ランエボ ファイナルエディション 試乗レポート ~“最後のランエボ”の実力を試す!~(1/5)

ランエボ ファイナルエディション 試乗レポート ~“最後のランエボ”の実力を試す!~
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 画像ギャラリーはこちら

“最後のランエボ”をミニサーキットで試乗!

三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディションと国沢光宏氏

ランエボことランサーエボリューションの最終モデル『ファイナルエディション(ベースはランエボX)』が登場した。文字通り最後のランエボである。

今や国際ラリーを見ても、ランエボのサイズは活躍の場なし。競技車両のベース、もはやミラージュクラスです。

少し大げさな表現になるけれど、下を見て今後20年はランエボ級スポーツモデルのニーズはないと思う。

このファイナルエディション(限定1,000台)は、ほぼ完売状態だと言うものの、改めてミニサーキットで試乗会を行い披露したいという三菱自動車の意気込み、大いに評価したい。

だとしたら存分に楽しませて頂きます!

三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション三菱 ランサーエボリューションX ファイナルエディション
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション

ヘルメット被ってコースイン。

最初の1ラップだけ様子を見て(1周目にコースアウトするとナニを言われるか解ったモンじゃないです)、そこから全開でございます!

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 ランサーエボリューションの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ランサーエボリューションのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ランサーエボリューションの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ランサーエボリューションの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ランサーエボリューションのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる