マツダ アテンザ ワゴン 実燃費レポート|気筒休止システムを新採用した2.5リッターガソリンエンジンの実燃費を徹底検証!(4/5)

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:永田 恵一・モータ編集部
画像ギャラリーはこちら

マツダ アテンザ ワゴン 実燃費レポート|総合実燃費編

■マツダ アテンザ ワゴン(2.5リッターガソリン) 総合実燃費:13.6km/L

現行のアテンザ ワゴンは登場から7年目という時間が経ったモデルではあるが、乗ってみると改良の積み重ねにより周りのクルマに対しても、古さを全く感じなさせない点に強く感心した。

全体的に2.5リッターガソリン車として飛び抜けた部分はなかったが、逆に大きな不満もほとんどなかった。

これは毎日乗り続けるようなクルマとして、とても重要なことではないだろうか。

良いモデルだが、存在感が薄い25S Lパッケージ

ただしアテンザ ワゴンの2.5リッターガソリン車は、最上級グレードの25S Lパッケージのみの展開となるため高価なのだ。

実際にアテンザを選ぶ際には、2.5リッターのガソリンより安いグレードもあるパワフルで燃料コストが安い2.2リッターディーゼルターボや、安価な2リッターガソリンもあるため、25S Lパッケージの存在意義が薄い感があるのは否めない。

とはいえ現行のアテンザ ワゴンは、現時点でも色褪せていない魅力を持ったクルマなので、欲しいなら躊躇せず買っていいクルマである。また噂が出始めている次期型アテンザ ワゴンは直6エンジンを積むFR車で、プレミアムカーというキャラクターになって価格も上がると予想されているので、そういった意味でも現行のアテンザ ワゴンを買うという選択肢はアリだと言える。

クロスオーバーを追加したらもっと売れるかも?

最後に筆者が現行のアテンザ ワゴンに要望するなら、スバル レガシィアウトバックのような最低地上高を上げたクロスオーバーも欲しいことだろうか。

現行のアテンザ ワゴンはディーゼルエンジンや高性能な4WDといった武器も持っているだけに、クロスオーバーを加えればそれなりに売れる気がするのだが。

[筆者:永田 恵一/撮影・モータ編集部]

>>マツダ アテンザワゴン 実燃費レポート|コース概要[次ページへ続く]

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ アテンザワゴンの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アテンザワゴンのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アテンザワゴンの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アテンザワゴンの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アテンザワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる