MOTAトップ 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 車の維持費にはどのようなものがあるの? 内訳と費用を解説

自動車購入ノウハウ 2019/2/18 15:09

車の維持費にはどのようなものがあるの? 内訳と費用を解説

Text: オートックワン 編集部

車の維持費、その内訳を解説

車を維持するためには、様々な費用がかかる。定期的に払わなければならないものから突然必要になるものまで、種類は様々だ。本記事では、維持費にはどのようなものがあるのかを解説する。

税金

車を所有を所有していると、「自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税)」と「自動車重量税」という2つの税金を納める必要がある。それぞれ解説していこう。

自動車税(軽自動車税)

自動車リサイクル法ってなに?

毎年4月1日時点で車を所有している場合に発生する税金。排気量によって税額が変化し、軽自動車(自家用乗用軽自動車)は最も安く10,800円/年となっている。普通車(自家用乗用車)では、排気量1リッター以下の場合は29,500円/年で、最も高額な排気量6リッター超の場合は111,000円/年に達する。

ちなみに、電気自動車や燃料電池車そもそもエンジンを持たない次世代自動車の場合は、排気量1リッター以下とみなされ29,500円となる。また、登録から13年超(ディーゼルエンジンの場合は11年超)の車は15%~20%増額されるので、注意が必要だ。

自動車重量税

その名の通り、車重に応じて支払う金額が変化する税金。車検を受けるタイミングで支払うことから、次の「車検費用」の中で解説する。

車検費用

車検切れでの走行車は即検挙

維持費の中でも、一度に支払う金額が高いものが車検費用だ。乗用車の場合、車検は新車購入後3年後に1回、その後は2年に1回受ける必要がある。

車検費用は大きく「法定費用」「車検基本費用」「部品交換費用」の3つに分類できる。

法定費用

自動車重量税や自賠責保険から構成される法定費用は、法律で金額が決められている。そのため、どの車検場で受けても費用は変わらない。

車検基本費用

車検費用とは、定期点検費用や測定検査料などから構成されるもの。整備士の人件費も含まれるため、車検場ごとに代金が異なる。

部品交換費用

点検を受けた結果、部品交換の必要があると認められた場合に発生する。もちろん交換しなければ車検には通らない。

車検費用については、下記の記事に詳しくまとめられているので、併せてご覧いただきたい。

>>詳しくはこちら:車検費用の目安はどのくらい? 車検相場や費用の内訳を徹底解説

>>詳しくはこちら:軽自動車の車検費用の目安は? 車検相場や費用の内訳、必要書類などを徹底紹介

燃料代

どうして輸入車は日本のレギュラーガソリンに対応しないの?【教えて!MJブロンディ】

走った分だけかかるのが燃料代だ。新車カタログには「JC08モード燃費」や「WLTCモード燃費」などが記載されているが、実際にこのとおりの燃費性能が発揮されることは少ない。省エネ運転を心がけることである程度近づけることはできるものの、あくまでも参考程度に考えた方が良いだろう。

電気自動車の場合、メーカーによっては毎月一定の費用を支払うことにより、指定の充電器で充電し放題となるプランが用意されていることもある。

任意保険

「車検費用」の中で触れた自賠責保険が強制加入であるのに対して、車両の所有者や使用者などが任意で加入する保険。自賠責保険では補償される対象が運転者と車両所有者(運行供用者)以外の他人のみであることや、支払われる保険金が少額であることから、形式上任意とはいえこちらも必ず加入しておきたい。

運転歴や免許証の色によって保険料が異なってくるほか、同条件であっても保険会社によって金額は様々。加入時には必要な補償内容を見極めた上で、比較・検討する必要がある。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR