autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート VW 新型ポロ燃費レポート|スタイル良し、燃費良し、走り良しのドイツ産コンパクトカーが攻めてきた! 2ページ目

燃費レポート 2018/4/27 18:46

VW 新型ポロ燃費レポート|スタイル良し、燃費良し、走り良しのドイツ産コンパクトカーが攻めてきた!(2/6)

フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)
フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)[ボディカラー:エナジェティックオレンジメタリック]フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン) インテリア・インパネ回りフォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)に搭載される新開発1リッター3気筒ターボTSIエンジン画像ギャラリーはこちら

VW 新型ポロ実燃費レポート|市街地・街乗り編

VW 新型ポロ 市街地での実燃費:14.6km/L

VW 新型ポロ実燃費レポート|市街地・街乗り編
車種名実燃費パワートレイン
VW ポロ

2018年4月フルモデルチェンジ

14.6km/L1.0Lガソリンターボ/2WD
スズキ スイフト

2017年3月計測

17.0km/L1.0Lガソリンターボ/2WD
トヨタ パッソ

2016年6月計測

18.0km/L1.0Lガソリン/2WD
トヨタ アクア

2017年6月計測

27.0km/L1.5Lハイブリッド/2WD

新型ポロの市街地での実燃費は14.6km/Lと、冒頭に書いたように同クラスの日本車に対し10%から20%近く劣る結果となった。市街地での燃費が振るわなかった原因は、ポロは車重が1160kgと、日本車勢に対し100kg程度重いことがストップ&ゴーの多い市街地では不利になったと考えられる。

フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)[ボディカラー:エナジェティックオレンジメタリック]

新型ポロはトランスミッションがDSG(デュアルクラッチの2ペダル)で、ATやCVTが使うトルクコンバーターを使っていない。そのため、スタート時にはトルクコンバーターのロックアップ(直結状態)解除によるトルクの増幅作用はないが、発進直後の1000回転あたりからトルクが太いので運転しやすい。なおシフトアップは、1700回転前後の低いエンジン回転域でスムースに行われる。

しかし少し気になるのは、新型ポロのDSGは乾式クラッチであるため、アイドリングストップ中に急いで発進した時や、駐車のために車をゆっくり動かしたい時のクラッチのつながりに、若干ギクシャク感やタイムラグが時折あることだ。このあたりは各々で許容できる範囲や使い方も違うので、ディーラーでの試乗で入念に確認した方がいいだろう。

アイドリングストップは停止前からエンジンを停止するタイプ。アイドリングストップの再始動は素早く、セルモーターの音が気にならないのは申し分ない。しかし、一時停止や止まりそうで止まらない渋滞、もしくは停止寸前のブレーキの踏み方の調整をする際に、不必要なアイドリングストップが度々発生するのは不満に感じた。

テストした日のような気候だと、多少でもエアコンを使っているとアイドリングストップしないことが多く、アイドリングストップしても停止中再始動してしまうこともしばしばあった。

3気筒エンジンはその特性から振動が気になることが多いが、新型ポロのアイドリング中の振動は3気筒か4気筒か分からないほど少ないのは高く評価できる。

テストに使った最上級グレードには、停止まで対応する先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール(以下ACC)が標準装備となっている。

ACCを市街地で使ってみると、加速や先行車への追従はスムースで申し分ないのだが、減速側はブレーキを掛けるタイミングが遅い傾向でやや怖さも感じた。ACCはあくまでもアシストと考えた方がいいだろう。とはいえ特に渋滞中は非常に有難い装備なのは事実なので、ACCがオプションとなる中間グレードのコンフォートラインを選ぶ際には装着を強く勧めたい。ちなみにブレーキホールド機能は搭載されない。

※メーカーでは市街地でのACC使用は推奨していない

その他市街地でポロに乗って気づいたこと

・コンパクトカーで1750mmという全幅には大きさを感じなくもないが取り回しに問題はない

・ボディサイズに関しては、キャビンが広くなったと考えればギリギリ許容できる範囲だと感じた。

・VWの純正カーナビは操作が日本車的で使いやすい

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン ポロ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR