トヨタ 86 実燃費レポート|エコカー並みの低燃費で「水平対向エンジンは燃費が悪い」は単なるウワサだった!?(1/5)

トヨタ 86 実燃費レポート結果まとめ

起用グレード

今回の燃費テストに持ち出したのは、今や絶滅危惧種となりつつある2リッタークラスで、フロントエンジン、リアドライブの2ドアクーペというレイアウトを持つトヨタ86だ。言うまでもなく、往年の名車であるAE86型カローラレビン/スプリンタートレノから名前を受け継いだ同車は、2012年のデビューから6年が経過した現在でも多くのファンを持ち、続々と新たなアフターパーツが開発されているだけでなく、ワンメイクレースも年々盛り上がりを見せている人気車種だ。

そんな86はトヨタとスバルが共同で開発を進めた車種であり、スバルからは兄弟車としてBRZがリリースされている。その心臓部に配されたのは、スバルのアイデンティティでもある水平対向エンジンにトヨタの直噴技術D-4Sを組み合わせた4気筒の2リッターエンジン。カタログ値で200PSを発生(MT車は207PS)するそのエンジンは、NAらしく7000rpmオーバーまでストレスなく回るエンジンに仕上がっている。

>>トヨタ 86 GT"Limited"の内外装デザインを画像で見る(69枚)

燃費テスト概要

今回のテストに使用した86は、2016年8月にマイナーチェンジを受けた”KOUKI(後期)”モデルだ。

スポーツカーらしいピュアレッドのボディカラーと、トラディショナルな雰囲気すら漂うタン&ブラックの内装を持った「GT“Limited”」グレードのAT車。せっかくのスポーツカーだからMT車が個人的にはよかったのだが、MT車は乗り方によって大きく燃費が変わってしまう可能性が高いため、AT車となった。

今回の車両には、ナビやETCなど以外の走行性能に関わるメーカーオプションとしてSACHS(ザックス)社製のショックアブソーバー(税込54,000円)が装着されていた。

なお、今回の燃費測定は2018年7月25日に行い、天候は海ほたる周辺でゲリラ豪雨に見舞われた以外は晴れという条件で、車両の温度計は37℃を指すほどの酷暑だった。朝10時ごろに青山にあるオートックワン編集部を出発し、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行し、16時ごろに再びオートックワン編集部へ戻るルートを選択した。

燃費の数値は総合燃費以外車両の燃費計を使用している。エアコンは24度設定のフルオートで、AT車に備わる走行制御モードスイッチは全てノーマルとし、全行程でパドルシフトを使ったマニュアルモードは使用しないでDレンジでの走行とした。

乗車人数はドライバー1名(体重80kg)で行った。

トヨタ 86の実燃費は14.4km/L

トヨタ 86 実燃費レポート結果まとめ
車種名トヨタ 86 GT"Limited" 6AT

パワートレイン

2リッター水平対向4気筒直噴DOHCエンジン

駆動方式

FR(後輪駆動方式)

JC08モード燃費

12.4km/L

実燃費:平均

14.4Km/L

実燃費:市街地

10.4Km/L

実燃費:郊外路

15.1Km/L

実燃費:高速道路

19.2Km/L

結論から言うと、トータルで159.5kmを走行し、各セクションの燃費を合計してはじき出された数値は、カタログ燃費の12.4km/L(JC08モード)を大きく超える14.4km/Lとなった。

高速道路や郊外路で燃費が稼げることは想定内だったが、特に高速道路での燃費の良さには目を見張るものがあった。詳細はこのあとの項目で記載するが、MT車よりも、よりハイギヤードなギヤ比が功を奏したと言えるだろう。

最近のクルマでは標準装備となることが多いアイドリングストップは86には備わっていないが、運転状況に合わせて燃焼室に直接燃料を噴射する筒内直接噴射と、吸気ポートに噴射するポート噴射を適切に制御する専用のツインインジェクターを備えた「D-4S」が低燃費に貢献したのかもしれない。

ともかく、一部で噂されていた「水平対向エンジンは燃費が悪い」というのは都市伝説であったと言えそうだ。

それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

>>トヨタ 86 実燃費レポート|市街地・街乗り編(次のページ)

1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる