【CX-5vsRAV4】アウトドアユーザーに向けた両モデルのパッケージングや走行面を徹底比較! SUVとして高い実力をつけたCX-5はRAV4にどう立ち向かう?

画像ギャラリーはこちら
マツダの旗艦車種であるCX-5に新たに設定されたフィールドジャーニー。SUVらしさを高め、アウトドアライフを楽しみたい人向けに用意された新グレードだ。このモデルの強力なライバルとなりそうなのが、同じくシティ派からオフローダー寄りに大胆な路線変更を果たしたトヨタ RAV4だ。今回は両モデルのパッケージングや走行面での違いについて紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. CX-5より長い全長を生かして荷室の奥行きを広げたRAV4
  2. リアシートの使い勝手は長尺物を積み込めるCX-5に軍配
  3. トヨタ RAV4は走行状況に応じて、マツダ CX-5はハンドル操作に応じてトルクを制御するシステムを搭載

CX-5より長い全長を生かして荷室の奥行きを広げたRAV4

前回はマツダ CX-5 フィールドジャーニーとトヨタ RAV4のサイズや外観、インテリアについて紹介したが、パッケージングにおいても両車では考え方の違いがみられる。

前後席間距離はややCX-5が広い印象で、RAV4も不満のない後席のニースペースは確保されているが、いくぶんCX-5よりも長い全長を、さらに荷室の奥行きを広くするためにあてたようにことが見て取れる。

荷室容量は最大でRAV4が580リットル、CX-5は505リットルで、寸法としては奥行きも横幅も全体としてはやはりRAV4のほうが広いように見えるが、どちらも十分すぎるほどの広さが確保されていることには違いない。ゴルフバッグはどちらも4個まで積載可能としているが、余裕をもって積めそうだ。

リアシートの使い勝手は長尺物を積み込めるCX-5に軍配

リアシートは、RAV4が4:6の2分割であるのに対し、CX-5は4:2:4の3分割可倒式となっているおかげで、真ん中だけ倒してスキーのような長尺物を積んで4名の成人がゆったりと座ることもできる。これができることが重宝するシチュエーションもあるだろう。

また荷室フロア下の容量の大きなサブトランクに加え、前後2分割式のラゲッジボードには防水加工が施されていて、上下2段階に設定できる点もRAV4・CX-5(フィールドジャーニーのみ)で共通する。

上段にセットするとテールゲート開口下端との段差がなくなり、さらにリアシートの背もたれを倒すとどちらもほぼフロアがフラットになる。この点が従来のCX-5はイマイチだったところ、最新版は非常によい形でできるようになり、水平さではRAV4をしのぐ。車中泊したい人にもバッチリだ。

かたやRAV4のハイブリッドとPHVは、AC100V 1500Wの電源コンセントが装備されている点は、さすがはトヨタ。他社にはなかなかないアドバンテージの光る部分だ。

トヨタ RAV4は走行状況に応じて、マツダ CX-5はハンドル操作に応じてトルクを制御するシステムを搭載

走りに関しては、パワートレインはどちらも2.0リッターのガソリンがあるが、組み合わされるのがATかCVTかという違いはある。さらに、CX-5はディーゼルが、RAV4は前出のとおりハイブリッドとPHVが選べるほか、3通りもの4WDシステムを用意しているのは、すでに多方面で報じられているとおりだ。

さらに、ベクタリングにおけるアプローチの違いも興味深い。RAV4の一部モデルは走行状況に応じて後輪のトルクを左右独立で制御する「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を、CX-5はハンドル操作に応じてトルクを制御し、タイヤの接地状態を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現するという「GVC Plus(=Gベクタリングコントロール)」を搭載しており、お互い独自の走りを実現している点も特筆できる。

悪路走破性についても、RAV4はMUD&SAND/NORMAL/ROCK&DIRTの3つのモードを備えたマルチテレインセレクトを搭載。かたやCX-5にも、既存のi-ACTIV AWDに加えて、直近の改良で追加されたフィールドジャーニーにのみオフロードモードが新設された点に注目だ。

同モードは既存のオフロード・トラクション・アシストが低速でのスタック状態からの脱出を目的としているのに対し、もっと高い車速域で悪路における走破性を高めることを念頭に置いたデバイスであり、どのように作動するのかは、今後テストドライブできる機会を待つことにしたい。

なお、RAV4も2021年12月の改良でアドベンチャーに待望のハイブリッドが設定されたことをお伝えしておこう。

このように、よりSUVとして高い実力を身につけたCX-5の最新版が、RAV4をはじめなみいるライバルたちに対してどのようにわたりあっていくのだろうか楽しみにしつつ、2022年の各車の動向に注目したい。

【筆者:岡本 幸一郎】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
63.8万円404.4万円
トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
277.4万円410.6万円
中古価格:
38万円543.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる