メルセデス・ベンツの最高峰セダン、Sクラスがフルモデルチェンジ!

画像ギャラリーはこちら

メルセデス・ベンツのフラッグシップセダンであるSクラスがフルモデルチェンジし、2021年1月28日より国内販売がスタート。価格は1293万円〜2040万円と先代モデルより少し値上がりしたが、その進化度合いは凄まじい。今回は新型Sクラスの詳細を見ていこう。

>>これがメルセデス・ベンツの最高峰! 新型Sクラスの内外装を写真で見る[画像46枚]

目次[開く][閉じる]
  1. まるで未来のクルマ! ARナビと生体認証機能がスゴい
  2. 先進安全装備が超充実! 巻き込み事故なども未然に防ぐ
  3. 全車直列6気筒に!
  4. 従来型比101万円アップも納得の充実ぶり

まるで未来のクルマ! ARナビと生体認証機能がスゴい

エクステリアも大幅に変更されたが、注目すべきは車内、それもモニターだ。これまで超ワイドディスプレイを2世代前のSクラスから採用していたが、今回の新型は正方形に近い形の12.8インチ縦型有機ELディスプレイに変更されている。

そして最大のポイントは、世界初搭載となるセンターモニターとフロントウィンドウ上のヘッドアップディプレイに映し出されるARナビだ。

>>正方形のモニターに注目! 新型Sクラスの運転席を写真でチェック

従来通り地図上に案内が示されるだけでなく、モニター上に実際の景色をリアルタイムでモニターに表示し、そこに目的地までの案内が表示される。

コレに関しては既に販売されているEクラスと同じだが、新型Sクラスはそれに加えて、フロントウィンドウにも表示。進むべき道路が約10m先の景色に重ねて矢印で表示されるのだ。車の進行方向が変わると、それに従って矢印も動くなど、常にどの方向に進むべきかを分かりやすく案内してくれる代物だ。

>>デカすぎ! 超見やすいヘッドアップディスプレイを写真で確認

まるで映画の世界! 座るだけで自分好みの設定に

運転席まわりで注目なのは、生体認証機能だ。

ドライバーの顔、指紋、声、またはPINコード(個人識別番号)入力によりユーザーを登録。設定すれば、シート、ステアリング、サイドミラーのポジションやコックピットディスプレイの表示スタイル、ペアリングした端末、ナビゲーションのお気に入り設定などを統合して読み込むのだ。

しかも運転席だけでなく、助手席や後席も声、もしくはPINコードによる認証が可能で、シートポジションなどの読み込みが行えるという。

先進安全装備が超充実! 巻き込み事故なども未然に防ぐ

先進安全装備も大幅な進化を遂げている。衝突被害軽減ブレーキや先行車を追従するアダプティブクルーズコントロール(以下ACC)など今や基本的な装備になりつつあるが、その機能が大幅に改善されている。

従来モデルはステレオマルチパーパスカメラなるカメラを装着していたが、新型Sクラスはそれに加え360°カメラを併用。これにより、ACC作動時に急なカーブや高速道路上でより綿密な制御が可能となり、まるで人間が操作しているかのような自然な乗り心地を実現。

さらに交差点などでも右左折時に、対向車や飛び出し、巻き込みなどにより、クルマや歩行者、さらには自転車と衝突する危険があると判断した際に、警告と衝突被害軽減ブレーキが作動するアクティブブレーキアシストや、ドライバーのステアリング操作をアシストする緊急回避補助システムを新たに追加。

さらには世界初の後席左右リアエアバッグを搭載するなど、徹底した先進安全装備の進化も見逃せない。

>>事故0社会も夢じゃない!? 新型Sクラスの先進安全装備を画像で確認

全車直列6気筒に!

搭載するエンジンは、3リッター直6ディーゼルターボと3リッター直6ガソリンターボの2種をラインアップする。

ディーゼルエンジンはメルセデス・ベンツの中で最高水準のパワーを誇る、最高出力330ps、最大トルク700N・mを発揮するOM656エンジンを搭載。

一方のガソリンエンジンは最高出力435PS(320kW)、最大トルク520N・mを発揮。それに加えて、エンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力22PS(16kW)、最大トルク250N・mを発生する電気モーター「ISG」と、「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電するマイルドハイブリッドシステムを搭載するなど、走行性能と環境性能を両立している。

小回り性能がEクラスと同レベル!? その仕組みがスゴい

これまでSクラスといえばFR(後輪駆動)モデルが基本であったが、今回の新型Sクラスは全車4MATICなる四輪駆動モデルとなったのも大きなポイントである。

だがその一方で四輪駆動車は一般に小回り性能が劣ってしまうという側面もある。そこでSクラス史上初となる後輪駆動システム「リア・アクスルステアリング」を採用し、ミドルセダンのEクラスと同等の最小回転半径5.5mを実現している。Sクラスは全長5179mmを誇る巨大なサルーンにもかかわらず、この数値は驚異的である。

リア・アクスルステアリングは60km/hを境に逆位相と同位相を切り替えるのだが、最大のポイントはモーターとベルトを使い後輪の操舵角を最大10度(停止からパーキングスピードの場合)としている。これにより最初回転半径5.5mを実現しているのだ。

ちなみに同位相とは、前輪と同じ方向に舵をあてること。ステアリングを右に切っていれば、リアタイヤも同様に右に。逆位相はその名の通り、前輪と逆方向に舵をあてることを指す。

従来型比101万円アップも納得の充実ぶり

旧型Sクラスは1192万円〜であったが、新型は1293万円〜とベースモデル同士で比較すると101万円アップしている。上述の先進機能や全車四輪駆動化などを考えれば、納得の値段でもある。新型Sクラスのラインアップは以下の通りだ。

■S400d 4MATIC(3リッター直6ディーゼルターボ):1293万円

■S500 4MATIC(3リッター直6ターボ):1375万円

■S400d 4MATIC ロング(3リッター直6ディーゼルターボ):1678万円

■S500 4MATIC ロング(3リッター直6ターボ):1375万円:1724万円

■S500 4MATIC ロング ファーストエディション(3リッター直6ターボ):1938万円

■S500 4MATIC ロング ファーストエディション AMGライン(3リッター直6ターボ):2040万円

【筆者:MOTA編集部】

メルセデス・ベンツ Sクラス S400d 4MATIC (3リッター直6ディーゼルターボ)主要スペック比較表

車種名

Sクラス

グレード名

S400d 4MATIC

価格(消費税込み)

1293万円

全長×全幅×全高

5179mm×1954mm×1503mm

ホイールベース

3106mm

駆動方式

AWD

乗車定員

5名

エンジン種類

直列 6気筒 DOHC

総排気量

2924cc

エンジン最高出力

330PS

エンジン最大トルク

700Nm

トランスミッション

コラム 9

使用燃料

軽油

メルセデス・ベンツ/Sクラス
メルセデス・ベンツ Sクラスカタログを見る
新車価格:
1,469万円2,348.5万円
中古価格:
38万円2,630万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Sクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Sクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Sクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる