マツダ 新型 アクセラハイブリッド[SKYACTIV-HYBRID] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

マツダ 新型 アクセラハイブリッド[SKYACTIV-HYBRID] 試乗レポート/渡辺陽一郎
マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック] マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック] マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック] マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック] 画像ギャラリーはこちら

アクセラハイブリッド専用のSKYACTIV-G 2.0リッターエンジン

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」

実際、今回のアクセラハイブリッドにはマツダ製の「スカイアクティブ2.0G」エンジンを使うものの、アクセラスポーツ「20S」が搭載する同型のエンジンとは中身が大きく異なる。ほかのエンジンは残留ガスの低減が可能な4-2-1排気だが、ハイブリッドは4-1排気。排気ガスの一部を吸気側に戻すクールドEGRも採用した。これによって圧縮比は1.5リッターと2リッターのガソリンエンジンが13なのに対して14まで高めている。

さらに、アクセラハイブリッドには専用の制御機能も加わるから、エンジンルーム内の補機類と配置も大幅に変えた。

この苦労はカタログデータからも分かる。アクセラハイブリッド専用2リッターエンジンの最高出力は99馬力(5200回転)、最大トルクは14.5kg-m(4000回転)とされ、回転数まで含めてプリウスが搭載する1.8リッターエンジンと数値を合わせた。となればエンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力も136馬力で等しい。

この理由を開発者に尋ねると「いろいろ試したが、結局、最も効率が高いこの数値に落ち着いた」と言う。つまりTHSIIはエンジンを含めて緻密なバランスの上に完成され、ハイブリッドのみを流用するなら、エンジンの性能までプリウスにキッチリと合わせる必要があった。

開発当初は想定外だったアクセラハイブリッド

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]試乗レポート 5

そしてアクセラのハイブリッド仕様は、最初から企画されていたモデルではない。スカイアクティブ2.0Gも、トヨタのハイブリッドと組み合わせることを視野に入れて開発されてはいない。トヨタも同様で、ハイブリッドだけを「別売り」することは想定外だったろう。いわば既存の完成された2つの料理を部分的に組み合わせて、まったく別の料理を作ることになった。

しかしマツダの新型アクセラの開発者は、完成されたTHSIIをひとつの素材に見立て、改めて腕を振るうことで「マツダの美味しい料理」に仕上げることを考えた。前述のデータが示すように、THSIIにエンジンの出力やトルクを合わせつつ、プリウスとは違うアクセラの、そしてマツダの運転感覚を目指した。「二重の苦労」にチャレンジしたわけだ。

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」

これは主にドライバーの受け取るフィーリングに集約される。プリウスのエンジンも静かだが、舗装がフラットでタイヤの転がる音が響かない道では、エンジンの始動と停止が感じられる。そこをアクセラハイブリッドでは、アイドリングストップを再始動する時の研究成果も生かし、エンジン停止時にピストンを止める位置、点火タイミングなどを煮詰めた。なので通常走行時には、エンジンの始動がほとんど分からない。

共通のハイブリッドシステムを積むプリウスをも上回る低燃費性能

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」

ブレーキも同様。プリウスでは減速時に軽くブレーキペダルを踏むと、ノーマルエンジン車に比べて若干強めの減速感があり、モーターが充電を開始したことが分かる。そこをアクセラではノーマルエンジン車のブレーキフィーリングに近付けた。

エンジンの始動やブレーキの回生など「システムの働き方が分かる方が、ハイブリッドを操っている感覚が強まって楽しい」という見方もあるが、マツダは自然なフィーリングを求めてプリウスとは違うアクセラのハイブリッドを造り上げた。走行の切り替えモードも異なり、モーター駆動のみで走れるEVドライブモードは備わるが、自然な運転感覚を重視してエコモードはあえて採用していない。そしてエンジンやタイヤなどの効率アップを図ることで、JC08モード燃費は30.8km/L。プリウスの売れ筋グレードは30.4km/Lだから、若干ではあるが、プリウスよりもアクセラハイブリッドの燃費性能が上まわる。ちなみにプリウス「L」グレードは32.6km/Lだが、このグレードはタイヤサイズが異なり、リアワイパーまで省いて軽量化とコスト低減を図った。売れ筋グレードで比べれば、誤差の範囲とはいえアクセラの数値が勝る。売れ行きを伸ばすための「営業判断」だが、「本家」をしのぐ数値を達成したのだから大したものだ。

こういった背景にある苦労を知ると、アクセラハイブリッドを手放しで褒めたくなってしまう。特にクルマ好きの読者諸兄には、こういった「不可能を可能にする開発」を知っていていただきたい。

ただしひとつの商品としては、前述の話はあくまでもメーカー側の事情にすぎず、ユーザーが感知することではない。試乗チェックもこの視点で行った。

[次ページへ続く]

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」 トランク・ラゲッジルームマツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」 インテリア・リアシートマツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」 インテリア・フロントシート(パーフォレーションレザー:オフホワイト)マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ アクセラの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アクセラのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アクセラの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アクセラの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アクセラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる