autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 満を持して再登場した「レクサス 新型ES」の魅力を写真でチェック!

フォトギャラリー 2018/10/29 18:17

満を持して再登場した「レクサス 新型ES」の魅力を写真でチェック!

レクサス ES300h|ボディカラー:Ice Ecru
レクサス ES350 FSport|ボディカラー:White Nova GFレクサス 新型ESレクサス ES300(日本仕様)|ボディカラー:ホワイト ノヴァレクサス 新型ES画像ギャラリーはこちら

数々の最新システムや世界初のシステムを引っさげ日本に凱旋

レクサス 新型ES

レクサス ESは、トヨタが海外向けブランドとして1989年にレクサスを展開した当初から存在するモデルで、日本では1991年から2006年までの15年間、“トヨタ ウインダム”という名前で販売されていました。

そして2018年10月24日、7代目となるレクサス新型 ESの販売を開始。数々の最新システムや世界初のシステムを引っさげ、日本市場に復帰することになったのです。

>>レクサス 新型ESの画像をもっと見る【全264枚】

新世代レクサスを象徴するパワートレインとサスペンション

LEXUS、新型「ES」を発売LEXUS、新型「ES」を発売

日本に導入されるパワートレインは、システム最高出力160kWを発生する2.5リッター直列4気筒にモーターを組み合わせたハイブリッドのみ。高い静粛性能はもちろん、新型トランスアクスルやPCU(パワーコントロールユニット)を採用し、スムーズで伸びのある自然な加速感が特長です。また、JC08モード燃費23.4km/L(WLTCモード燃費は20.6km/L)という低燃費も同時に実現しています。

そして、世界で初めて採用される「スウィングバルブショックアブソーバー」は、固定弁だけでなく、オイルの中に常時浮いている非着座式のバルブを設け、微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生。低速域から高速域まで、高い走行安定性と優れた乗り心地を両立させています。

スポーティさとエレガントさが同居するエクステリア

レクサス 新型ESレクサス 新型ES

トヨタ 新型カムリと同じ「GA-Kプラットフォーム」でありながら、全長は90mmストレッチされ、全幅は25mm拡大。低重心を活かして低く構えたボンネットや後部まで流れるなめらかなラインが、クーペのように流麗でスッキリとしたプロポーションを実現しています。

さらに、縦フィン形状のスピンドルグリルは、全体的なプロポーションと同様にスッキリとした顔立ちを演出。グリルの低い位置に取り付けられたエンブレムや、適度に張り出したフェンダーによりワイド&ローな印象です。

ドライビングの高揚感を高め乗客にゆとりをもたらすインテリア

レクサス 新型ESレクサス 新型ESレクサス 新型ES

水平基調のインストルメントパネルからドアトリムまで連続するラインによって、空間の広がりを感じるコックピット。程よい包まれ感でドライビングの高揚感を得られるとともに、見た目だけではなく、ペダル配置、ステアリングの傾角や調整幅、シートのホールド性など、細部にまでこだわったドライバーファーストの構成になっていることが特長です。

また、FF(前輪駆動)としたことで、リヤシートの足元は広々としたスペースを確保し、上位グレードである“version L”では電動リクライニング機構が標準で設定されます。

世界初!デジタルアウターミラーを採用

レクサス 新型ESレクサス 新型ES

レクサス 新型ESの注目ポイントは、量産車では世界初となるデジタルアウターミラーを採用していることです。(“version L”にメーカーオプション)

LEXUS、新型「ES」を発売

従来の光学式ミラーではなく、左右に通常はドアミラーがある部分に配した小型カメラが捉えた画像を、左右のフロントピラー内側に設置した5インチディスプレイに表示するというもので、小型化したことで死角を減少させ、雨天時や夜間などの影響を受けにくいというメリットがあります。

また、ウインカー操作やリバース操作と連動してカメラの画角を広角にし、車線変更や駐車時の視野を広げ死角を減らすことが可能になるなど、従来の光学式ミラーでは実現できない特長と言えるでしょう。

基本となる先進の予防安全システムも抜かりなし

レクサス 新型ES

いまでは欠かすことのできない装備である予防安全機構は、「Lexus Safety System +(レクサス セーフティ システム プラス」を採用。

昼間の自転車運転者や夜間の歩行者を検知を可能とした最新のプリクラッシュセーフティーシステムや、レーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシストを組み合わせた「Lexus CoDrive」、片側24個のLEDの点灯・消灯を制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないようにする上下2段式アダプティブハイビームシステムなど、レクサスが誇る先進の予防安全・運転支援システムが備わります。

レクサス 新型ES 主要スペック

レクサス 新型ES300h 主要スペック
グレードversion LF SPORT 
駆動方式2WD(FF)
価格(消費税込)698万円629万円580万円
WLTCモード燃費20.6km/L
市街地モード燃費16.6km/L
郊外モード燃費22.7km/L
高速モード燃費21.4km/L
JC08モード燃費23.4km/L
全長4,975mm
全幅(車幅)1,865mm
全高(車高)1,445mm
ホイールベース2,870mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1730kg1720kg1680kg
エンジン直列4気筒 直噴(D-4S)
排気量2,487cc
エンジン最高出力131kW(178PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク221N・m(22.5kgf・m)/3,600~5,200rpm
駆動用主電池ニッケル水素電池
モーター最高出力88kW(120PS)
モーター最大トルク202N・m(20.6kgf・m)
トランスミッション電気式無段変速機
燃料無鉛レギュラーガソリン

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス ES の関連編集記事

レクサス ESの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス ES の関連編集記事をもっと見る

レクサス ES の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR