目の付け所が良すぎた? ライズがバカ売れした理由とは!?【2020年話題のクルマを振り返る】

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2019年後半から2020年を振り返ると、国産のニューモデルがいつになくアツい1年だったと感じる。中でも特にSUV市場がさらに盛り上がった印象が強い。ざっくり振り返ると昨年末にロッキー/ライズ、6月にハリアーとRAV4 PHVが。さらにキックスやヤリスクロスなど……どれも売れに売れている人気車種だらけ。しかも上半期の販売台数にライズが輝くなど名実ともに国産SUVの当たり年だったのだ。でも、なぜコレほどまでにライズが人気を博したのか? その理由を探ってみたい。

>>1年でこんな売れたの!? ロッキー&ライズのハンパない台数を表でチェック

答えは安さと絶妙なサイズにあった

そもそもライズはダイハツが手がけたコンパクトSUVロッキーのトヨタ版で、東京モーターショー2019で突如発表されたモデルだ。

これまで小さなSUVといえば、スズキ ハスラーやジムニーなどに代表されるような軽自動車が主で、登録車となると近頃はどのメーカーもラインアップしていなかった。要するに、ありそうでなかったクルマであったうえ、167万9000円〜と、かなり安い価格設定もかなり効いたのだ。

>>100万円台には見えない! 内外装を画像でチェック

目の付け所が見事! 今までなかった市場を開拓

昨今の国産SUV市場を改めて考えてみると、軽自動車のすぐ上がトヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルなど。さらに上となれば日産 エクストレイルや三菱 アウトランダー、そしてランドクルーザーなどのフルサイズ級のモデルと上級クラスにはたくさん種類はあったものの、小さく安いSUVはなかったのだ。

軽自動車含め、昨今の新車は「昔と比べて高い」と言われることも多い中、200万円以下で、しかも流行りのSUVとくれば売れないワケはないのだ。

素直に買い! これが秘訣

ロッキー/ライズの販売台数をそれぞれ見てみると、よくもまあこれだけの台数をさばいているな! と感心してしまうほどの台数だ。実際、ライズの月販目標台数は4100台、ロッキーは2000台とノルマを定めているのだが、下回るどころかその2倍以上を販売する月もあるほどの人気っぷりだ。

しかも今は未曾有のコロナ禍にある、にも関わらず売れ続けているのは、絶妙なサイズと価格にあり、素直に「コレは買いだ」と思える内容なのだ。

兄貴分であるヤリスクロスの登場により、少し鈍るか? との意見も多いなか、着実に販売台数を伸ばし続けているライズ&ロッキー。 おそらくこの人気はしばらく続くこと間違いなしだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
167.9万円228.2万円
中古価格:
164.1万円332.1万円
ダイハツ/ロッキー
ダイハツ ロッキーカタログを見る
新車価格:
170.5万円236.7万円
中古価格:
149.7万円300万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる