惜しまれつつ消え去った本格軽クロカン「パジェロミニ」 復活はあるのか?!

王者ジムニーを脅かした三菱 パジェロミニ

2018年に登場し、話題となった新型モデルの1つにスズキ ジムニーがあるが、発売から1年が経とうとする今となっても、納車まで1年かかると言われる人気を維持している。

このように書くと巷に溢れている“ジムニー絶好調!”という記事になってしまいそうだが、今回は少し視点を変えて、かつて王者ジムニーの牙城を脅かす存在だった、三菱 パジェロミニ(以下パジェロミニ)についてお話していこうと思う。

>>22年の歴史! 歴代のパジェロミニの内装・外装を画像で見る

当時の軽自動車としてはかなり贅沢で高性能なつくり

パジェロミニは、1994年、当時売れに売れていたパジェロの弟分としてデビュー。パジェロ譲りのクロカンらしいデザインと、軽自動車らしいかわいらしさを持った丸めヘッドライトを備え、一時は軽クロカン王者であるジムニーをしのぐほどの人気を誇っていた人気モデルだ。

上級グレードに搭載されるエンジンは、1気筒あたり5本の吸排気バルブを持つ、直列4気筒DOHC 20バルブターボがあり、当時の軽自動車としてはもっとも高性能なエンジンを選ぶことができた。

クロカン車に求められる堅牢性で言えば、モノコックボディにラダーフレームを入れ込んだ“ビルトインラダーフレーム”を採用。かなり本格的な悪路走行を可能にしながらも、舗装路でのタウンユースも犠牲にしない贅沢な作りとなっていた。

イマの流行に乗れば新型パジェロミニも売れる…かも!?

昨今、売れているのは、ミニバン、SUV、軽自動車というジャンルであることを考えると、新型ジムニーが大ヒットしているのも合点がいく。となれば、パジェロミニの復活を待ち望んでいるユーザーも少なくないはずだ。

SUVブーム、軽自動車ブーム、そしてジムニーの大ヒットを見れば、兄貴分であるパジェロが撤退してしまったこのタイミングは、話題性という要素も加わって十分に勝機があるかもしれない。

一部では、日産 デイズや三菱 ekワゴンのプラットフォームをベースにした、新型パジェロミニのうわさが出始めているのも事実だ。

では、このブームに乗って、新型パジェロミニが復活するのかと言うと、筆者の個人的な見解としてはいささか疑問が残る。

そう考えざるを得ない理由としてあげられる点はいくつかあるのだが、まず言えることがekクロスの存在だ。

ekクロスは、新型デリカD:5譲りのダイナミックシールドを採用した大胆なフェイスデザインだけでなく、三菱の本気がうかがえる作りこみで、各方面から高い評価を受けている。

今もし新型パジェロミニが、ekワゴンのプラットフォームをベースに復活したとすると、キャラクターとしては非常に住み分けが難しく、せっかく評価の高いekクロスの需要を喰ってしまう恐れがあるのだ。

そして、もう一つの懸念点は、ジムニーがなぜここまでの人気を獲得したのかという点にある。

ジムニーがヒットした理由は、昨今の流行に後押しされたことだけではない。ジムニーには永年の歴史で培ってきた“軽自動車でも本格クロスカントリー四駆”というブランド力と、それを実証する唯一無二の走行性能があるからだ。

つまり、あくまで乗用車であるekワゴンのプラットフォームをベースに作ったとしても、ジムニーのような“本格派”というイメージを持たれ難い。また、いくらジムニーが人気とは言え、乗用車タイプの軽自動車ほどの販売台数は望めない。

そうなると、今の三菱に高い開発費をかけて、かつてのパジェロミニと同等の本格的な装備を持った新型を開発するだけの体力はないだろうし、そんな大博打を打つことも難しいだろう。

名門4WDメーカーとしてパジェロミニの復活はカギになる

三菱はパジェロの存在によって、4WD車の名門メーカーという地位を獲得し、最盛期には国内4位のメーカーにまで成長した。

そんな三菱の一時代を築いたパジェロが撤退したことは、特別な三菱ファンではない方でも、一抹のさみしさを感じるのではないだろうか。

今回取り上げたパジェロミニも、4WDの三菱というブランドをよく表現していたモデルだけに、もし開発費を掛けることができるのなら、新型パジェロミニをぜひ復活させてもらいたいと思うのは筆者だけではないはずだ。

[筆者:増田 真吾]

この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 パジェロミニの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 パジェロミニのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 パジェロミニの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 パジェロミニの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 パジェロミニのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる