MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 マツダ、新開発「SKYACTIV-G 2.5T」を採用した2代目「CX-9」を世界初公開

新型車リリース速報 2015/11/24 13:17

マツダ、新開発「SKYACTIV-G 2.5T」を採用した2代目「CX-9」を世界初公開

関連: マツダ Text:
マツダ、新開発「SKYACTIV-G 2.5T」を採用した2代目「CX-9」を世界初公開

マツダは、11月18日(日本時間11月19日未明)、アメリカ ロサンゼルスで開幕したLAオートショー2015にて、同社SUVモデルの最上位にあたる『CX-9』を世界初公開した。

マツダ CX-9
マツダ CX-9マツダ CX-9

2代目となる新型『CX-9』は、パワートレインに、新開発の「SKYACTIV-G 2.5T」を採用。これまでSKYACTIV-Gでは、2.5リッター、2リッター、1.5リッター、1.3リッターの自然吸気モデルのみだったが、今回新たに2.5リッターターボが追加された。

初代の3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンからダウンサイジングした2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力250hp/5000rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmを発生、車両重量を初代モデルから最大約130kg軽量化した効果もあり、優れたパフォーマンスと燃費性能を両立させている。

ボディサイズは、5065×1969×1716mm(全長x全幅x全高)で、エクステリアデザインでは、「CX-3」や「CX-5」よりもシンプルな面構成となる。公開されたモデルのボディカラーは新色の「マシングレー」。

インテリアデザインは、プレミアム性が大幅に向上。ドアパネルやシフトゲートまわりにはウッド素材が採用レザーにも、高級感のあるナッパレザーが用いられている。

マツダ CX-9
マツダ CX-9

マツダ株式会社 小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOは、「マツダはミッドサイズSUVセグメントへの新型CX-9の投入により、新世代商品のラインナップ強化を図り、北米における継続的な成長と更なる飛躍を目指してまいります。今後もマツダは、商品ラインナップ全体の進化に挑戦を続けていくとともに、マツダブランドのより一層の魅力向上に努め、お客さまとの特別な関係、強い絆を築いていきます。」とコメントしている。

新型CX-9は、来春より北米市場から導入を開始。グローバルで約5万台の販売台数を目標としている。日本導入は今のところ未定。

マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9
マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9
マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9マツダ CX-9

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ の関連編集記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR