トヨタが強すぎる! 11月新車販売ランキングでトヨタ ヤリスが3ヶ月連続1位、アルファードやハリアーも上位入り

画像ギャラリーはこちら
日本自動車販売協会連合会(以下、自販連)と全国軽自動車協会連合会(以下、全軽自協)は、2020年11月の新車販売の車名別ランキングを発表した。両データを総合したランキングでは、9月10月に続き、絶対王者であったホンダ N-BOXを抑え、トヨタ ヤリスシリーズが総合販売ランキングで1位を獲得した。
目次[開く][閉じる]
  1. 総合1位はヤリス! 元王者N-BOXは初のマイナーチェンジで復権を狙う
  2. アルファードとハリアー、ラグジュアリーな2台が上位に食い込む
  3. 軽自動車ではN-BOXが不動の1位! スペーシアは堅調な売れ行きで2位に復帰

総合1位はヤリス! 元王者N-BOXは初のマイナーチェンジで復権を狙う

2020年11月総合販売ランキング(自販連/全軽自協調べ)

■第1位:トヨタ ヤリス 19921台

■第2位:ホンダ N-BOX 15685台

■第3位:スズキ スペーシア 12027台

■第4位:トヨタ ライズ 10627台

■第5位:ダイハツ タント 10599台

自販連、全軽自協調べの販売台数データを集計した2020年11月度の総合ランキングでは、トヨタのヤリスシリーズ(ヤリス・ヤリスクロス・GRヤリスを同一車種として集計)が3か月連続で1位となり、2位のホンダN-BOXに約4300台の差をつけた。10月のランキングでは、トヨタ ヤリスとホンダ N-BOXの差はおよそ2500台だったため、その差が開いた格好だ。

ただしホンダ N-BOXは2020年12月24日に、2017年8月末にデビューした現行型(2代目)では初となる大規模なマイナーチェンジを控えている。

これを受け12月度の販売台数が落ち込みをどの程度抑えられるのか、そして発売後にどこまで巻き返し、再びトヨタ ヤリスを抑え総合トップの座に返り咲くことが出来るのか?

来年2021年にかけてのホンダ N-BOXの動向にも注目していきたいところだ。

アルファードとハリアー、ラグジュアリーな2台が上位に食い込む

2020年11月登録車販売ランキング(自販連調べ)

ここからは、自販連と全軽自協それぞれのランキングについてご紹介していこう。まずは軽自動車を除いたランキングから。ここではトヨタの強さが際立つ結果となった。

■第1位:トヨタ ヤリス 19921台(2020年10月:1位)

■第2位:トヨタ ライズ 10627台(2020年10月:2位)

■第3位:トヨタ アルファード 10109台(2020年10月:5位)

■第4位:トヨタ ハリアー 9897台(2020年10月:6位)

■第5位:トヨタ カローラ 9653台(2020年10月:4位)

■第6位:トヨタ ルーミー 9112台(2020年10月:3位)

■第7位:トヨタ シエンタ 7187台(2020年10月:10位)

■第8位:ホンダ フィット 7161台(2020年10月:7位)

■第9位:ホンダ フリード 6864台(2020年10月:8位)

■第10位:トヨタ ヴォクシー 6860台(2020年10月:9位)

11月はトヨタ ヤリスが19921台を販売。軽を除いたランキングでは5か月連続で1位を獲得した。

2位には10627台を販売したトヨタ ライズ、3位には10109台を販売したアルファードとなった。

11月のランキングで注目したいのは、3位のアルファードと、4位のハリアーだ。

200万円台以下のコンパクトクラスが販売台数上位に位置する中、Lサイズミニバンのアルファード(主要価格帯:400~500万円台)とSUVのハリアー(300~400万円台)という高額モデルが上位に食い込んでいる。このほか7位までをトヨタ車が独占。コンパクトから高級SUV・ミニバンに至るまで、全方位でトヨタの強さを見せつけられた格好だ。

軽自動車ではN-BOXが不動の1位! スペーシアは堅調な売れ行きで2位に復帰

続いては軽自動車11月度のランキングだ。

2020年11月軽自動車販売ランキング(全軽自協調べ)

■第1位:ホンダ N-BOX 15685台(2020年10月:1位)

■第2位:スズキ スペーシア 12027台(2020年10月:3位)

■第3位:ダイハツ タント 10599台(2020年10月:2位)

■第4位:ダイハツ ムーヴ 9980台(2020年10月:4位)

■第5位:日産 ルークス 9019台(2020年10月:6位)

■第6位:スズキ ハスラー 6579台(2020年10月:7位)

■第7位:ダイハツ タフト 6503台(2020年10月:5位)

■第8位:ダイハツ ミラ 6068台(2020年10月:8位)

■第9位:スズキ アルト 5654台(2020年10月:10位)

■第10位:日産 デイズ 5427台(2020年10月:12位)

軽自動車部門では、マイナーチェンジ前にも関わらずホンダ N-BOXが15685台で、1位を獲得し2019年12月からの連続1位記録を更新した。2位は12027台を販売したスズキ スペーシア、3位は10599台を販売したダイハツ タントがつける。

スズキ スペーシアは、3位となったタントと比べ、10月からの減少を小さく抑えたことで2位に返り咲いた。

なお14位にはホンダ N-ONEが、9月の31台、10月の7台から大きく販売台数を伸ばし2899台となり、モデルチェンジの影響が販売台数に現れた。

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
115.1万円273.5万円
ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
26.8万円1,398万円
トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
167.9万円228.2万円
中古価格:
164.1万円332.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる