【解説】BMW 新型ミニクーパー F56(3代目) 新型車解説(1/2)

  • 筆者: 松下 宏
  • カメラマン:ビー・エム・ダブリュー株式会社
【解説】BMW 新型ミニクーパー F56(3代目) 新型車解説
BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)走行イメージ1 BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)走行イメージ2 BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)走行イメージ3 BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)LEDヘッドライト 画像ギャラリーはこちら

エクステリアはキープコンセプトながら、その中身はガラリと変わった3代目 新型「ミニ」!

BMW 新型ミニクーパー・ミニクーパーS(F56・3代目)

BMW傘下に入ってから3代目となる新型「ミニ(F56)」が、2014年4月12日にいよいよ発売される。

ミニといえば3ドアの「ハッチバック」や4ドアの「クラブマン」、オープンの「ロードスター」など多様なボディタイプが存在するが、まず最初に発売されるのはスタンダードなハッチバックだ。

振り返ってみれば、2001年にBMW初のミニ(ハッチバック)がデビューした後、次々と新たなボディタイプが追加され、昨年デビューしたペースマンで8種類もの豊富なラインナップを取り揃えるクルマへと成長していた。

3代目新型ミニについても、今後はハッチバックのみならず様々なボディタイプの新型ミニが投入されていくことになるであろう。

ラインナップは、3気筒1.5リッターの「クーパー」と4気筒2リッターの「クーパーS」の2グレード

BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)フロントイメージBMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)COOPER SロゴBMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)エクステリアイメージ4BMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)COOPERロゴ

日本で発売される新型ミニのグレードは「クーパー」と「クーパーS」の2種類。価格は「クーパー」が266万円(MT)/280万円(AT)、「クーパーS」が318万円(MT)/332万円(AT)。VWゴルフやアウディA1、ボルボV40、シトロエンDS4などと競合する価格帯だ。

新型ミニに搭載されているエンジンは、いずれも新開発の直3ターボもしくは直4ターボの2機種。

グレードによって搭載エンジンが変わり、「クーパー」が直列3気筒1.5リッターエンジンを搭載、「クーパーS」は直噴4気筒2リッターエンジンを搭載している。

動力性能については、「クーパー」の1.5リッター直3ターボが100kw(136ps)/4,400rpm、220N・m/1,250rpm、「クーパーS」の2リッター直4ターボは141kw(192ps)/5,000rpm、280N・m/1,250rpmのパワーとトルクを発生させる。

 いずれも従来のモデルに比べて動力性能と燃費を向上させている最新のエンジンである。

新型ミニでは新たに「LEDヘッドライト」を採用

BMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)エクステリアイメージ1BMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)エクステリアイメージ2

新型ミニの外観デザインは、すでに当記事の画像をご覧頂ければお分かりの通り、本来ミニが持っているアイコン部分はしっかりと継承されている。

フロント回りのデザインは、ミニが伝統的に採用している丸型ヘッドライトや六角形グリル、クロームパーツなどをしっかり継承しつつも、現代的な洗練が加えられている。初代ミニに対するオマージュが感じられるデザインで、ひと目でミニと分かると同時に、現代的なアップデートが加えられたデザインである。

注目は、3代目ミニとなって新たに加えられた最新技術に基づく「LEDヘッドライト」。LEDが丸型に発光することで、夜間におけるミニの新しいアイコンが表現されている。

短い前後のオーバーハングなど、全体としてはいかにもミニらしくありながら、なだらかに下がるルーフラインや傾斜が強められたバックガラスなど、スポーティさや軽快感を感じさせる部分も備えられている。

大型化されたリヤコンビネーションランプも、ミニの個性が強調されている。

BMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)フロントイメージBMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)リアイメージBMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)フロントグリルBMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)マフラーBMW 新型ミニクーパー(F56・3代目)アルミホイール&タイヤ
BMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)フロントフェイスBMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)リアイメージBMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)LEDヘッドライトBMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)マフラーBMW 新型ミニクーパーS(F56・3代目)
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
松下 宏
筆者松下 宏

自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ミニ ミニの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニ ミニのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニ ミニの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニ ミニの記事一覧 ミニのニュース一覧 ミニ ミニのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる