autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、4代目新型フィットを2019年秋に世界初公開予定|新ハイブリッドシステムを採用

自動車ニュース 2019/5/9 11:44

ホンダ、4代目新型フィットを2019年秋に世界初公開予定|新ハイブリッドシステムを採用

ホンダ フィット(2017年マイナーチェンジモデル)
ホンダ フィット(2017年マイナーチェンジモデル)ホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィット画像ギャラリーはこちら

ホンダ 新型フィットを2019年秋に世界初公開予定

ホンダは2019年5月8日に行われた事業方針会見の場で、同社を代表するコンパクトモデル「フィット」について、2モーターハイブリッドシステム「i-MMD(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)」を搭載した新型モデルを2019年秋の東京モーターショーで世界初公開すると発表した。

現在i-MMDは中・大型モデルに対応しているが、新たに小型車向けのシステムが開発され、新型フィットから採用される。

>>過去には「けものフレンズ」とのタイアップも! ホンダ フィットを画像で見る(19枚)

ホンダ 四輪車電動化の流れ

ハイブリッド車とバッテリーEVに集中

ホンダは、2030年にグローバル四輪車販売台数の3分の2を電動車にする目標を掲げ、ハイブリッドを中心に電動化を進めていく方針だ。i-MMDを同社のラインナップ全体に拡げていくことで、システムコストを2022年までに2018年と比べ25%削減すると見込んでいる。

またゼロエミッションビークル(ZEV)については、バッテリーEVで対応する。グローバルの地域ごとに異なる規制や法律にあわせ、北米や中国などを中心に現地のリソースを有効活用しながら効率的にバッテリーEVの導入を進めるとし、欧州・日本においては2019年3月にジュネーブモーターショーにて世界初公開された新型バッテリーEV「Honda e」を投入するとしている。

また併せて、2025年までにグローバルで展開するモデルの商品ラインナップを見直し、車種の統廃合を行って効率化を図る。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ フィット の関連編集記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR