ここまで遊んじゃう!? ダイハツのコンセプトカーがノリノリで楽し過ぎる【幻の東京オートサロン2021】

画像ギャラリーはこちら
ダイハツは2020年12月25日(金)、「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」を開設し、2021年1月15日(金)公開の「バーチャルオートサロン2021」に出展するコンセプトカー(カスタマイズカー)5台を公開した。本来なら東京オートサロン2021会場(幕張メッセ)で観ることが出来たはずの5台だが、その完成度の高さと楽しさが群を抜いていた! リアルで観れないのが悔し過ぎる、ダイハツのノリノリな5台をご紹介!

ダイハツのバーチャルオートサロン出展車とそのベース車の違いを写真で見比べてみる![画像30枚]

目次[開く][閉じる]
  1. “リアル”な東京オートサロン2021は中止だけど
  2. ハイゼット誕生60周年を記念した2台の軽トラが登場
  3. タフトやコペン、トールもここまでカスタムしちゃう!

“リアル”な東京オートサロン2021は中止だけど

バーチャルオートサロン2021は予定通り開催!

2020年12月23日(水)、カスタムカーの祭典「東京オートサロン2021」(2021年1月15日~17日予定)の開催中止が正式に発表された。クルマ好きにとって年明け1月早々の恒例行事となっていた大規模イベントだっただけに、SNS上などでは一斉に落胆の声が上がっていた。

いっぽうで、オンラインイベント「バーチャルオートサロン2021」が開催される。2020年12月25日段階ではまだその詳細は明らかにされていないものの、国内主要自動車メーカーなどの出展も予定されているようだ。

そんな中、トップバッターとして、ダイハツ工業(ダイハツ)が、バーチャルオートサロン2021の展示概要を発表した。ダイハツは例年楽しいコンセプトカーを出展するメーカー。前回2020年1月の東京オートサロン2020では、ハイゼットトラックをDJブースとした「ハイゼット トラック DJ Ver.」を出展し来場者の度肝を抜いていたが、今回もそんなノリの良さは天下一品だ!

ハイゼット誕生60周年を記念した2台の軽トラが登場

ハイゼット ジャンボ キャンパー Ver.のモチーフは2代目ハイゼット!

とぼけたな顔がなんとも素朴でかわいらしい。軽トラのハイゼット ジャンボをベースにしたコンセプトカー「ハイゼット ジャンボ キャンパー Ver.」だ。「ゆるキャン△」を地でいくようなデザインに、思わずほっこりさせられる。

詳細は明らかにされていないものの、荷台にはテントのような造作があり、アウトドアで楽しめる仕様となっている模様。

しかもこの顔にピンと来たマニアもいることだろう。実はこのデザイン、1964年登場の2代目ハイゼットキャブをオマージュしたものなのだ。2020年は、1960年11月の初代ハイゼット登場からちょうど60周年。そんな歴史も振り返ることが出来る1台となっている。

「ラグナ青果」って一体!? レーシー過ぎるハイゼット スポルツァ Ver.

キャンパー Ver.とは一転して、もう1台は飛び切りレーシーなハイゼット「ハイゼット ジャンボ スポルツァ Ver. 」だ。軽トラとレーシングカーの組み合わせという猛烈な違和感がたまらない。その着想がまた面白く、背の低い木が並ぶ果樹園の敷地内で使われる“屋根を切った”軽トラックからイメージを膨らませたそう。

ところでラグナ青果って何!? 公式発表はないが、アメリカ・モントレーのサーキット「ラグナ・セカ レースウェイ」のパロディなのは間違いなさそうだ(笑)。

タフトやコペン、トールもここまでカスタムしちゃう!

タフト クロスフィールド Ver.

これはもう文句なしの格好良さ! 「タフト クロスフィールド Ver.」は、オフロード志向を高めたカスタムカーだ。このまま売って欲しい! と感じる方も多いだろう。ここまで完成度の高いカスタムをサラッと出してくるのがダイハツの凄いところ。

ショー限定の一品モノではなく、ちょっとばかり高くてもいいから“サラッと”市販してみるのはいかがだろうか。

コペン スパイダー Ver.

ハイゼット ジャンボ スポルツァ Ver. はちょっとおふざけが過ぎていた(!?)が、正統派のスポーツカー「コペン スパイダー Ver.」もしっかり用意されている。1960年代のレーシングカーをほうふつとさせるデザインだから、ゴーグルとヘルメットの当時風ファッションでキメて走ってみたい、素敵な1台だ。

トール プレミアム Ver. with D-SPORT

そうそう、こういう車高短(シャコタン)ツライチな雰囲気も東京オートサロンならでは。「トール プレミアム Ver. with D-SPORT」も、ある意味正統派のカスタムスタイルだ。D-SPORTとは、ダイハツ車のトータルチューニングブランドの名称。軽スポーツモデルをはじめ、もちろんトール用にもカスタマイズパーツを用意する。トール プレミアム Ver.はそうしたD-SPORTブランドの集大成といえるだろう。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円225万円
ダイハツ/トール
ダイハツ トールカタログを見る
新車価格:
155.7万円209万円
中古価格:
89.2万円255.6万円
ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円257.9万円
中古価格:
15.8万円398万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる