日産、小型車ノート8年ぶりのフルモデルチェンジでe-POWER専用車に|価格205万円から

画像ギャラリーはこちら
日産は2020年11月24日、コンパクトカー「ノート」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、同年12月23日より発売する。新型ノートは3代目。プラットフォームを刷新のうえ、第2世代の「e-POWER」(ハイブリッド)を初搭載し、ガソリンモデルの設定はなくなった。価格は205万4800円~218万6800円(消費税込み)。

イメージが変わった! 日産 新型ノートを写真でサクッとチェック![画像37枚]

目次[開く][閉じる]
  1. プラットフォーム新設計! 全く新しいノートが登場
  2. 第2世代へと進化した「e-POWER」を搭載
  3. 日産初! ナビリンク機能付プロパイロット

プラットフォーム新設計! 全く新しいノートが登場

累計146万台を販売した日産の基幹車種が全てを一新

日産のコンパクトカー「ノート」は2005年に初代がデビュー。2012年には2代目が登場し、今回8年ぶりにフルモデルチェンジした新型で3代目となる。2016年に追加した独自のハイブリッドシステム「e-POWER」が大きく注目を集め、2017年から2019年まで3年連続で国内コンパクトカー販売台数No.1を獲得するなど、15年間で累計146万台を販売する日産の基幹モデルだ。

3代目ノートは、ルノー・日産・三菱アライアンスによる新世代プラットフォーム(車台)のCMF(コモン・モジュール・ファミリー)を採用。搭載するパワートレインも新世代e-POWER専用となり、通常のガソリンモデルは廃止された。

全ての面で生まれ変わった日産 新型ノートの詳細を紹介していく。

「和」を取り入れた日産の新デザインコンセプトを採用

新型ノートは、デザインも大きく変更された。「コンパクトカーの常識を超える運転の快適さと楽しさが詰まった先進コンパクトカー」をコンセプトとし、フロントグリルと一体化した薄型のヘッドランプ、そこにつながる新型のVモーションクローム、フロントからリアまで一本の線でつながるキャラクターライン、水平に広がる横一文字のシェイプをもつ特徴的なシグネチャーのリアコンビランプなど、ひときわ際立つ存在感を放っている。

また、日産の新デザインキーワード「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を具現化。フロントグリルには日本の伝統工芸である組子からインスパイアされたパターンをあしらい、「日本の風景に溶け込むデザイン」となっている。スリークで先進的なヘッドランプは、4連LEDプロジェクターを採用。同様にオプション設定の16インチのアルミホイールには、日本の刀からインスパイアされたシャープで洗練されたデザインが施される。

またボディカラーは、2色の2トーンを含む全13色のカラーバリエーションを用意。新型ノート向けに開発したクールトーンの「オペラモーブ」は日産の新色となっている。

先進的で快適な室内空間

インテリアデザインは、外に向かって広がるようなインストルメントパネルにセンターディスプレイと一体化したメーターを装備。また、小型の電制シフトレバーが乗るブリッジ型のセンターコンソールには大型の収納スペースやロングリーチのアームレストを備えるほか、前席のセンターコンソールにはスマートフォンのワイヤレス充電器などの利便性の高い機能を装備している。

さらに後席にはリクライニング機能を備え、ニールーム、ヘッドルームともにクラストップのゆとりあるスペースを確保。荷室においても、広い開口部と荷室幅を確保している。

内装バリエーションは3種類

インテリアカラー&マテリアルは、3種類のバリエーションを用意。Xグレードには、グラデーションストライプのジャージーシートと合皮レザーアームレストのコンビネーション。また、インストルメントパネルにはカーボン調の加飾を配し、水平に広がる長いマットクロームのフィニッシャーを用いたモダンなカラーコーディネーションとなっている。

第2世代へと進化した「e-POWER」を搭載

第2世代へと進化した「e-POWER」のモーターは、先代ノートに比べトルク10%、出力6%を向上し、よりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。インバーターは第1世代よりも40%小型化され、30%軽量化。燃費も向上させている。

また、システムの制御によるエンジンの作動頻度低減や車体の遮音性能向上により、コンパクトカーでありながら1クラス上の静粛性を実現。加えて、路面状態からロードノイズが大きいと判断した場合、積極的に発電を行う制御システムを世界で初めて開発。路面状態が良い走行状態での静粛性を高めている。

さらに新型ノートでは4WDモデルも新設計。従来の簡易的なe4WDから、2モーター駆動の本格的な電動4WDに刷新される。こちらの詳細については2020年12月以降に正式発表される予定だ。

なお今回、新型ノートではe-POWER搭載車のみが発表されており、通常のガソリンエンジンモデルは廃止となった。

日産初! ナビリンク機能付プロパイロット

新型ノートは360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を搭載し、全方向での安全性を向上させた。

また、「プロパイロット(ナビリンク機能付)」を初搭載。高速道路での同一車線走行時の運転操作をサポートするプロパイロットにナビゲーションシステムとの連携機能を加えることで、制限速度の変化に伴う設定速度の切り替えや、カーブの大きさに応じた減速をシステムが支援し、ドライバーの操作頻度を軽減する。

>>デザイン一新! 新型ノートを写真でもっと見る![画像37枚]

速報! 新型ノート e-POWERを動画でもチェック!【MoTA TV】

日産 新型ノートの主なスペックと価格

■グレード:F/S/X

■全長:4045mm

■全幅:1695mm

■全高:1505mm(F/S)/1520mm(X)

■WLTCモード燃費:29.5km/L(F)/28.4km/L(S/X)

■JC08モード燃費:38.2km/L(F)/34.8km/L(S/X)

■エンジン:HR12DE-EM47

■駆動:2WD(FF)

■エンジン最高出力:60KW(82PS)/6000rpm

■エンジン最大トルク:103Nm(10.5kgf・m)/4800rpm

■フロントモーター:EM47

■モーター最高出力:85KW(116PS)/2900~10341rpm

■エンジン最大トルク:280Nm(28.6kgf・m)/0~2900rpm

■価格:205万4800円(F)、 202万9500円(S)、 218万6800円(X)

※価格はいずれも消費税込み

※4WDモデルの詳細については2020年12月に追加発表予定

※ノートAUTECH/福祉車両については別ニュースにてご紹介

[レポート:MOTA編集部/撮影:小林 岳夫・NISSAN]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12.8万円1,974万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる