“最後のランエボ”エンジン出力向上でWRXを超えるか!?「ランエボ ファイナルエディション」(1/2)

  • 筆者: マリオ 高野
  • カメラマン:マリオ高野・三菱自動車工業株式会社
“最後のランエボ”エンジン出力向上でWRXを超えるか!?「ランエボ ファイナルエディション」
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 画像ギャラリーはこちら

真正面から競い合ったランエボとWRX・・・23年間に渡るランエボの歴史に幕が

4月10日より、ランサーエボリューションXの特別仕様車「ランサーエボリューション・ファイナルエディション」の先行予約の受付が開始されました。

三菱 ランサーエボリューションI

ランサーエボリューション(以下ランエボ)といえば、WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーションモデルとして92年に初代モデルが発売されて以来、23年間にわたり世界でもトップクラスの高性能セダンとしてその名を轟かせた名車です。

三菱 ランサーエボリューションVI トミーマキネンエディション

1996~1999年にはトミー・マキネンが4年連続でWRCのドライバーズチャンピオンを獲得!1998年には三菱に初のWRCマニュファクチャラーズチャンピオンをもたらしました!

特にスバル・インプレッサ WRXとは強烈なライバル関係にあり、WRCではもちろん、国内ラリーや市販車でも成績や性能面で互いに一歩も譲ることなくしのぎを削ってきたことは、今も記憶に新しいところです。

90年代の後半から2000年代にかけてはランエボもインプレッサも毎年のようにニューモデルを投入し、その度にライバルよりもサーキットのラップタイムやエンジントルクで上回るなど、熾烈な性能向上合戦が繰り広げられたことが思い出されます。

WRXとランエボは、日本車の歴史上、もっとも激しく長期間にわたって真正面から競い合ったライバル関係にありました。

クルマメディアでは常に両者をガチで比較し「どっちが速い?」「どっちが乗ってて楽しい?」などを検証。オーナーはもちろん、多くのクルマ好きの間で「WRX派」と「エボ派」に分かれて日夜熱い議論を展開したものです。

持ちつ持たれつの間柄、ある意味一心同体であった「ランエボ」と「インプレッサ WRX」

スバル インプレッサWRXとマリオ高野氏

初代インプレッサWRXのオーナーである自分にとって、かつてのランエボは不倶戴天の敵でした。

90年代当時は、道路上でランエボと遭遇すると「敵機発見セリ!」といわんばかりで臨戦態勢をとり、「エボにだけは絶対に負けられない!」と果敢に勝負を挑まずにはいられないほど強烈に意識していたのです。

(バトルの結果は、クルマの性能ではなくドライバーの資質による部分で連戦連敗と相成りましたが……涙)。

バトルにはいたらずとも、信号待ちなどでWRXとランエボが横に並ぶとドライバー同士はメンチを切り合い(ガンを飛ばす)、激しく火花を散らしたものでありますが、それも今や昔の話。

両者ともWRCから撤退し、ラリーアートという看板さえもなくなってしまってからは、ライバル視から仲間意識へ変わりました。

個人的には「戦友」だと思っております。

今では街でランエボを見かけると手を振って挨拶したり、ドライバーに握手を求めたくなるほど親近感を抱いておりますが、かつてのライバルの引退に寂しさを禁じ得ず、ランエボオーナーたちの嘆きや悲しみを思うと言葉もありません。スバリストはWRXというクルマもSTIというブランドも健在であるという恵まれた幸福に感謝しなければならないでしょう。

WRXもランエボも、もしこの世にどちらかしか存在しなかったら、これほどまでに互いの性能が向上することはなく、クルマ好きの記憶に残ることもなかったはずです。WRXとランエボは持ちつ持たれつ、ある意味一心同体といっても過言ではない間柄にあったといえるのではないでしょうか。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
マリオ 高野
筆者マリオ 高野

1973年大阪生まれ。免許取得後にクルマの楽しさに目覚め、ヴィヴィオとインプレッサWRXを立て続けに新車で購入。弱冠ハタチでクルマローン地獄に陥るも、クルマへの愛情や関心は深まるばかりとなり、ホンダの新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、ダイハツ期間工(アンダーボディ組立て)などを経験。2001年に自動車雑誌の編集部員を目指し上京。新車情報誌やアメ車雑誌の編集部員を経てフリーライターとなる。編集プロダクション「フォッケウルフ」での階級は「二等兵」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 ランサーエボリューションの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ランサーエボリューションのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ランサーエボリューションの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ランサーエボリューションの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ランサーエボリューションのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる