autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】

燃費レポート 2016/6/24 16:07

軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】(1/5)

軽自動車の技術を取り入れた「トヨタ パッソ」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】

フルモデルチェンジを受け、販売好調な新型パッソ

トヨタ 新型パッソ

「トヨタ パッソ」と「ダイハツ ブーン」は、ダイハツが長年生産していたシャレード、その後継車となるダイハツ ストーリアとトヨタ デュエットの流れを引き継ぐコンパクトカーである。

2016年4月、約6年ぶりのフルモデルチェンジで3代目となった新型「パッソ&ブーン」。

2代目までのパッソ&ブーンは、商品企画やマーケティングをトヨタが担当し、開発や生産をダイハツが担当するという、トヨタグループで言えば「トヨタ 86」と「スバル BRZ」の関係に近い共同開発で産まれたモデルであったが、新型は共同開発ではなく、商品企画、開発、生産のすべてをダイハツが行っており、トヨタで販売されるパッソはいわゆるダイハツの「OEM車」である。

なお、新型パッソは4月の発売から約1ヶ月で月間販売目標の5,000台の3倍以上となる約1万6,500台の受注を集めるという、好調な販売を記録している。

プラットフォーム見直しでさらなる軽量化が施されている

トヨタ 新型パッソ

新型パッソ&ブーンでは、ダイハツが軽乗用車で蓄積してきた低燃費技術イーステクノロジーや広い室内を確保するノウハウ、コスト低減といった軽乗用車の技術をコンパクトカーへと盛り込んだことが特徴になっている。

技術的には、まず車の土台となるプラットフォームが先代モデルから大幅に改良を施された。パッソ&ブーンは先代モデルも初代のプラットフォームの改良版であったため、初代から同じプラットフォームを使い続けていることになるが、新型ではさらにボディそのものも見直し、フロントフェンダーやバックドアといった外板パーツ、燃料タンクの樹脂化などによって衝突安全性を強化しながらも先代と同じ重量となる910kgをキープしている点が大きな特徴だ。

エンジンは初代から使い続けている1リッター3気筒モデルのみの設定で、先代で存在していた1.3リッター4気筒モデルは廃止となった。1リッター3気筒エンジン(最高出力69馬力、最大トルク9.4kgm)は現行モデルで燃料を吹くインジェクター、空気が通る吸気ポートのデュアル化、12.5という圧縮比の向上、2014年に行われた先代のマイナーチェンジ後と同様に9km/hからエンジンを停止するアイドリングストップの採用、空気抵抗の低減などによりカタログに載るJC08モード燃費はモーターを一切使わないガソリンエンジン搭載車としてはトップとなる28.0km/L(※FF車)を実現。トランスミッションは全グレードがCVTと組み合わされている。

トヨタ 新型パッソ

さらに、近年関心が急速に高まっている自立自動ブレーキも、ムーヴ、タント、ウェイクといったダイハツの軽乗用車と同じく、対車両の緊急ブレーキ機能や車両と歩行者の衝突警報機能、車線逸脱警報機能などを持つ「スマートアシストII」が幅広いグレードに標準装備される。

ちなみに、国が行う自立自動ブレーキのテストでスマートアシストIIの成績を確認すると、対車両を想定したテストで30km/hからも停止できず、パッソ&ブーンも大きな期待は持てないのは残念なところであるが・・・。

グレード体系は、パッソ&ブーンともに標準モデルに加えてパッソではモーダ、ブーンではシルクの名前で軽自動車のカスタム系グレードのような内外装を持つモデルも設定される。

今回の燃費テストでは、「トヨタ パッソ」の標準モデルの最上級グレードとなる「X“Gパッケージ”(FF)」を起用(144万7,200円、JC08モード燃費28.0km/L)。

テストは6月14日(火)の朝6時に開始し、午後1時半頃に帰京するというスケジュールで実施。

天候は梅雨の晴れ間の晴れのち曇り、テスト中の最高気温は25度程度だった上、湿度も高めでエアコンによる負担はそれなりに大きかった。交通状況は平均的な流れであった。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

トヨタ パッソ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21