ハイエース最大のライバルが刷新! 日産 キャラバンが大規模なマイナーチェンジを実施

画像ギャラリーはこちら
日産は2021年10月20日(水)、商用1BOXバン「NV350キャラバン」をマイナーチェンジし、車名を「キャラバン」に改めるとともに、内外装デザインの刷新、先進運転支援機能の充実、新グレードの設定などを実施した。まずガソリンモデルを先行でマイナーチェンジさせ、ディーゼルモデルについてはひとまず従来の「NV350キャラバン」のまま併売される。トヨタ ハイエース最大のライバルはどこが新しくなったのか、速報でお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. 車名から「NV350」がとれた! シンプルな「日産 キャラバン」の名前に復活
  2. マイナーチェンジの柱は「機能面の進化」と「個人ユーザーに向けた新提案」
  3. ディーゼルはひとまず「NV350キャラバン」として継続販売し、2022年春にも遅れてマイナーチェンジか

車名から「NV350」がとれた! シンプルな「日産 キャラバン」の名前に復活

商用1BOXバンの世界は「トヨタ ハイエース」と「日産 キャラバン(NV350キャラバン)」が2大勢力となっている。国内の市場規模は年間およそ10万台。販売比率としてはおよそ6:4から7:3で推移しており、TOPシェアの座には長らくハイエースが君臨する状況だ。日産は今回のキャラバンのマイナーチェンジで、更なるシェア獲得を狙う。

なお「NV350キャラバン」の名は、現行E26型が登場した2012年より冠されたもの。今回のマイナーチェンジで、およそ9年ぶりにシンプルな「キャラバン」の名が復活したことになる。

2021年5月には小型商用バン「NV150AD」も「AD」に改名済み。公式発表はないが、今後他の日産商用車シリーズに冠されているアルファベット名(NV200バネット/NV100クリッパー等)も、モデルチェンジや一部改良などのタイミングに合わせ廃止され、シンプルなネーミングへ戻っていくものと見られる。

マイナーチェンジの柱は「機能面の進化」と「個人ユーザーに向けた新提案」

今回の新型キャラバンマイナーチェンジの柱となるのは大きく分けて2つ。

ひとつは、先進運転支援機能や動力性能といった基本性能の強化。もうひとつは、昨今のアウトドアブームを受け、近年急速に伸びをみせているという個人ユーザーに向けた商品力の強化だ。

トランスミッションは7速ATに進化

新型キャラバンでは、全車に標準装備化されるインテリジェント エマージェンシーブレーキ(緊急自動ブレーキ)について、フロントカメラとミリ波レーダーの併用タイプとし、歩行者検知機能も追加するなど性能を向上させた。さらに「インテリジェントルームミラー」をEXグレード以上に標準装備すると共に、EXグレード以上に標準装備している「インテリジェント アラウンドビューモニター」の機能性を向上させるなど、様々な先進運転支援機能が進化している。

動力性能の面では、オートマチックトランスミッションを従来の5速からマニュアルモード付7速に変更。走行性能と燃費を向上させた。

ライバルのハイエース(6速AT)に対し一歩差をつけた格好だ。いっぽう今回のマイナーチェンジでMTモデルは廃止されている。

個人ユーザーのニーズに応えた特別仕様車「プロスタイル」と最上級グレード「GRAND プレミアム GX」を新設

新型キャラバンは、デザイン面でも大きく刷新を図った。フロントマスク(グリルとバンパー)は、国内外で販売される日産の本格SUVやピックアップトラックなどに採用される新造形デザインを採用。より力強く存在感の強い顔となった。

内装も黒内装色の採用や、新形状のステアリングホイールやシフトまわり、メーターデザインの刷新などを実施し質感を向上させた。さらに、日産の乗用車に広く採用されるスパイナルサポート機能付シートを前席に新たに全車で標準装着し楽な姿勢での運転を可能とする。併せて前席シート座面に2層ウレタン構造シートを採用したり、シートヒーターを装備したことで、座り心地や快適性も大幅に向上した。

また、新型キャラバンでは新たに新グレード「GRAND プレミアム GX」が設定された。新型キャラバンの最上級グレードで、特に内装の質感をさらに高めた。ライバルのトヨタ ハイエースが、上級グレード「スーパーGL」に上級装備を加えた特別仕様車「ダークプライムII」を設定し高い人気を誇っていることへの対抗策となる。

ロングボディ・標準幅・標準ルーフのみの設定で、価格は319万2200円(2WD・ガソリン・消費税込み、以下同)。

また、防水シートやブラックカラーの専用アルミホイール、ルーフスポイラーなどを備える特別仕様車「プロスタイル」もGRAND プレミアム GXとプレミアム GXに設定し、個人ユーザーのアクティブな用途に応える。

こちらもロングボディ・標準幅・標準ルーフ・2WDのみの設定で、価格は311万7400円から334万700円まで。

ディーゼルはひとまず「NV350キャラバン」として継続販売し、2022年春にも遅れてマイナーチェンジか

なお今回新型キャラバンへと変わったのはガソリンモデルのみ。ディーゼルエンジンモデルについては現在開発が進められており、追って登場する模様。現段階ではディーゼルのみ旧「NV350キャラバン」のまましばらく継続販売が行われる。

ディーゼル版のマイナーチェンジについてはまだ発表がないが、おそらく2022年春頃の登場が見込まれる。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・NISSAN]

日産/キャラバン
日産 キャラバンカタログを見る
新車価格:
241.2万円329.3万円
中古価格:
38万円330万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 キャラバンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キャラバンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キャラバンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キャラバンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キャラバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる