マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也(2/3)

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也
マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル) 画像ギャラリーはこちら

スポーティ一辺倒に、しなやかさと上質さをプラス

マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)マツダ アテンザ(2014年一部改良モデル)

それはともかくクルマを走らせる。その印象はスポーティさ一辺倒だったフィーリングにしなやかさと上質さが加わった。路面の段差ではあたりがやわらかく、それでいてしっかり感触も伝わる。この辺はかなりヨーロッパ車的なこなし方だ。それに高速コーナーでのリアサスの粘りにさらに余裕が出た気がする。コーナー外側に引き寄せられるGフォースの立ち上がりもピーキーではない。これは新開発されたリアサスの恩恵が大きい。ブッシュの設計変更はGフォース時のセンターを出した。これによりクルマはより安定したと考えられる。

もちろんそれでいてスポーティさも感じられる。今回から用意されたパドルシフトは反応がよくタッチのフィールもワルくない。コーナー手前の減速時には有効だ。一応記しておくと、右手がアップ、左手がダウンになる。

そしてそれに連結されるディーゼルユニットが、太いトルクでグイグイとクルマを前へ押しやる。あいかわらずの頼もしさに思わずニヤけてしまう瞬間だ。マツダはディーゼルエンジンの可能性を見事に引き出している数少ないメーカーだろう。ディーゼルがこれほどまでスポーティであることを再認識させられる。

個人的にうれしいのはステアリンググリップの素材変更だ。これまでピタッと貼ったビニールレザー的な手触りだったが、それがイマドキの高級レザーっぽいものにスイッチされた。ステアリンググリップはクルマとドライバーが接せられる数少ないパーツだけに、この進化は重要。単純な話、これだけでクラスが上がった。

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ アテンザの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アテンザのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アテンザの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アテンザの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アテンザのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる