autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新型クラウン発売…スポーティでエレガントなスタイルに

自動車ニュース 2018/6/26 16:00

トヨタ、新型クラウン発売…スポーティでエレガントなスタイルに

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)RS 2リッターターボ

トヨタは15代目となるクラウンを2018年6月26日より発売した。価格(消費税込)は、460万6200円~718万7400円となる。

初代コネクティッドカーとして大きな進化を遂げた新型クラウン。予防安全技術も最新版となるToyota Safety Sense(第2世代)が搭載され、安全性能も確保している。

新型クラウンは内外装ともにデザインを刷新。スポーティな外観と上質な内装で若返りを図るとともに、走る・曲がる・止まるといった車両性能をTNGAに基づき磨き上げ、大きく進化させた。

特に走りについては、最も過酷といわれるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクで走行テストを実施。意のままに操ることのできるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、スムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない走行安定性を実現した。

>>トヨタ 新型クラウンのすべてを画像で見る

スポーティな外観と質感を追求した内装

外観デザイン

トヨタ 新型クラウン
トヨタ 新型クラウン

・凝縮された強さと、洗練されたエレガンスの両立によるスポーティセダンの創出を狙いとし、ロングノーズのFRらしいプロポーションと、6ライトウインドウの採用によるルーフからラゲッジにかけての伸びやかで流麗なサイドシルエットを実現した。また、ボディを凝縮してタイヤの張り出しを強調した低重心でスポーティな骨格を表現した

・RSシリーズには、流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リア)を設定したほか、メッシュタイプのフロントグリル、より低重心でワイドに見せるフロント下部のメッキモールや操縦安定性向上に寄与するサイドエアダムスカート、専用18インチアルミホイール、4本出しエキゾーストテールパイプ、リアスポイラー、ドアフレームブラック化などを採用し、スポーティ感をさらに強調した

内装デザイン

トヨタ 新型クラウン

・適度に囲まれたコックピットと開放感の両立で、運転に集中できる居心地の良い空間を創出した。シンプルで上質なつくり込と先進デバイスとの対比によって品位と知性を感じさせるモダンな空間を表現。またつくり込みにおいては、触感、質感、動き、音、細部の見栄えなど、人の五感に響く感性品質にこだわった

・運転中でも見やすい遠方配置の8インチディスプレイと操作性を考慮し手前側に配置した7インチディスプレイの2つを連携させた新開発のダブルディスプレイを採用。2画面化を活かしてインストルメントパネル上面を低く抑え、圧迫感の少ない開放的な空間創出にも寄与している

・後席は、フロントシート下の足入れスペースを拡大し、足元の心地よさを向上させた。また、シートは日本人の体型に合わせた座面形状の最適化によりフィット性を向上させ、長時間着座時の疲労低減に寄与している。

・本杢調パネルによる華やかで高級な演出と、ドアLED照明や3席独立エアコンなど後席装備を充実させた「G-Executive」「G-Executive Four」をラインナップした

内外装色

・金属感をより強調した新色プレシャスガレナを含む全7色のボディカラーと、スポーティなホワイトを含む全4色の内装色を設定した

・自分だけの特別なクラウンを選べる「ジャパンカラーセレクションパッケージ」を設定。日本ならではの繊細な色調の6色をボディカラーに設定したほか、専用の内装色3色と標準設定の4色の全7色の組み合わせにより、自分らしい「色を選ぶ喜び」を提供する

TNGAに基づくプラットフォームの一新などによる意のままの走り

プラットフォーム

トヨタ 新型クラウン

・TNGAに基づくプラットフォームを新採用。パワートレーンをより低い位置に配置し低重心かするとともに、フード/フェンダーのアルミ採用や、前後重量配分の最適化により優れた慣性諸元を実現した

・フロントはハイマウント式マルチリンクサスペンション、リアはマルチリンクサスペンションを採用し、ステアリング剛性の最適化、アルミダイキャスト製のフロントサスタワーの採用や構造用接着剤の塗布量を大幅に増やしたりするなどボディの高剛性化で、意のままのハンドリングと目線がぶれないフラットな乗り心地を実現した

静粛性の追求

・車両骨格の適正化、防音材の適切な配置に加え、アクティブノイズコントロールを採用。スピーカーから逆相の音を出し、ノイズをキャンセルすることで静粛性を向上させた

RS専用パフォーマンスアップアイテム

・RSシリーズには走行性能を高める専用アイテムを設定した。5本スポーク18インチアルミホイール&タイヤを標準装備したほか、専用フロントスタビライザーによりロール剛性を向上。リニアソレノイド式AVSを採用することで、大きな入力が入っても適切な減衰力を瞬時に発生させ、余分な動きを抑えて走行性能向上に貢献している

・リアスポイラーの装着によりダウンフォースを確保し、高速安定性を向上させた

・2リッターターボ車にはリアパフォーマンスダンパーとリアフロアブレースを追加採用し、優れた操舵応答性や荒れた路面での振動の低減を実現した

ドライブモードセレクト

・スイッチ操作で運転特性の切り替えができるドライブモードセレクトを全車標準装備。さらに、RSグレードにはCustomモードを設け、パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択できるようにした

パワートレーン

トヨタ 新型クラウン

■2.5リッターダイナミックフォースエンジン ハイブリッドシステム

・2.5リッターハイブリッド車には、高い熱効率と高出力を両立したTNGAエンジン「2.5リッターダイナミックフォースエンジン」を搭載したハイブリッドシステムを採用。JC08モードで24.0km/Lの優れた燃費性能と高い動力性能を両立した

■V型6気筒3.5リッターマルチステージハイブリッドシステム

・3.5リッター車に、トヨタブランド初のマルチステージハイブリッドシステムを採用。ハイブリッドシステムに有段ギアを組み合わせたこの機構は、V型6気筒3.5リッターエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出す。加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することで、優れた走行性能と燃費性能、快適なクルージング走行を両立した

・10段変速制御のトランスミッションは、あらゆる走行シーンにおいて、エンジンの回転数をドライバーの意図に対して忠実に変化させたり、応答性の良いモーターアシストを可能とし、アクセル操作に連動したダイレクトな加速フィーリングを実現した

■2リッター直噴ターボエンジン

・2リッター車には、吸排気効率を高めることにより出力を向上させた2リッター直噴ターボエンジンを初採用。低回転からすぐれた応答性を発揮し、全域にわたって高いトルクを確保した

トヨタ 新型クラウンの主要スペック

トヨタ 新型クラウンの主要スペック
エンジン3.5L・V型6気筒ハイブリッド
駆動方式FR
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション
価格(消費税込)6,237,000~7,187,400円
WLTCモード燃費16.0km/L
市街地モード燃費12.7km/L
郊外モード燃費16.4km/L
高速モード燃費17.7km/L
全長4,910mm
全幅(車幅)1,800mm
全高(車高)1,455mm
ホイールベース2,920mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1,860~1,900kg
排気量3,456cc
エンジン最高出力220kW(299PS)/6,600rpm
エンジン最大トルク356N・m(36.3kgf・m)/5,100rpm
モーター最高出力132kW(180PS)
モーター最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
燃料無鉛プレミアムガソリン
トヨタ 新型クラウンの主要スペック
エンジン2.5L直4ハイブリッド
駆動方式2WD(4WD)
トランスミッション電気式無段変速機
価格(消費税込)4,978,800~6,323,400円
WLTCモード燃費20.0km/L(18.2km/L)
市街地モード燃費17.2km/L(14.9km/L)
郊外モード燃費20.8km/L(19.2km/L)
高速モード燃費20.9km/L(19.4km/L)
全長4,910mm
全幅(車幅)1,800mm
全高(車高)1,455mm(1,465mm)
ホイールベース2,920mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1,730~1,890kg
排気量2,487cc
エンジン最高出力135kW(184PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/3,800~5,400rpm
モーター最高出力105kW(143PS)
モーター最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
燃料無鉛レギュラーガソリン
トヨタ 新型クラウンの主要スペック
エンジン2.0L直4ターボ
駆動方式FR
トランスミッション8速AT
価格(消費税込)4,606,200~5,594,400円
WLTCモード燃費12.4km/L
市街地モード燃費8.7km/L
郊外モード燃費12.6km/L
高速モード燃費15.1km/L
全長4,910mm
全幅(車幅)1,800mm
全高(車高)1,455mm
ホイールベース2,920mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1,690~1,730kg
排気量1,998cc
エンジン最高出力180kW(245PS)/5,200~5,800rpm
エンジン最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1,650~4,400rpm
モーター最高出力ーー
モーター最大トルクーー
燃料無鉛プレミアムガソリン

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!