マツダ CX-8は全6つもUSBポートを完備! しかもUSBケーブルが断線しない工夫も素晴らしかった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今や付いていて当たり前となりつつあるUSBポート。スマホにタブレット、さらにはゲーム機など充電しなければならないアイテムが欠かせない状況なだけに、嬉しい装備である。じつは3列シートSUVでもっとも売れているマツダ CX-8は全部で6つのUSBポートを備えているのだった。今回はその全貌をご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. CX-8は豊富なラインアップが人気の理由
  2. 断線を防ぐアームレスト構造に注目! 1列目には2つのUSBポートを完備
  3. 2列目シートにも2つ装備! シートの種類で設置位置が異なる
  4. 3列目シートにも完備! しかも左右に1つずつ

CX-8は豊富なラインアップが人気の理由

マツダ CX-8はマツダを日本を代表する3列シートSUVである。グレード構成としては特別仕様車を除いて全4種類をラインアップしている。そしてエンジンラインアップも豊富でガソリンとガソリンターボ、そしてディーゼルターボと全3種類からなっている。ちなみに価格は299万4200円〜483万4500円だ。

>>【CX-8グレード比較】最上級グレードよりもLパッケージがオススメ! そのワケは2列目の快適性と使い勝手にアリ

断線を防ぐアームレスト構造に注目! 1列目には2つのUSBポートを完備

いずれのモデルも全6つのUSBポートを備えている。まずはフロントシートには、アームレスト内に2つ装備。さらに上級グレードのLパッケージとエクスクルーシブモードには、置くだけ充電(スマホ用ワイヤレス充電機能)も備えているのだ。

そして注目すべきはアームレストの構造にあり、CX-8の場合左右二分割構造となっており、USBケーブルの断線を防ぐ仕上がりとなっているのだ。

>>マツダ CX-5オーナーが激白、CX-8の羨ましいポイントとは!? その答えは内装にあった

2列目シートにも2つ装備! シートの種類で設置位置が異なる

そして2列目シートにも2つ備わり、設置位置はシートによって異なる。

ベンチシート仕様はアームレスト内に設置! 1列目同様に断線しない仕組み

3人掛けのベンチシートの場合、中央シートに設置されているアームレスト内に備わっているのだ。ちなみにこちらも断線を防ぐ構造となっているのは嬉しいポイントだ。

そして設置位置がアームレスト内にあることから、充電しながらリラックスした姿勢でスマホの操作ができる構造となっているのだ。ちなみにライバル車、例えばトヨタ ハリアーやRAV4はセンターコンソールの裏側に設置されており、足もとにUSBポートが設置されているイメージだ。そのため充電しながらスマホなどの操作をするには長いUSBケーブルが必要となるのだ。

その一方でメリットもあり、充電しながらも後席に3人座れるのは嬉しいポイントだ。ちなみにCX-8の場合、後席アームレスト内に備わるために、3人座った状態では使用できないのだった。

キャプテンシートはコンソール裏側! 最上級グレードは大型アームレスト内に

キャプテンシート仕様の場合は、ハリアーやRAV4と同様にセンターコンソール裏側に2つ設置されているのだ。

そして最上級グレード「エクスクルーシブモード」にのみ設定されている、大型アームレストが備わる豪華版の場合、アームレスト内に2つ設置されている。

>>マツダ 新型CX-8も2022年度に発売か!? オットマン付きの2列目シート搭載でSUV界のアルファードとなる

3列目シートにも完備! しかも左右に1つずつ

そして3列目シート用にもあり、左右それぞれに1つずつ備わっているのだ。まとめるとCX-8はフロント、2列目、そして3列目シートそれぞれにUSBポートが備わっている超優れものなのだった。

今回はCX-8のかなりマニアックな機能にフォーカスしてご紹介したが、これから購入するにはかなり嬉しい機能である。それだけに、これから購入を検討する方はこの記事を参考に車種選びをしてほしい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

マツダ/CX-8
マツダ CX-8カタログを見る
新車価格:
299.4万円510.9万円
中古価格:
197.1万円542.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-8の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-8のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-8の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-8の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる