マニュアルトランスミッションで楽しめて、モーターは組み合わせない。そして、コストパフォーマンスに優れる。

そんな新型フェアレディZに、期待しないわけにはいかないのだ。

【筆者:工藤 貴宏】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
31.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる